発毛・育毛を諦めるという選択肢も

育毛諦める選択肢

薄毛が発覚してから幾星霜、色々と対策や育毛を試みてきたが、どうしても進行が止まらない…そんな時は思い切って薄毛治療や育毛に見切りをつけハゲを受け入れるという選択肢もありますよ。

薄毛が発覚した時は大きなショックを受けるもの。とはいえ薄毛治療を始めた時は「これで髪の毛が生えるかもしれない」という希望に溢れていたのではないでしょうか?

しかし、医療機関を受診しプロペシアやザガーロで治療していても必ず生えるとは限りませんし、もし市販の育毛剤を使っているのであれば発毛などするわけがないので進行する一方のはず。

金銭的負担も大きく改善する見込みもない…しかし治療を止めたら一気に薄毛が進むかもしれず、治療を中断する踏ん切りがつかないという人も多いのでは?

そんな時は諦めるという選択も考えてみて下さい。

発毛剤といえど効果には限界がある

薄毛治療を考えた場合、市販の育毛剤の甘い言葉に騙されない限り、医療機関で処方されるプロペシアやザガーロなどの発毛剤を使用している事でしょう。

プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)は医学的な発毛根拠がある強い効き目の男性型脱毛症(AGA)治療薬。

しかし、いくら発毛剤だからといって100%効果が出るとは限りません。

プロペシアの臨床試験

上記はプロペシアの臨床試験の結果。同薬を使ってもなお進行した人は数%に過ぎないものの、進行も改善もしない現状維持を含めれば30%前後と決して低い数字ではありません。

また、プロペシアなどの発毛剤は最初の1年で発毛効果が現れた人は、その後10年にわたって高い効果が期待できる一方、最初の1年で効果が認められなかった人は、その後使い続けてもほとんど改善は見込めないというデータが出ています。(→発毛剤に耐性がついて効かなくなる?

つまり、発毛剤といえども使い始めてから1年以内に効果がなければ、その後も思うような効き目が出ない可能性が高いのです。

ただ、今現在はプロペシア(フィナステリド)より効果が高いデュタステリドの存在がありますので、フィナテリドが効かない場合はこちらを試してみるという選択肢もありますけどね。

どちらも試してダメだったとしたら…ミノタブがあるのか…

これまで育毛剤を使っていた場合は手遅れも

フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルといった発毛剤であれば、現状これ以上効果が見込めるものはありませんので、効かない場合は「仕方ない」と諦めが付くものの、育毛剤であればどうなのか?

ネット上にはチャップアップやイクオスなどの育毛剤に驚くほどの効果があると謳うサイトが溢れていますが、これらには一切の発毛効果はなく、ハゲてしまった部分から新たな髪が生えることはありません。

しかし、そうとは知らずに髪の毛が生えると勘違いする人間が後を絶たないのが実情。当然髪の毛は生えないので、薄毛はどんどん進行することに。

AGAは進行すればするほど毛根に力がなくなり毛が細く短くなっていき、ある程度進行すれば発毛剤を使ったとしても回復は難しくなってきます。。

薄毛に気付いた時、不幸にも育毛剤という選択をしてしまい、結果AGAが進行してしまったという場合には、スパッと育毛剤の使用を止めハゲを受け入れたほうが良いような気がします。

前述のように育毛剤に発毛効果は一切ありませんから使い続けてもほとんど意味はありませんし、それによってかなり進行してしまっていては、そこから発毛剤で治療しても効果が限られてしまう可能性が高いからです。

デュタステリド+ミノキシジルタブレットという最強の組み合わせを使用すればある程度の改善は期待できるでしょうが、すでにかなり進行してしまっているのであれば諦めるのも一つの選択でしょう。

冷静に費用を考えてみよう

薄毛治療で大きな負担となるのが金銭面です。

主な治療による費用を見てみると…

商品名 内容量 価格
プロペシア処方 28錠 7,000円
ザガーロ処方 30錠 10,000円
リアップX5プラス 60ml 7,600円
育毛剤 50~150ml 5,000~15,000円
個人輸入フィナステリド 100錠 3,000円
個人輸入デュタステリド 100錠 5,000円
ミノキシジルタブレット 100錠 3,000円

個人輸入を用いれば圧倒的に安い海外製の発毛剤が手に入るものの、信頼性などを懸念する人も多いため、ここでは日本の発毛剤や育毛剤で話を勧めます。

日本でプロペシア(フィナステリド)の処方を受けると28日分で約7,000円、1年分では約9万円かかることになります。

ザガーロ(デュタステリド)やネットなどで購入できる育毛剤であれば年間10万円以上かかることになり、よほどお金に余裕がある人でない限り確実に負担になります。

それでしっかりと髪の毛が生えてきたのであればまだしも、いまいち効果を実感できないという場合は、スッパリと止めてしまうというのもひとつの方法です。

髪の毛にこだわって薄毛治療に大金を使うより、オシャレな帽子や服、ハゲにも似合う髪形などにお金を使った方が有意義という見方もできます。

医療機関で処方される発毛剤であればまだしも、市販の育毛剤は効かないくせにハゲの足元を見てクソ高い価格設定となっています。こんなもんにお金を使うのはドブに捨てるようなものなので、スッパリと止めてしまいましょう。

現在置かれている状況も考慮しよう

もしあなたがすでに結婚していて、なおかつ育毛剤や発毛剤の効果に限界を感じているのであれば、とっとと止めてしまえ。

そんなものにお金を使うくらいなら、相手や子供に使った方が100万倍有意義ですし、相手としても女々しく髪の毛にしがみついている姿など見たくないはず。

どうしても若い子と浮気したいのであればまだしも、今の生活に満足しているなら、この歳薄毛治療をスッパリと止めてしまってはいかがでしょうか。旦那がハゲたからといって嫌いになるような奥さんってほとんどいませんよ。

独身の場合でも止め時はある

では独身場合はどうなのか?

まだまだ恋愛を楽しみたい20代や30代であれば薄毛治療を諦めるわけにはいかない場合も多々あるでしょう。女性も若ければ若いほどハゲに抵抗感を示す傾向があるので尚更。

しかし、30代後半~40代になると、女性も外見より中身を重視するようになってくるので、このくらいに年齢であれば育毛剤や発毛剤の使用を止めてしまっても良いと考えます。

むしろ髪の毛の幻想にとりつかれているほうが嫌われるのではないでしょうか。女性って卑屈な男性を嫌いますしね。

また、ちょっと悲しいデータを持ち出し残酷なことを書くと、30代後半になっても独身でいる男性の大半はその後も結婚できる可能性が低いことが示されています。

30代後半にもなると恋愛や出会い、結婚への意欲も失われがちになるので、「結婚は別にいいかな」と感じるのであれば、無理に薄毛治療を行う必要もないかと。

もちろん、結婚や恋愛は別として男性としての魅力を少しでも維持したいというのであれば治療を続けるのもありですが、仮に長年の対策を行ってきたにもかかわらず目に見えた効果が出ていないのであれば、状況を大きく変えてみる選択肢を持ってもいいのではないでしょうか。

発毛や薄毛治療を諦めた場合のメリット

どんなに効果の高い発毛剤を使っても必ず髪の毛が生えるわけではなく、期待が大きいだけに効き目がなかなか現れないのは強い心理的負担になります。もちろん金銭的な負担にも。

薄毛は男性にとって非常に悲しい事実ではあるものの、考えようによっては「ただ髪の毛が薄いだけ」。恋愛においてはマイナスになる可能性があるものの体は至って健康。病気に比べれは100倍ましです。

最後に、発毛や育毛、薄毛治療を諦めたハゲを受け入れた場合のメリットを書いておきましょう。

  • ■薄毛になっていくストレスが無くなる
  • ■周囲の目を過度に恐れる必要がなくなる
  • ■コンプレックスによる卑屈さがなくなり人間的な魅力アップ
  • ■副作用からの解放
  • ■薄毛治療や対策に使っていた時間が浮く
  • ■金銭的負担の解消

確かに髪の毛はあるに越したことはないでしょう。

しかし、ハゲかそうでないかの違いは髪の毛の有無のみであり、人間性や行動範囲には何ら影響を与えません。

恋愛面においても、ある程度の年齢になれば同年代の女性はハゲを受け入れる傾向になります。むしろ必死に髪の毛にしがみつきコンプレックス全開の男性の方が嫌われる傾向にあるほど。

色々と負担も大きいですし、30代半ば~後半くらいを目安に薄毛を受け入れるという選択肢も持っておくと気分が楽になるのではないでしょうか。「いつでも止めていいんだよ」…と。

ただし、30代前半までは髪の毛の有無で人生が大きく変わる可能性がありますので、そこは全力で対策・治療に取り組みたいところ。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧