女性の薄毛原因も遺伝なの?

近年は女性が積極的に社会進出し、それに伴い女性の薄毛が非常に増えています。

男性の薄毛であれば原因の多くは遺伝や体質にあるため、治療は一筋縄ではいかないものの「すべきこと」は単純明快である場合が多いのに対し、女性の薄毛は様々な要因が絡むため特定が難しいというのが実情です。

男性のように遺伝によるものである場合も考えられるものの、後述しますが女性の薄毛は劣性遺伝であるため遺伝による薄毛の可能性は低くなります。

かといって「遺伝ではない」と言い切れるわけでもなく、その辺を少し詳しく見ていきましょう。

女性の薄毛は劣性遺伝

男性の場合「男性の薄毛原因のほとんどは遺伝」でも書いたように顕性遺伝(優性遺伝)によって後世に薄毛が伝わるため、男性のハゲのほとんどは遺伝やそれに伴う体質によるものです。

一方の女性の薄毛は劣性遺伝で伝わるため頻度はそれほど多くありません。

女性の薄毛は劣性遺伝

劣性遺伝での薄毛は両親が共に薄毛の遺伝子(染色体)を持っていて、かつそれを両方受け継いだ場合に限り、単純計算では両親が遺伝を保有している場合で25%、片親だけの場合は0%となります。

そのため女性の薄毛が遺伝である可能性は低く、また遺伝で伝わるものは男性ホルモンであるテストステロンを薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」にしてしまう5αリダクターゼの分泌量なので、もともと男性ホルモンが少ない女性というのは仮に遺伝しても影響は軽微なのです。

■女性は薄毛は劣性遺伝で伝わるため確率的には低い
■仮に遺伝してもテストステロンの少ない女性への影響は大きくない

女性の薄毛は遺伝以外の可能性を探るべき

このように女性が薄毛を受け継ぐ可能性は低く、また仮に遺伝しても男性の10分の1程度のテストステロンしか持たない女性は大きな影響を受けません。

それは男性の薄毛が頭頂部や生え際など部分的に強く表れるのに対し、女性が全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」であることからも見て取れると思います。

女性は髪の毛の成長に女性ホルモン「エストロゲン」が大きく影響しているため、仮に薄毛になってしまった場合は遺伝よりエストロゲンの分泌が落ちてしまった原因を探るのが薄毛改善への近道といえます。

女性ホルモンの分泌は食生活や生活習慣などが大きく絡むため特定は若干難しいものの、改善する方法もまた多く用意されており男性のハゲに比べれば治療しやすいので安心してください。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧