フィンカー フィナ5mgを4分割で安価に

前立腺肥大症の治療を目的とするフィンカー

フィンカー4分割のコスパ

フィナステリドを用いた発毛剤といえばプロペシアフィンペシアに代表される1mgのものになりますが、フィナステリド製剤には「プロスカー」という5mgの錠剤も存在し、そのジェネリックになるのがここで紹介する「フィンカー」です。

フィンカーはプロスカー同様フィナステリドの含有量は5mgで発毛剤としての上限である1mgを大きく上回っていることから、フィナステリドが開発されるに至った本来の目的である前立腺肥大症の治療薬であることが分かります。

そんなフィンカーですが、これを発毛剤として愛用する人も多くいます。

発毛剤としての使用であればフィナステリド5mgというのは完全なる過剰摂取となってしまいますが、それを4分割することで高いコストパフォーマンスを発揮する薬に変化するのです。

しかしそこにはいくつかの注意点も。

フィンカーに配合されるフィナステリドって何?

フィンカーの主成分であるフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬としてアメリカのメルク社が開発した成分で、5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害することによって前立腺を肥大させる原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。

このDHTは男性方脱毛症(AGA)の原因でもあることから前立腺肥大症治療に際しフィナステリドを服用した患者の多くに発毛が見られたため発毛剤としても使用されるように。

ただ、発毛剤としてのフィナステリド内服薬は1日の上限量を1mgとしており、フィンカーやプロスカーのようにフィナステリドの含有量が5mgのものは完全に前立腺肥大症の治療を目的とした薬となります。

ただ、薄毛の治療薬としてのものも前立腺肥大症の治療薬としてのものもフィナステリド以外の成分は入っていないので、「〇〇用」というのは便宜上に過ぎず、1mgであればどちらを使っても問題ありません。

フィンカーは4分割して使うべし

薄毛の治療薬としてのフィナステリド内服薬は1日1mgが上限量となっているのに対しフィンカーは5mgであるため、このまま飲むと明らかにオーバードース(OD・過剰摂取)であり副作用のリスクも高くなってしまいます。

そもそも発毛剤としてのフィナステリドは0.2mgと1mgですら効果に大きな差はないというデータもあって、仮に5倍の5mgを飲んだとしても目に見えた差は見いだせず副作用ばかりが目立つ結果になるでしょう。

フィナステリド0.2mgと1mgの差

フィンカーを使う最大のメリットはコストパフォーマンスにあり、例えばプロペシアジェネリックで最も人気のあるフィンペシアと価格を比べてみると…

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
フィンカー 100錠 4,085円 41円
フィンペシア 100錠 2,959円 30円
(2016年11月現在)    

これを見るとフィンカーのほうが若干高くなりますが、この薬を使う人のほとんどはピルカッターなどを使って4分割し、1日1かけら(1.25mg)を服用しています。

こうすることで現在1錠あたり41円という単価は10円ほどになるので1ヶ月300円程度で使え、プロペシアに比べ圧倒的に安いフィンペシアのさらに3分の1くらいで使用できることになります。

これこそがフィンカーを使うことの最大のメリットであり、この方法を用いれば実質でもっとも安く使えるフィナステリド内服薬ということになるのです。

フィンカーの副作用は?

フィンカーは男性ホルモンであるDHTの生成を抑えることによって薄毛を治療しますが、それによってプロペシアやフィンペシア同様性欲減退や勃起障害といった副作用が出る可能性があります。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

上記はプロペシア1mgのデータですが、もっとも発現率が高い副作用は性欲(リビドー)減退で1~2%くらい、次いで勃起障害が1%程度となっています。

フィンカーを4分割し服用するなら1かけら1.25mgとなり、副作用もほぼプロペシア同レベル程度に収まりますが、もし1錠まるまる飲むようなことになると副作用のリスクも上がることが予想されます

上でも触れたようにフィナステリドは量を増やしても劇的な効果の向上は見込めませんので、5mgをそのまま飲むようなことは絶対に避けて下さい。

■フィンカーを4分割すれば1かけら1.25mgで副作用は1mgとほぼ変わらない
■1錠5mgをそのまま飲んでも効果はそれほど増えず副作用ばかり増える恐れ

フィンカーの総評・まとめ

プロペシアの安価なジェネリックといえばフィンペシアが非常に有名ですが、フィンカーを4分割して使えば1箱4,000円程度で1年以上持つことになり、圧倒的な安さを実現します。

ただ、ピルカッターなどを用いて4分割しなければならない手間、必ずしも綺麗に割れるとは限らず大きさに多少のムラができてしまう点などのデメリットもあり、必ずしも万人におすすめできるわけではありません。

また、ピルカッターで分割すると細かい粒子が舞う可能性が考えられますので、奥様が妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある場合、使用はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

ただ年単位で使用する必要がある発毛剤ですから1ヶ月300円は魅力的ですよね~。

フィンカーの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧