ポラリス販売終了 フォリックスに移行

最強外用発毛剤ポラリス、衝撃の販売終了

ポラリスからフォリックスへ

リアップX5の3倍超のミノキシジル濃度を誇る最強外用発毛剤のポラリス。その圧倒的な効果、リアップより安い価格とあって愛用者も多い大人気商品ですが、2017年8月、突然取り扱い終了の一報が入ってきました。

一般的なミノキシジル外用薬はリアップやカークランド、ロゲインなどの5%が主流。7HPのように7%のものも一部存在するものの、ポラリスNR-10の16%やNR-09の15%は圧倒的。

当然それだけ高い効果が期待できるため、本気で発毛に取り組む人にとっての強い味方だったのですが、突然の取り扱い終了…

いったい何が起きているのか?

複数の個人輸入代行業者が同調

大手個人輸入代行業者ではポラリスが販売終了になるという理由について「安定した供給が難しいため」としており、私は当初「この業者だけに限った話なのかな?」と感じていました。

この情報についてネットで調べていた際に2chのポラリススレッドを覗いたのですが、そこでもすでにポラリス取扱終了は話題に上っており、その動きはいくつかの個人輸入代行業者に見られるとのこと。

大手を中心にいくつかの個人輸入代行業者を調べてみたのですが…

ポラリス販売終了

最も利用する人が多いであろう大手2社は販売終了を明記しており、10月から新たな商品を発売するとしています。お薬ナビに関しては売切れとしか書いていないものの、NR-11やNR-09はいち早く販売終了となっている商品であるため、ここも追随する可能性が。

現在は業者によってNR-11とNR-09が販売を終了している状況ですが、今後はポラリスシリーズすべてに広がるのは必至。

そんな販売終了のポラリスの代替商品として挙げられているのが「フォリックスシリーズ」というものらしいのですが…

ポラリス代替商品のフォリックスとは?

いち早く販売終了になったNR-11の代替商品として提示されているのが「フォリックスFR12」というもので、成分や特徴はほとんど同じとのこと。

それを確かめるため、ポラリスNR-11とフォリックスFR12の成分を比べてみます。

ポラリスNR-11 フォリックスFR12

ミノキシジル 12%
フィナステリド 0.1%
アルフォトラジオール 0.05%
脱イオン水
プロピレングリコール
エタノール
グリセリン
乳酸
パントテニルエチルエーテル
イノシトール
リン脂質(脂肪球)
アセチルメチオニン
ポリソルベート80
ミリストイルペンタペプチド-17
クエン酸

純水
エタノール(SDA 40B-190溶媒)
プロパンジオール
ミノキシジル硫酸塩 12%
乳酸
アジピン酸ジイソプロピル
フェノキシエタノール
カプリリルグリコール
アデノシン
変性アルコール
パンテニルエチル
イノシトール
乳タンパク
乳糖
アセチルシステイン
アセチルメチオニン
クエン酸Na
クエン酸
酢酸トコフェロール
メントールクリスタル
ジブチルヒドロキシトルエン
セイヨウハッカ油
アルファトラジオール
ピロ亜硫酸Na
フィナステリド 0.1%
ミリストイルペンタペプチド-17
アゼライン酸

リン脂質
レチノール
トリペプチド-1銅
ポリソルベート80

フォリックスFR12のほうが詳細な成分を掲載しているのでこの表では数が多くなっていますが、実際はほとんど変わらないらしい。

確かにポラリスNR-11に入っている成分は、多少の呼び名の違いはあれどフォリックスFR12にほぼすべて入っているのが確認できます。ミノキシジル濃度やフィナステリドの濃度も一緒。

また、ポラリスシリーズが持つ高い浸透力を実現している「リポスフィアテクノロジー」をフォリックスFR12も採用しており、何から何までほぼ一緒。

あまりにも似通っているため同じ会社が作っているのかと思ったのですが、フォリックスのメーカーは「Sapphire Healthcare LLC」とのことで、調べても情報が出てこない。

謎は深まる…

ポラリスと違いフォリックスシリーズはミノキシジル濃度が商品名に入っているのが特徴で、大手個人輸入代行業者では遠からずすべてのポラリスシリーズと置き換わると見られています。

10月から入荷するとされてはいるが、その時期にすべて置き換わるのか、大手以外の代行業者はどうするのかなど不透明な点も多いのが実情。

この辺はもう少し時間が経たないと分からないか。

■成分的には多少パワーアップ?

上記を見ても分かるようにほぼ同成分ながら、フォリックスには「プロピレングリコール」が使われていないことが見て取れると思います。

このプロピレングリコール(PG)は肌への刺激や毒性が懸念されている成分。フォリックスはこれを不使用とすることで安全性を高めようとしているとのこと。

その点においてはポラリスより優れいていると言えるのかもしれません。

ポラリスからフォリックスに変更の疑問点

ポラリスシリーズの取り扱いを止めたのが1社であれば、メーカー側と何らかのトラブルがあった、金額面で折り合わなかったなどの理由が考えられますが、数社にわたって同時に取扱終了になるという背景には何があるのか?

しかも、時期を同じくして別のメーカーからそっくりな商品が発売される…

新たに発売されるフォリックスシリーズはポラリスシリーズより仕入れ値がかなり安いなど、個人輸入代行業者にとって大きなメリットなどがあるのだろうか?

裏では何か大きな動きが存在しそうではあるものの、現状でそれを知る術は持ち合わせていません。非常に気になるが…

この辺についても何かわかったら追記していきたいと思います。

【追記】フォリックスを製造する会社のHPが公開

これまで、フォリックスを製造する会社の名前が「Sapphire Healthcare LLC(サファイアヘルスケアLLC)」ということだけは分かっていましたが、公式サイトなどは存在せず謎が深まっていました。

2chでは「ポラリスをパクった中国企業なんじゃね?」的な憶測まで飛び交っていたものの、先日公式サイトが開設しアメリカの合同会社であることが分かりました。

Sapphire Healthcare LLC

ポラリスとほぼ同成分に加え、リポスフィアテクノロジーという浸透力を高める技術も同じ、アメリカという点も一緒ということは、ポラリスを製造するPolaris Research Laboratories社(ポラリスリサーチラボラトリーズ社)と何らかの関係があると見て良さそう。

じゃなきゃ、訴訟大国のアメリカでこれだけ酷似した商品が出せるはずない。

公式サイトに掲載されている商品は下記の6つ。フォリックスの「FR」の後の数字はミノキシジル濃度を示しており、分かりやすくするため現在のポラリスシリーズに当てはめてみましょう。

  • ■FR02=?
  • ■FR05=NR-07
  • ■FR07=NR-08
  • ■FR12=NR-11
  • ■FR15=NR-09
  • ■FR16=NR-10

公式サイトには詳細な成分までは載っていないものの、上で比較したポラリスNR-11とフォリックスFR12同様、どれも成分的にはほとんど一緒になると思われます。

また、唯一ポラリスには存在しないミノキシジル2%を配合したFR02という商品が確認できます。その他の成分はアデノシンやアゼライク酸などミノキシジル5%のNR-07と似通っていますので、ミノキシジル濃度だけを抑えた女性用と見るべきでしょうか。

とりあえずアメリカの会社で良かった…というのが本音でしょうか。

フォリックスの価格は?

とりあえずポラリスとフォリックスは成分はもちろんリポスフィアテクノロジーといった技術も共通していることは分かっています。つまり効果はほぼ一緒と考えて差し支えないでしょう。

しかし、それと並んで気になるのが価格です。

発売時の予定価格を確認できるのは現在ポラリスNR-11相当であるFR12と、NR-09相当であるFR15の2点で、直前のポラリスとの価格を比較してみると…

商品名 ミノキシジル濃度 価格
ポラリスNR-11 12% 5,180円
ポラリスNR-09 15% 4,940円
フォリックスFR12 12% 5,180円
フォリックスFR15 15% 4,940円
(2017年8月現在)  

完全に一緒。

成分がほぼ同一とあって期待できる効果や価格も同じ完全なる代替商品として取り扱う方向のよう。当然といえば当然なのかもしれませんが、ポラリスが築き上げたブランドイメージがない分もう少し安くしてくれれば…というのが本音。

以前、大人気のフィンペシア同様フィナステリドを1mg配合したフィナロイドの取扱い時に、当初はフィンペシアと同じ価格だったものを、その後少し値下げしたという経緯があります。後発の商品なのだから、実績・人気のある商品と同じというのはいささか違和感を感じます。

ただ、フィナロイドの時はフィンペシアも継続して売られていたものの、今回はポラリスの販売を中止してのフォリックス移行ですから、値下げは微妙なところ。

どうしてもポラリスにこだわるなら、引き続き取り扱いを継続する業者から購入するというのも1つの手か。

フォリックスの総評・まとめ

まだまだフォリックスに関する情報が少ないため、今回の変更が私たちにとってプラスになるのかマイナスになるのか量りきれないというのが実情ながら、大手の輸入代行業者ではポラリスの取り扱いを中止するのは既定路線となっています。

成分的にはほぼ同一であることからポラリスのジェネリック的な見方で良いのかもしれませんが、それならもうちょっと安くしてくれよと言いたい。

まあ、私たちとしてはしっかりと髪の毛が生えてくれれば文句はないのだが。

これから徐々に詳しい情報が入ってくると思いますので、その都度追記なり新しい記事なりを書いていきたいと思います。

これを書いている8月末の時点ではポラリスシリーズ最強のNR-10やNR-07、NR-08はまだ在庫があるようなので、欲しい方は急いだほうがいいかも。ちなみにフォリックスFRシリーズは入荷した際に連絡をくれるサービスを始めています。

※9月現在在庫は完全になくなったようです。

ミノキシジル16%配合のポラリスNR-10相当であるフォリックスFR16の商品情報を載せたページへのリンクも貼っておきますので、気になる人はチェックしてみて下さい。

フォリックスFR16の詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧