「育毛剤が効きません」「即刻止めろ」

育毛剤はハゲの敵

私は一般的な人より育毛や発毛に詳しいので、たまに薄毛の人から相談を受けることがあります。「育毛剤はどれを使ったらいいか?」「育毛剤が効かないんだが…」などなど。そんな時は必ずこう答えます。

育毛剤なんて時間と金の無駄だから即刻止めろ、と。

普通の人が抱く育毛剤の認識というのは、発毛剤も育毛剤も養毛剤(化粧品)もすべてひっくるめて「育毛剤」というくくりだと思いますが、私がここで言う育毛剤は医薬品である発毛剤以外のゴミのことです。

なぜハッキリと無駄だと言い切れるのか?

これから育毛剤を使おうかどうか迷っている人はぜひ参考に、今現在育毛剤を使っている人は気分を害する可能性があるので、読まない方が良いかも。

あなたが求めているのは何ですか?

5,000円は下らない高価な育毛剤を使おうと考えるに至った経緯には、当然何かしらの理由がありますよね。

その理由ってなんだろう?

  • ■抜け毛を減らしたい
  • ■今ある髪の毛を維持したい
  • ■ハゲた部分から髪の毛を生やしたい
  • ■髪の毛を増やしたい

この中で市販の医薬部外品の育毛剤に効果があるとされる…というか、効果が出る可能性があるものは上の2つで、下の「髪の毛を増やす・生やす」という効果は一切ありません。

ですから、「抜け毛さえ減ればいい」「今ある髪さえ維持できればいい」という人であればチャップアップイクオスのような育毛剤でも効果がある“かも”しれない。

しかし、本当にそれで満足?

一般的にほんの少し薄毛が気になりだした程度であれば育毛剤を使うまでには至らず、多くのケースでは育毛シャンプーの使用や生活習慣の改善という無駄な努力に勤しみます。

そして、それでもハゲの進行が止まらず「いよいよヤバい」という状況になって初めて育毛剤が選択肢に入ってくるもの。そんな状況にあって現状維持を望むものでしょうか?

1万円近いお金を毎月払った上で現状維持を求めるのであれば、育毛剤でも上手く効けばその可能性はあるかもしれません。ただし、髪の毛を生やす作用があるフィナステリドやミノキシジルであれば発毛剤であれば「良くて髪の毛がしっかり生えてくる、悪くても現状維持」というレベルですけどね。

なぜ育毛剤は効かないのか?

ではなぜ育毛剤は効かないのか?

答えは簡単、そもそも髪の毛を生やすために作られていないから

医薬部外品の育毛剤というのは頭皮の環境を整えて抜け毛を抑制したり、今ある髪の毛の成長を促したりする目的で作られるもので、メーカーもそれを重々承知で開発・製造しています。

事実、厚生労働省に育毛剤の有効成分として認められているグリチルリチン酸ジカリウムやセンブリエキス、ニンジンエキスなどは保湿効果や抗炎症作用程度しか持ち合わせていない。

その他の成分に至ってはもはや「言ったもん勝ち」のカオス状態で、何の根拠もない育毛効果や発毛促進効果を平然と謳っているから恐ろしい。M-034ピディオキシジルアルガス2なんてその典型。

メーカーもそれで髪の毛が生える・発毛するなんて思ってもいないでしょう。それっぽい成分を入れてそれっぽい文言で髪の毛が生えると錯覚させれば勝ちという世界ですから。

そんなもんに1万円近いお金を払おうとしている人間が目の前にいる…そりゃ「即刻止めろ」と言うに決まっている。そして「髪を生やしたいなら発毛剤しか選択肢はない」とも。

発毛剤には育毛効果もある

私がフィナステリドやデュタテリド、ミノキシジルといった発毛剤を徹底的におすすめするのは、医学的に発毛根拠が示されているからというだけの理由に留まりません。

発毛剤は「髪の毛が生える」「発毛する」という部分がピックアップされますが、「髪の毛の成長を促進する」「抜け毛を減らす」という育毛効果においても育毛剤より遥かに高い効果を示すからです。

事実、プロペシアやミノキシジル外用薬であるリアップの臨床試験では9割以上の人が改善~進行なしという結果になるなど、思うような効果が出なかったとしても進行を食い止める効果であればほぼすべての人に認められるのが発毛剤。

育毛剤の「良くて現状維持」とはレベルが違うのです。

すでにまともな髪の毛が生えなくなってしまった部位からも発毛させるくらいの力を持つ発毛剤ですから、育毛など発毛に至るまでの過程に過ぎず、育毛がゴールの育毛剤など話にならないのは当たり前だが。

育毛剤を使って欲しくない理由

効果の面において発毛剤と育毛剤には雲泥の差があるのは間違いないものの、私が育毛剤を徹底的に否定するのには別の理由があります。

それは発毛を臨む者にとって育毛剤は悪でしかないから。

薄毛の人のほとんどは髪の毛を生やすことを夢見て育毛剤を使います。しかし育毛剤には髪の毛を生やす発毛効果は一切ない…なぜこんなことが起きるのか?

それは上でも書いたように、育毛剤には発毛効果が無いにもかかわらず、それを売るためにあたかも発毛効果があるような演出をし、客を騙して購入させるという手法を育毛剤メーカーが取っているから。

そもそも「育毛」「発毛」という言葉があまりにも曖昧かつ似通っていて、これらの言葉を正確に理解している人が少ないのも大きな問題。

会社の利益のために、会社を存続させるために商品を売りたいのは分かりますが、消費者に「発毛する」と錯覚させて意味のない商品を売る行為には虫唾が走る。

そんな無駄な商品を使っている間にも薄毛はどんどん進行し、気付いた時には手遅れな状態になってしまっているというのに。

だから私は言うのです。「育毛剤など止めろ」と。

ハゲというのはいつの時代も男性にとって大きなコンプレックスであり、だからこそそこでは大きな金が動く。

育毛剤のノウハウや開発する技術のない弱小メーカーが参入し、それっぽい商品を外部のOEMメーカーに作らせ自社製品として売っているというのがやたらと目に付き、しかもそれで成功していたりするから質が悪い。

それを目にした他のクソメーカーがこぞって真似をした結果ゴミみたいな育毛剤が市場に溢れ、知識のない薄毛の人を惑わせる…この状況はハゲへの冒涜と感じる。

育毛効果で満足なら止めはしない

私の身の回りの人間が育毛剤を使っていたらほぼ例外なく止める事、発毛剤の使用に切り替える事を進言します。しかし発毛剤の副作用などを理由にそれを受け付けない人間も存在しますし、「とりあえず進行が止まってくれれば…」という人もいます。

現状維持を望むにしても発毛剤の方が遥かに期待度が高いのですが、聞く耳を持たない人もいるもの。育毛剤の効果で満足している、発毛剤の副作用を過度に恐れているのであれば、それ以上止めるようなことはしません。

一方、私の言葉に耳を傾ける人には発毛剤しか医学的に認められていなこと、育毛剤に髪の毛を生やす効果は一切ないことを丁寧に説明するようにしています。

発毛剤であれば医療機関の処方以外にも圧倒的に安い価格で購入できる個人輸入代行という選択肢もあり、価格重視から信用重視まで幅広い価値観に対応できます。

もう一度言う、育毛剤を使っても髪の毛は生えない。現状維持すら微妙なところ

発毛剤を使うかどうかは各々の判断にお任せしますが、育毛剤メーカーをこれ以上のさばらせないためにも、育毛剤に騙される人間を少しでも減らすためにも、育毛剤を使う人間が減ってくれればと切に願います。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧