発毛のプロが語る育毛業界の実情

発毛のプロが語る育毛業界の裏側

このサイトで育毛剤を徹底的に叩いている私ですが、これを見てこう感じる人もいるのではないでしょうか?

  • 「育毛剤が全然効かないなんて根拠はないだろう」
  • 「素人が何言ってんだ!」
  • 「いやいや、育毛剤効いてるし」

どこまで素人でどこからがプロなのかという線引きはあいまいながら私自身ネットでそれなりに大規模な育毛サイトを運営し、それなりの知識があることから少なくとも素人ではないという自負はあります。

ただ肩書がないのも事実。

そこで、2015年「週プレNEWS」に掲載された発毛のプロへのインタビューを取り上げてみたいと思います。

育毛剤では毛は生えない現実

ここで取り上げる記事は2015年4月29日、週プレNEWSに掲載されたもので、「育毛シャンプーや育毛剤で髪は生えない! プロが明かす“育毛業界の実情”」という記事の引用になります。

さすがにすべてを転載するわけにはいかないので本文は上のリンク先で読んでもらうとして、いくつか注目すべき点をピックアップしてみましょう。

■育毛剤の広告費やアフィリエイトに巨額を使用


巷に氾濫する育毛商品は玉石混交で、効果が疑わしい商品が多く見受けられます。それなのに巨額の広告費をかけてさも効果があるように錯覚させている。

私の当サイトで散々書いているようにネット専売育毛剤のアフィリエイトにかけるお金は凄まじく、とにかく高い報酬を設定しアフィリエイターにいかにも効きそうな記事を書いてもらうことに注力してます。

それは下記の文言からも読み取れるでしょう。

要注意なのがアフィリエイトサイト「生える育毛剤ランキング」などよく見かけますが、個人の意見なら薬事法にも引っかかりません。報酬を高くすればアフィリエイターさんが高い順位でプッシュしてくれ、読む人はそれを信じて買ってしまうというワケです。しかも驚くことに、アフィリエイターさんへの報酬は、例えば育毛剤が1万円だとしたら200%なんです。

「1本売って報酬2万円はさすがに盛り過ぎだろう」と感じる人もいるかもしれませんが、一部の育毛剤はある程度力のあるサイトに対し「特別単価(特単)」という形で2万円程度支払うことがあるのです。

それは極端な例としても、5,000円の育毛剤に報酬5,000円というような同額の報酬を設定しているものが散見されるのは事実で、初回の割引を大きくしているようなものであれば、初回1,000円に対してアフィリエイト報酬は5,000円といったことはままあります。

■育毛剤は広告費ばかりで開発にお金をかけてないものも多い


なぜメーカーが損をしてまでお金を払うかというと、顧客リストが手に入るから。メールアドレスを2万円で購入して、いろんな商品を定期販売して洗脳していく。これがアフィリエイト業界のやり方です。つまり、広告費にばかりお金をかけて、肝心の原材料費や研究費にはほとんどお金をかけられないんです。

これは元々天真堂のソヴール08を使っていたイクオスブブカチャップアップや、それぞれ「M字に使える!」「頭頂部専用」と謳いながら実はまったく同じOEM用の汎用商品を使っている薬用プランテルMSTT1に代表されます。

公式サイトにはいかにも自社で長年研究し「この成分に行きつきました」的なことを書いていますが、実際はOEM用の化粧品などを開発・販売する会社から汎用育毛剤を自社ブランドとして売っているだけで成分は極めて凡庸、開発費もほとんどかかっていないというのが実情なのです。

イクオス、ブブカ、チャップアップの3つは今現在成分をプラスしてソヴール08を卒業し自社製としていますが、ベースは同じであることに違いはなく成分表を見てもソヴール08にそれっぽい成分を追加しました感がハンパない。

■育毛剤で髪は生えない


ほとんどの育毛剤では髪は生えません。「発毛率90%」「必ず生える!」など謳っている商品があれば、それは薬事法でアウトです。例えば、世界で唯一発毛することが証明されている成分「ミノキシジル」でさえ、そこまで高い発毛率はありません。

もし、生えたといっても産毛程度でしょう。でも実は産毛はおじいちゃんでも、ツルツルに見える人でも生えています。肝心なのは、それが黒く太く育つかどうか。そうなる前に産毛のまま抜けてしまい、その繰り返しでどんどん薄くなる。そうして何年もかけて薄くなっていくのに“半年で生えた”なんて実際にはないでしょう。

育毛剤はM-034キャピキシルピディオキシジルなどやたらとミノキシジルと比べ、「ミノキシジルより効果がある」と錯覚させることに躍起ですが、私たちハゲにとってもっとも重要な発毛効果を比べているわけではないうえに、人間への臨床試験ではなく培養細胞を用いたものなども多く信用できない。

一般に出回っている育毛商品だけでは髪は生えないというのが大前提です。医薬品を使用して初めて効果を実感したという人も多いでしょう。

プロの目から見れば育毛剤で髪が生えないのは常識。プロペシアやザガーロに代表されるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを使ってはじめて効果が出たという人が多くなっています。

育毛関連サイトを運営しているため商品を紹介するため様々な育毛剤を試してきましたが、それで髪が生えた実感はなく、また効かないことが分かっているためフィンペシアやミノタブは基本欠かさないよう心がけています。

育毛剤なんてそんな程度のものなのです。

育毛業界の裏側が語られることは少ない

今回紹介した記事では発毛のプロが育毛業界の裏側を語っていますが、この記事は自身の著書のアピールという意味合いもありレアケースともいえます。

前述のように育毛剤は広告に多額の費用を使っているためアフィリエイト報酬はとても高く、それだけに多くのアフィリエイターによる絶賛記事がネット上に溢れていますし、広告業界としても良いお客さんであるためあまり叩きたがりません。

一方で本当に効果があり世界中で認められている発毛剤が叩かれるのはひとえにアフィリエイト報酬が低いからで、皆さんは絶対に騙されないようにして下さい。

効果のない育毛剤に高い金払ってハゲるか、効果があって安い発毛剤を使って髪を生やすか…もはや迷うような問題ではありません。

当サイトの信憑性を高めるためにも、プロや専門家によって育毛剤の真実が書かれたものを見つけた場合は紹介していきたいと思います。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧