Deeper3D クソ高いのに発毛効果なし

キャピキシルとリデンシル配合の育毛剤

Deeper3Dで髪は生えない

育毛剤の成分としてずいぶん知名度が上がってきたキャピキシル5%に加え、リニューアル時に一部で「ミノキシジルの2倍の効果がある」といわれるリデンシルを5%配合したDeeper3Dですが、当然ながら発毛することはありません。

発毛はしないが成分的にはかなり頑張っている印象があるのも事実。ですが価格は消費者に寄り添うことなくクッソ高い。

1万円は下らないDeeper3Dに使われる最新の育毛成分をもってしても髪が生えないその理由とは?

Deeper3Dに配合されるキャピキシルの効果

今をときめくキャピキシルは「ミノキシジルの3倍の育毛効果」として一気に知名度を上げたという経緯があります。

Deeper3Dのキャピキシル その根拠となっているのが開発元であるカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が発表している右のデータで、未処理の髪の毛にそれぞれミノキシジルとキャピキシルを使って毛の成長を調査したもの。

これだけ見ると確かにミノキシジルの3倍の効果が出ているように見えるものの、これは毛髪の組織を培養して行った実験であって人間の頭皮に塗って得たデータではありません。

キャピキシルの真実 実際に頭皮に使った臨床データでは右図のような結果になっています。

ここではミノキシジルではなくプラセボ(偽薬)との比較になっており、プラセボが4ヶ月で髪の密度が2%減少したのに対し、キャピキシルでは13%増えたというもの。

4ヶ月で13%…これでミノキシジルの3倍だと?

LUCAS MEYER COSMETICS社が出しているデータは外部機関によるものではないため信憑性という面で疑問符が付くうえに、英語だから何書いてるか分からないのですが、Deeper3Dをはじめキャピキシルを使っている育毛剤のすべてで詳細なデータを一切開示していないことを考えると…まあ察しろということか。

ちなみにキャピキシルは厚生労働省に育毛成分として認可されてない化粧品成分。

リデンシルはミノキシジルの2倍効果…なはずない

Deeper3Dは2016年のリニューアルで新たに「リデンシル」という成分を配合しており、その濃度は5%と高いものになっています。

このリデンシル、スイスのInduchem(インデュケム)社が開発した成分で、育毛サイトなどでは「ミノキシジルの2倍の効果」などと謳われている。キャピキシルの3倍といいミノキシジルとの比較がうざすぎることこの上ない。(→リデンシル 新たな効かない成分の登場

とりあえずミノキシジルと比べて上のデータを開示すれば効果をアピールできるという安易な考えが見え隠れ。

で、この2倍という根拠となるのが下図のデータ。

リデンシルはミノキシジルの2倍?

これを見るに、未処理の状態からそれぞれミノキシジルとリデンシルを使うと2倍近い効果が出ているように感じるものの、これも上で書いたキャピキシル同様培養した細胞を用いたもので人間に使ったわけではない。

流行ってんのかこのパターン?

で、実際に人間で行った臨床試験はというと…

リデンシルの臨床試験

このデータではプラセボ(偽薬)との比較になっていて、リデンシルは3ヶ月で9%髪が成長したと誇らしげに書いているが、数字が微妙なうえにプラセボでも8%改善している謎データ。さっきも似たようなこと書いた気がするな。

流行ってんのかこのパターン?

言うまでもなくこれも開発メーカーが出しているもので、Deeper3Dやバイタルウェーブなどリデンシルを配合している日本の育毛剤(化粧品)では詳細なデータを一切出していないのはキャピキシルと一緒。

ちなみにリデンシルは厚生労働省に育毛成分として認められていない化粧品成分。

こんなだから育毛剤はいつまで経っても胡散臭いんだよな。

■リデンシルのデータには疑問を抱かざるを得ない
■ミノキシジルの2倍の発毛効果は絶対にない

Deeper3Dの成長因子は8種類だが…

Deeper3Dは育毛剤っぽい化粧品としては最多となる8種の成長因子を配合しており、100万円以上かかることもザラであるハーグ療法と同じ品質のものを使用していると公言している。

しかしこの成長因子を頭皮に使う方法、頭皮に注入するハーグ療法ですら批判的・否定的な声が多いのに、頭皮に塗布する育毛剤で発毛効果が出ることは考えられません。

というか、キャピキシルを配合する育毛剤っぽい化粧品の多くは何かしらの成長因子を配合していることを売りにしているのですが、明確なデータを提示しているものは皆無。少なくとも開発メーカーがデータを開示しているキャピキシルやリデンシル以上に胡散臭い。

8種類の成長因子の中には馬プラセンタがあり、これはミノキシジルとデュタステリドを配合した発毛剤5HP・7HPにも配合されていますが、あちらは1.67%1000mgの高濃度配合で含有量も明記されているのに対し、こっちは何がどれだけ配合されているのか全く分からない。

普通に考えれば含有量が明記してあるキャピキシルとリデンシル以外はカスみたいな量しか配合されていないはず。高濃度だったらそれを宣伝効果にするために含有量を表示するだろうしね。

そもそもキャピキシル系の育毛剤は化粧品であるため発毛効果など一切ないし謳えもしないものの、消費者のことを考えるなら宣伝ばかりに金をかけてないで多少は臨床試験しろよと言いたい。

■成長因子を頭皮に塗ることによる効果のデータは一切ない
■当然発毛根拠も一切ない

Deeper3Dに副作用はある?

しらね。

常識的に考えれば発毛する成分は一切入っていない、ハゲに新たな髪を生やす効果はないんだから副作用なんてあるはずがない。

ただ、発毛成分でない、育毛成分ですらないものが大半の化粧品であるDeeper3Dは当然ながら副作用の臨床試験などおこなっているはずもなく、ゆえに副作用があるかどうかは厳密には分からない。

これは副作用の有無を調べる必要もない程度の成分しか配合していないことを意味しており、まあつまりそういうこと。

もしキャピキシルやリデンシルにミノキシジルの〇倍の発毛効果があるのであれば一定の副作用リスクが存在すると見るのが自然で、副作用に言及していない・するまでもないDeeper3Dの効果も推して知るべし。

Deeper3Dの驚きの価格

では次にDeeper3Dの価格を見てみます。

商品名 内容量 初回価格 価格
単品購入 60ml 14,100円
定期コース 60ml 14,100円 13,630円
(2016年12月現在)  

たけ~。

一般的なクソ育毛剤も定価で12,000円とか15,000円とかザラ。しかしそれはあくまでもお得感を演出するもので、定期コースになると半額とかになることも少なくありませんが、Deeper3Dは定価14,850円で定期コースでも10%引き程度。

これを「正しい定価を表示している」ととるか「ぼったくり」ととるかはその人次第だと思いますが、個人的に育毛剤1本で14,000円とかバカじゃねぇかと感じる。

ああ違った、化粧品だった。

金をドブに捨てる覚悟があるならDeeper3Dを

一応誤解なきように書いておくとキャピキシル5%に加えリデンシル5%、成長因子8種という点はかなり頑張っているなと感じています。

現状ではリデンシルの濃度も成長因子の数も業界最多だしね。

ただDeeper3Dは育毛剤と違い厚生労働省が認可する有効成分を規定量配合していないため化粧品扱い。

医薬部外品の育毛剤であれば認められた有効成分を決められた量配合しているため最低限の効果…といっても髪がちょっと太くなったり抜け毛が少し減る程度は担保されているのですが、化粧品はそれこそ玉石混交。

発毛効果を実証できない成分ばかりのDeeper3Dに14,000円出すというのは私から見れば信じられないし、そこまで高い金を出す覚悟があるなら素直にフィナorデュタ+ミノタブ+ポラリスを試せよと言いたい。

すべて発毛剤だから副作用が出るリスクはあるが、これでまったく効果が出ない人間はほとんどおらず、ある程度の薄毛レベルならフサフサに戻る可能性すらある。しかも3つすべて使っても1万円に満たない。

副作用は死んでも嫌だから発毛効果がなくても高くても構わないというのであればDeeper3Dもいいんじゃない?というレベル。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧