フィンペシア 安価で大人気のジェネリック

非常に安いフィナステリド内服薬

大人気のフィンペシア

プロペシアは世界中で使われる発毛剤で、日本のAGAクリニックや皮膚科でも男性型脱毛症(AGA)の第一選択薬として非常に人気がありますが、価格が高いのがネックになっています。

そんななか人気なのが個人輸入代行を介して購入する「フィンペシア」で、日本の医療機関で処方してもらえば28錠(28日分)で7,000円ほどかかるプロペシアに対しフィンペシアは100錠で3,000円ほどと圧倒的に安くなっています。

プロペシア同様フィナステリドが1mg配合されているため薄毛に対する効果も同じ…とさているフィンペシア。その詳細に迫ってみたいと思います。

フィンペシアに配合されるフィナステリドとは

プロペシアやフィンペシアの主成分「フィナステリド」はもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生み出す5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害する効果があります。

前立腺肥大症の治療薬として投与する中で発毛する患者が相次ぎ、前立腺肥大の原因であるDHTは同時に男性型脱毛症(AGA)の原因でもあることが判明、発毛剤として転用されたという経緯があります。

1997年のプロペシア発売以来現在まで世界70か国以上で承認・使用されており、発毛剤としてミノキシジルと並び圧倒的な実績を誇っています。

プロペシア発売から20年経った今でもフィナステリド内服薬は一線級の発毛剤であり、日本においても薄毛に悩む多くの男性に愛されています。

フィンペシアの効果

上記はプロペシアのものですが、フィナステリドは長期間服用することによって薄毛の進行を食い止める、もしくは改善が見込め、1年の使用でおよそ6割が改善し、3年の使用では7~8割が改善しています。

その効果は頭頂部はもちろん日本のAGAにおいてもっとも多い前頭部(M字)の薄毛にも高い効果を示していることが見て取れます。

フィンペシアとは

フィンペシアはインドにある大手製薬会社「Cipla(シプラ)社」が製造するジェネリック医薬品で、主成分はプロペシア同様フィナステリド1mgとなっています。

ただ「ジェネリック」というのは便宜上の表現で、プロペシアにはまだ特許の期間が残っているため当然ながらフィンペシアは正式なジェネリックではなく、分かりやすく言うと「シプラ社が勝手に作ったプロペシアのコピー」という表現が当てはまるでしょうか。

というのもインドは国際的な特許条約に加盟しておらず、様々な薬のジェネリック医薬品…というかコピー薬を製造しており、フィンペシアもその中に含まれるのです。

ただ、だからといってシプラ社が“悪”というわけではなく、本来高価な薬を安価に提供するシプラ社は発展途上国において非常に重要な役割を担っていると言っても過言ではないでしょう。

それを物語るようにシプラ社は世界でも有数の製薬会社で薬の信頼性も非常に高いものになっており、中国の粗悪コピーのような心配は無用です。

フィンペシアに副作用は?

フィンペシアは発毛効果がまったくない育毛剤と違い、抜け落ちてしまった部位から髪が生えることが期待できるほど効果の大きい薬なので、副作用がまったくないということはありません。

フィナステリドはDHTの生成を抑えることによって薄毛を改善しますが、DHTは性欲や生殖器の成長に関与する男性ホルモンなので、副作用もそれに関連したものになります。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

副作用がどの程度の頻度で発現するかはデータによって若干のばらつきがあるものの、もっとも多いリビドー(性欲)減退で1~3%、次いで多い勃起障害が同じく1~2%くらいとなっており、副作用のほとんどをこの2つが占めています。

副作用がもっとも起きやすい時期は飲みはじめ初期~1年の間で、2年目以降は初年の4%に対し1.1%まで下がるというデータが示されています。

これを高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれですが、高い効果を示す薬には必ず副作用があるのは常識で、副作用が嫌なら市販の育毛剤という選択肢になってくるかと思います。

しかし市販の育毛剤には副作用がない代わりに発毛効果もまったくありませんので、アフィリエイト報酬を目的としたサイトやブログの甘い言葉に騙されないようにして下さい。

■フィンペシアの副作用は性欲減退と勃起障害でどちらも発現率は1~3%ほど
■薄毛を本気で治したいのなら副作用も効果もない育毛剤では話にならない

フィンペシアは女性にも使えるの?

フィンペシアは男性ホルモンに働きかけ、それによって薄毛を治療する作用がある薬であるため、男性に対し10分の1程度の男性ホルモンしかない女性には効果がないという調査結果が出ています。

女性にも女性男性型脱毛症(FAGA)という薄毛が存在し、女性ホルモン「エストロゲン」が減ることによって相対的に男性ホルモンが増え薄毛を引き起こすことがありますが、そういった場合は男性ホルモンを抑制するより女性ホルモンの分泌を促す必要があります。

また、フィンペシアの主成分であるフィナステリドは肌からも吸収されることが確認されており、妊婦が薬に触れると胎児(男児)の生殖器の成長に悪影響が出る恐れがあるため、妊娠している女性はフィンペシアアの飲むことはおろか触ることも禁止されています。

旦那様がフィナステリドを使用している、もしくは妊娠している奥様がいる場合は細心の注意をもって使用するようにして下さい。

フィンペシアの価格

フィンペシアを使う最大のメリットは価格です。

フィナステリドやミノキシジルなどの発毛剤は最低でも3ヶ月~6ヶ月以上使用なければ効果は実感できず、上記のデータでも示されているように年単位の使用が前提となっているため、毎月の費用は非常に重要な問題なのです。

日本のAGAクリニックなどで処方されるプロペシアとフィンペシアを比べてみると…

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
日本での処方 28錠 7,000円前後 250円
フィンペシア 100錠 2,959円 30円
(2016年11月現在)    

見てのとおり圧倒的な差があります。

最近日本ではファイザーやトーワなどが28錠4,000円くらいの正式なジェネリックを発売しプロペシアの価格も若干下がってきた感はあるものの、それでも1錠200円は下らず、また日本のジェネリックに比べても遥かに安いのがフィンペシアの最大のメリットとなります。

一部では信頼性を疑問視する声もありますが、世界有数の製薬会社であるシプラ社が製造するフィンペシアは、日本の胡散臭い零細企業が作る育毛剤よりかは遥かに信頼できるでしょう。

本気で発毛させたい人はフィナステリド内服薬は当然として濃度の高いポラリスやミノキシジルタブレットと併用するのがセオリーとなっており毎月の費用もバカにならないので、そういった意味でも安価で使用できるフィンペシアは非常にありがたい存在です。

フィンペシアの総評・まとめ

安いプロペシアジェネリックとしてフィンペシアはもっとも人気・知名度がある薬で、シプラ社製というのも手伝って安価ながら高い信頼性を誇ります。

高い効果があるがゆえに副作用が出る可能性もゼロではありませんが、だからといって放っておけば薄毛はどんどん進行し取り返しのつかない状況になってしまうでしょう。

副作用が怖いからといってネットで専売されているチャップアップイクオスを使うようなことは絶対に避けて下さい。

あれらの育毛剤は確かに副作用はありませんが髪の毛を生やす効果も一切なく、1本売れば5,000円という高い報酬を設定してサイトやブログ運営者に効果を誇張させた提灯記事を書かせているだけの“水”に過ぎません。

10,000円近く出してそんなものを使っていても薄毛はどんどん進行していきます。

大きな効果を得るためにはノーリスクはありえない…それは発毛にも当てはまりますので、本当に髪の毛を生やしたい人は必ずフィンペシアなどの発毛剤を使うようにして下さい。

フィンペシアの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧