カークランド リアップの5分の1の価格

非常に安いフィナステリド内服薬

リアップの5分の1の価格のカークランド

日本でのミノキシジル外用薬といえばリアップしか選択肢がありませんが、価格は約7,500円と高価です。それなら同じくミノキシジル5%配合でアメリカ製と信頼性も高く価格は5分の1のカークランドを使ってみませんか?

薄毛が気になり本気で発毛に取り組む人の多くは複数の発毛剤や育毛剤を併用するのがセオリーであるため、一つひとつにはなるべくお金をかけたくないというのが本音だと思います。

そのためフィンペシアミノキシジルタブレットの併用で最強レベルの効果を得ながら出費を抑える方法が主流となっていますが、さらなる効果を求める人はさらにミノキシジルの外用薬を組み合わせます。

ただ、16%を配合するポラリスではちょっと高い、リアップは論外という人も多いと思いますので、そういった人にこそ使って欲しいのがカークランドなのです。

カークランドとは?

カークランドというのは実は育毛剤の商品名ではなくプライベートブランドの名前であり、日本でいうトップバリュ的な位置づけになるでしょうか。

これはアメリカの大型倉庫店であるコストコの「カークランドシグネチャー」というプライベートブランドで、育毛剤以外にも様々な生活用品を販売しており、コストコに行ったことがある人は目にしているのではないでしょうか。

このプライベートブランドがミノキシジル外用薬の元祖ロゲインのジェネリックとして発売したのが育毛剤のカークランドとなります。

アメリカ製である上にコストコという大手のプライベートブランドということで信頼性は極めて高く、本家ロゲインの約半額、リアップX5プラスの約5分の1の価格とあって世界中で愛用されています。

カークランドの成分はミノキシジル5%

カークランドに興味を示す人に説明は不要だとは思いますが、この発毛剤にはリアップX5プラスや元祖ミノキシジル外用薬であるロゲインと同様に5%のミノキシジルが配合されています。

このミノキシジルは血管拡張薬として開発され、血管を拡げることによって血圧を下げる効果が主作用になっていますが、服用した高血圧患者の多くに発毛が見られたためアップジョン社(現ファイザー)が外用の発毛剤として売り出した経緯があります。

発毛のメカニズムは、ミノキシジルが毛母細胞や毛乳頭細胞の増殖・分裂を促進させると共に本来の血管拡張作用による血行促進によるもの。

ミノキシジルの発毛効果

上図の臨床試験データはカークランド同様に5%のミノキシジルを配合するリアップX5プラスのものですが、使用半年の段階で9割以上に人の薄毛が改善し、5割の人が中程度以上の改善を見せていることが分かります。

2015年になってリアップX5は「ピリドキシン塩酸塩」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」という3種の成分を追加しましたが、いずれも発毛効果がない抗炎症作用などがある程度の成分でカークランドと効果は変わりません。

ならば遥かに安いカークランドを使った方が良いですよね。

カークランドの副作用

ミノキシジルは本来血管を拡げて血圧を下げる薬であるため、以下のような副作用が出る可能性があります。

  • ■めまい
  • ■動悸
  • ■血圧低下
  • ■胸痛
  • ■むくみ

ただし、これはミノキシジルタブレットなど内服薬でのことでカークランドのような外用薬でこういった副作用が出ることはまずありません。

強力な発毛剤であるミノキシジルといえど外用薬で考えられる副作用は頭皮のかゆみやかぶれ程度なので安心して使用することができます。

ただ注意事項として以下の人の使用は医師に相談したほうが良いとされています。

  • ■今までにアレルギー症状を起こしたことがある人
  • ■高血圧・低血圧の人
  • ■心臓に疾患がある人
  • ■甲状腺機能障害がある人
  • ■むくみのある人

フィナステリドデュタステリドのような強い内服発毛剤ですら副作用の多くは「副作用のある薬を飲んだ」という思い込みによるプラシーボ効果によるもので、普通に考えればミノキシジルの外用薬で皮膚以外に副作用が出るとは考えにくいですが…一応留意しておくようにして下さい。

カークランドは女性も使える?

女性は男性ホルモンが少なく、また妊娠していると胎児の成長に危険が及ぶとしてプロペシアやザガーロに代表されるフィナステリドやデュタステリドは使えず、唯一使える発毛剤はミノキシジルのみとなっています。

そのミノキシジルも男性に比べれば効果が出やすいとして女性用のリアップリジェンヌは1%、女性用ロゲインは2%の濃度となっており、日本においても5%の外用薬を女性が使うべきではないとされています。

しかしアメリカでは女性用でも5%のものが存在しますし、外用薬では副作用の恐れはほとんどないことから私個人としては女性がカークランドを使ってもなんら問題はないと考えています。

女性専用のミノキシジル外用薬は価格が高いので、気になる人はカークランドを使ってみて、万が一体に合わないと感じた場合はすぐに止めればいいだけの単純な話なので、「価格が…」と感じている女性は一度使ってみて下さい。

カークランドの価格

最後にカークランドの価格を見てみます。

比較対象がないと分かりにくいと思いますので、カークランドと同じくミノキシジルを5%配合するリアップX5プラス、先発薬であるロゲインと比べてみましょう。

商品名 内容量 価格 1本あたりの価格
カークランド2本 60ml×2 3,553円 1,777円
ロゲイン2本 60ml×2 5,915円 2,958円
リアップX5プラス 60ml 7,611円 7,611円
(2016年12月現在)  

カークランドとロゲインは2本セットでの販売ながらリアップX5プラスより安く、リアップの高さのみが目立つ結果となっています。

そりゃ日本では独占販売みたいなものなんだから調子に乗るよね。

現在は1ドル120円近い円安状態なのでカークランドやロゲインはこれでも一時に比べ価格は上がってしまっていますが、円安が落ち着けばもう少し価格は下がってくるでしょう。

カークランドの総評・まとめ

ミノキシジルに限ったことではなくプロペシアやザガーロも同様ですが、日本の発毛剤は異様に価格が高いという現実があります。

そんな状況に便乗してかまったく発毛効果のない育毛剤の価格もバカみたいに高く、育毛関連サイトを運営し様々な育毛剤に触れるたびに「こんなゴミみたいな液体が1万円近くするのか…」と感じずにはいられません。

だってフィンペシア+ミノキシジルタブレット+カークランドなら極めて高い効果が期待できつつも価格は1ヶ月4,000円でお釣りがくるんですもの。

「どうしても日本製じゃなきゃ嫌だ」という人以外で発毛剤の情報をしっかり仕入れている人のほとんどは圧倒的に安い海外製の発毛剤を使っています。

中でもカークランドはアメリカ製と信頼性が高いので、これの存在を知っていればリアップを使う理由はないと断言できます。

カークランドの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧