アボダートはザガーロと同じ正規品で安価

アボダートは正規品

2015年に日本でデュタステリドが発毛剤として正式認可され2016年にはザガーロが発売されましたが1ヶ月10,000円弱とあって負担は馬鹿にならず、価格面で不満を抱いている人にぜひ使って欲しいのがアボダートです。

個人輸入を用いればデュタスデュプロストなど安価なジェネリックが手に入るものの、デュタステリドは特許が切れていないため厳密にはこれらは国際特許に甘いインドなどの国々が勝手に作っている“海賊版”とも言える存在。

デュプロストを作っているシプラ社はフィンペシアでも実績がある世界に生産拠点を持つ大手製薬メーカーながら、特許が切れていないデュタステリド製剤を勝手に作っているのも事実で、そこに一抹の不安を抱いている人も多いのではないでしょうか。

そういった方に知ってほしいのが今回取り上げるアボダート。これは個人輸入で購入すれば日本のザガーロの3分の1程度の価格で買えるデュタステリド内服薬ですが、特筆すべきはザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社の薬だという事。

つまり正規品でありながらザガーロより遥かに安価に購入できることになるわけですが、なぜこんなことが起きるのか?

その辺の事情も含めアボダートの魅力を解明してきたいと思います。

アボダートって何?

なぜ正規品であるアボダートが安価に購入できるのか?そこにはデュタステリドの生い立ちが大きく関係しています。

デュタステリドはプロペシアの成分フィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬として開発された薬です。

その効果は前立腺肥大症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるためテストステロンと結びついてDHTを作り出す5αリダクターゼという名の酵素の働きを阻害するというもの。

ご存知の方も多いと思いますがこのDHTは男性型脱毛症(AGA)を引き起こす男性ホルモンでもあり、プロペシアの成分フィナステリド同様、後に発毛剤として転用された経緯があります。

それが日本でいう「ザガーロ」なのですが、このデュタステリドは発毛剤として認可されたのが2015年というだけで、前立腺肥大症の治療薬としてはもっと前からアボダート(日本名:アボルブ)として使われていました。

そう、アボダートはAGA治療薬ではなく前立腺肥大症の治療薬として使われているもので、製造メーカーは当然ザガーロと同じく特許を持つグラクソ・スミスクライン社です。

前立腺肥大症とAGAでは成分が異なるんじゃ…」と心配になる人もいると思いますが、どちらもデュタステリド0.5mgを含有するまったく同じ薬で、ただ単に名前とカプセルの色、表面に刻まれる文字、そして用途が違うだけ。

アボダート(アボルブ)とザガーロの違い

とはいえ日本においても薬価には違いがあり、アボルブ0.5mg(国外名アボダート)の薬価が1錠210円と定められているのに対しザガーロは規定がなく、プロペシア同様クリニックごとに価格がまちまち。

平均的に30錠9,000円前後で処方されているため薬価は1錠300円前後が実売価格。日本においてもアボルブとの差が開いているため良心的なクリニックでは患者の負担を考慮しアボルブを処方する場合もあるほど。

海外のアボダートは日本ほど高くないため、日本のザガーロとは価格差がさらに広がるのです。

アボダートの副作用は?

個人輸入で購入できるデュタステリド内服薬のジェネリックは成分こそ一緒であるものの臨床試験など行っていないため副作用のデータは日本のザガーロのものを紹介していますが、アボダート(アボルブ)の場合日本でちゃんと臨床試験が行われています。

アボルブの副作用

フィナステリド同様デュタステリドの代表的な副作用はリビドー(性欲)減退(1.7%)や勃起障害(3.2%)で全体の頻度は10.9%となっています。

一方、名前やパッケージが違うだけでまったく同じ薬であるザガーロは…

ザガーロの副作用

こちらのほうが副作用の頻度が高くなっていることが分かります。

「何故同じ薬で?」という疑問が生じますが、プラセボ(偽薬)群を見てもらうと分かるように、成分の入っていない偽薬を飲んだ人の内15%もの人に副作用が現れています。

これはフィナステリドと同じく強い作用がある薬を飲むという思い込みから出てくるプラシーボ効果と思われ、実際にザガーロを飲んだ人たちの多くにもプラシーボ効果による副作用が出ていると推測できます。

プラセボ群に精神状態が出やすい胃腸障害や精神障害が多いのはそのせいかと。

フィナステリドに比べ1.5倍ほどの効果がある強い薬ですから多少の副作用リスクがあるのは仕方がありません。概ね5~10%ほどの人に副作用が出る可能性がありますから、リスクと効果を天秤にかけ適切な判断をするようにして下さい。

アボダートの価格は?

最後にアボダートの価格を見てみます。

ここではアボダートに加え安価なインド製のジェネリック、そして日本でザガーロを処方してもらった場合の価格も併記しますので参考にして下さい。

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
アボダート 30錠 3,364円 112円
デュタス 300錠 13,611円 45円
デュプロスト 100錠 5,604円 56円
ザガーロ 30錠 9,000~10,000円 300~333円
(2017年4月現在)  

アボダートは価格面ではインド製のジェネリックに比べ倍以上になってしまうものの、日本のザガーロに比べれば3分の1程度の価格で購入することができます。

負担の軽減を最優先に考えるならデュタスやデュプロストが良いのは間違いないものの、グラクソ・スミスクライン社による“本物”にこだわりつつできるだけ安価に済ませたいならアボダートしか選択肢はありません。

上でも少し書いたように日本でのアボルブの薬価は1錠210円と海外性のアボダートの倍ほどの値段で、仮に健康保険を使えれば30錠2,000円ほどで購入できることになりますが、前立腺肥大症でもない限り保険適用は不可能。しかも診察・処方代は別途です。

AGAクリニックでもアボルブを処方してるところはありますが、30錠で8,000~9,000円くらいが相場なので、海外製のアボダートがいかに安いかが見て取れると思います。

アボダートの総評・まとめ

デュタステリド内服薬は個人輸入で海外製のジェネリックを購入すれば1ヶ月1,500円程度で収まるものもありますが、特許を無視したインドなどのジェネリックに不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

だからといってザガーロは高い…

ならばその間を取って…という言い方は変ですが、ザガーロやアボルブを作るグラクソ・スミスクライン社が海外で製造している正規品のアボダートという選択肢は価格と信頼性でバランスの取れた選択だと思います。

特に初めてデュタステリドを使うという人は効果や副作用に不安もあると思いますので、アボダートを使うことでデュタステリドに対する正しい評価が下せるのではないでしょうか。

まずはアボダートを3~6ヶ月試してみてデュタステリドの効果や副作用を見極め、それでも長期で使ってみたいと思えばデュタスデュプロストといった安価なものに切り替えるという選択もできます。

ザガーロの価格はアレだがジェネリックの信頼性もアレだ…という人、ぜひ一度アボダートを使ってみて下さい。

アボダート0.5mgの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧