育毛剤のほとんどはぼったくり価格

育毛剤はほとんどぼったくり価格

薄毛が気になりだした時、その対策として考えるのは発毛剤や育毛剤です。

そうやって発毛剤や育毛剤を調べてみると、効果が実証されている発毛剤はまだしも、効果に根拠がなく聞いたこともないような謎メーカーが作った育毛剤が驚くべき価格で販売されているのを目にすると思います。

日本の正規品の発毛剤であれば1ヶ月6,000~10,000円ですが、個人輸入で発毛剤を買えば1ヶ月分1,000円程度に収まるのに対し、多くの育毛剤の価格は単品価格で10,000円前後がザラ。

なんで胡散臭い育毛剤の価格はこんなにも高いのか?

育毛剤の広告費が凄まじい

男性用の育毛剤の価格は非常に高価で、単品で購入すれば安くても7,000円以上、キャピキシル配合で高いものになると15,000円くらいするものまであります。

育毛剤に限らず化粧品分野は原価自体は非常に安いものの、新製品には研究開発費がかさむため価格が高くなるのが一般的。

しかし育毛剤に限ってはアフィリエイターに払う報酬が高額というのが大きな要因のひとつになっていると思われます。

というのも、育毛剤は毎月送られてくる定期コースだと割安になるのが一般的ですが、例えば育毛サイト経由で定期コース初回5,000円の育毛剤を購入してもらうと、そのサイト運営者に対し報酬も同額の5,000円程度支払われるのケースが非常に多いからです。

また、多くのサイトに貼り付けられており当サイトでも利用している「Google AdSense」にも積極的に出稿しているため、そちらのほうでもかなりの広告費がかかっているでしょう。

■育毛剤がやたらと高いのは広告費が膨大にかかっているため
■特にアフィリエイターに払われる報酬は高額

育毛剤は研究開発費が膨大にかかっているのか

広告費に多額を費やしているのは育毛剤に限ったことではありませんし、やはり新しい商品というのは開発費が大きいため価格を上げざるを得ないという事情も理解できます。

ただ、育毛剤ってそもそもそんなに開発費がかかっているのでしょうか?

大手の製薬会社や化粧品メーカーであれば自社の研究室で1から成分を研究開発したりといったことを行うので費用も多額になるのは確かです。

しかしネット上に溢れている育毛剤は聞いたこともない中小企業やベンチャー企業が非常に多く、1から開発できるはずもありません。

その良い例が天真堂の「ソヴール08」で、これは天真堂という企業がOEMとして他社ブランドで販売するための育毛剤であり、かつてはブブカ、チャップアップ、イクオス、マイナチュレという今では大人気の育毛剤がそのまま使用しており、現在もヴェフラがそのまま販売しています。

ブブカ・チャップアップ・イクオス・マイナチュレはその後ソヴール08をベースに独自の成分を追加し自社ブランドにしていますが、基本はあくまでソヴール08なので研究開発費はそれほど多くないと推測されます。

このように育毛剤を販売する会社はそもそもの経営規模が小さいため育毛剤の製造をノウハウのある他社に委託している場合が非常に多く、やっていることといえば「この成分をこれだけ…」というように指定している程度でしょう。

興味深いのはブブカ、チャップアップ、イクオス、マイナチュレ、ヴェフラが前述のソヴール08を使っていた時の価格設定で…

商品名 内容量 単品価格 定期価格
ブブカ 120ml 12,600円(税込) 11,340円(税込)
チャップアップ 120ml 7,400円(税込) 9,090円(税込)
イクオス 120ml 9,350円(税込) 6,800円(税込)
マイナチュレ 120ml 5,502円(税込) 4,813円(税込)
ヴェフラ 120ml 7,538円(税込) 4,212円(税込)
(2016年11月現在)    

ブブカ、チャップアップ、イクオスの定期コースに関してはサプリメントも付属するため単純比較はできませんが、当時全く同じ育毛剤を使っていたわりにかなりの差があります

ちなみにアフィリエイターの支払われる報酬を見てみると…

  • ■ブブカ … 購入代金の20%
  • ■チャップアップ … 5,000円
  • ■イクオス … 5,000円
  • ■マイナチュレ … 3,700円
  • ■ヴェフラ … 4,000円(現在はアフィリエイトをおこなっていない)

…となっています。

育毛剤が高価なのは広告費とぼったくり

このように、小さい企業が販売している育毛剤はそれほど開発費にはお金がかかっておらず、広告費が多くを占めています。

また「高いほうが効果が高そう」という消費者心理やハゲている人の足元を見ている価格設定といえ、同じソヴール08を使っていてもマイナチュレやヴェフラは価格に敏感な女性用ということもあって値段を抑えているのでしょう。

一方の男性用はいかにも足元を見ている感が満載で、よく言えば「商売上手」、悪く言えば「ぼったくり」となるでしょうか。

まあ、大した効果のない育毛剤をアフィリエイターを使って提灯記事を書かせ、それに騙されたハゲを食い物にしていると考えれば限りなく「ぼったくり」に近いですけどね。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧