髪が生えると唯一認められた発毛剤

発毛剤と育毛剤には越えられない壁がある

発毛剤と育毛剤は同じようなものと思っている人も多いと思われますが、この2つには大きな違いがあります。

「発毛」というのは毛が抜け落ちてしまったところから新たな髪が生える効果のあることを示しており、日本において医薬品として「発毛剤」を名乗ってよい成分は「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」の3つのみ。

一方の「育毛」は新たな毛が生える根拠はなく、今ある髪の毛の成長を促す効果であれば期待できるというもの。

つまり育毛剤というのは「今ある髪の成長を促す可能性はあるが新たな毛が生えるかどうかは分からない」という性質のもので、一方の発毛剤は新たな毛が生える効果に加え、当然ながら育毛剤以上の育毛効果もあることになります。

発毛剤が別格である根拠

発毛・育毛について日本皮膚科学会は成分の効果についてガイドラインを策定しています。

発毛・育毛のガイドライン

この中で男性型脱毛症(AGA)において「強く使用を勧められる」とされている成分はフィナステリドとミノキシジルのみで、検証の数は少ないながら育毛剤に配合される成分はすべて「行ってもよいが根拠がない」もしくは「根拠がなく勧められない」とされています。

それはフィナステリドやミノキシジルが世界中で使用されてきた豊富な実績によって効果が裏付けられている一方、育毛剤の成分はデータに乏しく、有用なデータも存在するものの数が少ないため「効くかどうか分からない」という側面が大きいからです。

日本で人気の育毛剤であるチャップアップやイクオス、ブブカに配合されているミツイシコンブ由来の「M-034」などその典型で、「ミノキシジルと同等の“育毛効果”」と謳っていたって、それは自社お抱えの研究施設でのデータであり根拠は無いに等しく、しかも「育毛効果」であって「発毛効果」ではないという言葉のマジックも。

世界中での長年の使用、豊富な実績によって裏打ちされた発毛の根拠はフィナステリドとミノキシジルのみにしか見当たらない…というのが実情なのです。

ちなみにこのガイドラインは2010年策定のため2015年に発毛剤として認可されたデュタステリドは入っていませんが、デュタステリドはフィナステリドの効果をさらに強くした薬であるため高い効果を示すのは間違いありません。

【追記】診療ガイドラインが刷新されました

これまでの男性型脱毛症診療ガイドラインは2010年版と古いものでしたが、2017年12月になって新たに「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」として生まれ変わっております。

発毛・育毛のガイドライン2017年版

…あんまり変わってないけどな。

ただ、2010年版にはなかったデュタステリドが追加されたのはトピックスか。

評価的にはフィナステリドやミノキシジルと同様のA評価で、女性に対しては最低のD評価なのはフィナステリド同様。この段階において3つの発毛成分以外に髪が生えるとはっきり認められたものはないことが分かります。

あえていうなら男性に対してアデノシンが評価を上げたことくらいか。

■強く推奨される成分はフィナステリドとデュタステリド、ミノキシジル
■育毛剤の成分はすべて根拠に乏しい
■男性に対してのアデノシンは評価が上昇した

根拠に乏しい育毛剤の成分

発毛剤には髪の毛を生やすだけに根拠がしっかりあるのに対し、育毛剤に含まれる成分はどれも発毛への根拠に乏しく、AGAクリニックや皮膚科などプロの医師であればまず採用しません。

にもかかわらずチャップアップやイクオスなどの育毛剤がこれだけ幅を利かせているのはひとえに「アフィリエイト報酬が高いから」にほかなりません。

高い報酬目的でのアフィリエイターによる絶賛記事がネット上に溢れていても、実際に効果は発毛剤の足元にも及びません。

またアフィリエイターに高い報酬を支払っているということは、その広告費の多くが商品価格に転嫁されていると見るべきで、あの馬鹿みたいに高価な価格設定の多くは宣伝費が占めていると見て良いのでしょう。

本気で髪の毛を生やしたい人は育毛剤の提灯記事に騙されず、しっかりとした選択をするようにして下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧