カロヤン 希少な医薬品も発毛効果なし

育毛剤である「カロヤン」は1973年から販売されている歴史ある発毛促進剤で、医療現場で用いられる塩化カルプロニウムを配合しているためリアップ同様発売時から一貫して「医薬品」となっていますが発毛効果はあるのか?

日本の育毛剤のほとんどは「医薬部外品」であり外用薬で医薬品の育毛剤は非常に珍しく、それだけに効果に期待してしまいますよね。

しかも塩化カルプロニウムは脱毛症の治療薬として医療機関でも処方されていますから、同じくAGA治療薬として処方されるプロペシアやザガーロのような効き目があっても不思議ではありません。しかししっかりとした効果のある発毛剤としてその名を耳にすることはありません。

歴史もあり医薬品でもあり、そして知名度もそれなりに高いはずのカロヤン。なぜ発毛の主役に躍り出ることができないのでしょうか?

カロヤンシリーズとは?

1973年に発売されたカロヤンは現在「プログレ」「アポジカ」「ガッシュ」など様々な商品展開していますが、一貫しているのは塩化カルプロニウムを配合しているという点です。(シャンプー以外)

カロヤンがこれだけこだわる塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物)はどういったものなのでしょうか?

■塩化カルプロニウムとは

塩化カルプロニウムは内服すると胃の働きを活発にする効果があるため慢性胃炎などの治療薬として用いられ、外用すると局所的な血管拡張効果があるため脱毛症の治療薬として用いられ、「フロジン液」として医療機関で処方されています。

血管拡張効果というあたりに本来血管拡張薬であるミノキシジルと同じ香りがするためいかにも発毛しそうな雰囲気を漂わせている。

世界中で本来血管拡張薬であるミノキシジルが発毛剤として使用されていますが、カロヤンは医療現場で使用される塩化カルプロニウムを売りにしている医薬品の育毛剤ということになります。

カルプロニウム塩化物で髪の毛は生えるの?

カロヤンシリーズは一貫してカルプロニウム塩化物(塩化カルプロニウム)を配合しています。実際にこれで髪は生えるのでしょうか?

塩化カルプロニウムはミノキシジル同様確かに血管拡張作用があり、病院では脱毛症の治療薬としてフロジン液が処方されていますが、脱毛症は脱毛症でも「円形脱毛症」なのです。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでの評価を見ると…

塩化カルプロニウムの育毛効果

このように「十分な根拠がない」とされていて、そもそも円形脱毛症とAGAはメカニズムからまったく異なるのだから当然といえば当然。薬用プランテルなどに配合されるセファランチンも円形脱毛症の治療薬ですが、ここでの評価はさらに悪い「C2 根拠がないので勧められない」となっています。

ミノキシジル同様血管拡張作用があるため毛が生えそうな印象を受けるものの、ミノキシジルの発毛は血管拡張作用によるものというよりは毛母細胞や毛乳頭細胞の分裂・増殖による「多毛症」によるもの。

しかも、医療現場で使われる円形脱毛症の治療薬フロジン液は塩化カルプロニウムの濃度5%なのに対し、カロヤンは1%ないし2%と薄く、これで発毛するとは到底思えない。

リアップと同じく「医薬品」のくくりだが、あちらは薬機法(薬事法)的に「発毛」「毛が生える」を謳える発毛剤なのに対し、カロヤンはそれを謳えない育毛剤であることからも効果の程度が見て取れます。

ハッキリ言おう、塩化カルプロニウムで毛は生えない…と。

【追記】2017年版ガイドラインでも評価は低い

2010年版男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて「C1:行ってもよいが、十分な根拠がない」という評価を受けていたカルプロニウム塩化物。これは2017年版に刷新された男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいても変化なし。

塩化カルプロニウムの評価

むしろ注目したのは一部育毛剤やフォリックスシリーズに配合されるアデノシンの評価がフィナステリドやミノキシジルといった発毛成分に次ぐ「B:行うよう勧める」に上昇したこと。

これは医薬品であるカロヤンのメイン成分である塩化カルプロニウムより、育毛剤に使用されるアデノシンの方が効果が高いと日本皮膚科学会がお墨付きを与えたことになります。

必ずしも「医薬品=高い効果」「医薬部外品=低い効果」ではないものの、医薬品は一定の副作用が懸念されるからこその指定であり、副作用のリスクがある塩化カルプロニウム配合育毛剤よりそのリスクが少ないアデノシン配合育毛剤の方が効果が高いというのはある種の逆転現象ともいえる。

これは厳しい…カロヤンの存在価値がさらに薄れた印象を受けます。

■カルプロニウム塩化物は円形脱毛症の治療薬
■男性型脱毛症診療ガイドラインでは十分な根拠がないと断じられている
■リアップ同様医薬品というくくりだがしょせんは育毛剤

塩化カルプロニウム以外の成分は?

カロヤンにはカルプロニウム塩化物以外の成分もいくつか配合されていますので、それも併せて見ていきましょう。

■チクセツニンジンチンキ

これも塩化カルプロニウム同様第三種医薬品に指定されている漢方の成分で、カロヤンの公式HPでは「毛根の毛乳頭細胞を活性化」とあります。

しかし本来は解熱や胃腸薬として用いられるもので、またカロヤン以外に使用している育毛剤もないため育毛効果は未知数と言わざるを得ない成分。

塩化カルプロニウムも内服では胃腸薬で使用されていますし、第一三共は胃腸薬を頭皮に塗るのが好きなのかもしれない。

■カシュウチンキ

皮膚の脂質量を下げる働きがあるとされる成分。

これも漢方薬の一種で、滋養強壮剤としてユンケルなどにも配合されており、どちらかというと栄養ドリンクに配合されている成分という印象が強い。

■ピリドキシン塩酸塩

いわゆるビタミンB6。

育毛サプリメントでは定番の成分で、公式HPでは「過剰な皮脂の分泌を抑える」とあるが、外用薬での効果は未知数。

■ヒノキチオール

強力な殺菌作用や抗炎症作用があり、頭皮環境の改善に役立つという育毛剤の定番作用を有するが、基本的に発毛とは何の関係もない。

■パントテニールエチルエーテル

ピリドキシン塩酸塩同様ビタミンB群の一種で、抗炎症作用によってフケやかゆみを抑える成分。

当然これで髪は生えない。

カロヤンに副作用はあるのか?

カロヤンに配合される塩化カルプロニウムは医薬品の指定を受けているため一応副作用にも言及されていて、主なものは以下のようになります。

  • ■頭皮のかぶれ・かゆみ
  • ■局所的な発汗や刺激・痛み

要は塗ったところがかゆくなったりかぶれたりする可能性があるよということ。こんなものはそこらへんに転がっている水のような育毛剤でもままあることなので気にする必要はないレベル。

ミノキシジルですら外用では副作用はほとんどないのだから、塩化カルプロニウムを1~2%配合した程度のカロヤンに目に見えた副作用などあるはずもない。

カロヤンに限定した話ではないが、髪を生やすということは遺伝という強固な敵に立ち向かうことを意味している。生半可な効果では太刀打ちできない…つまり発毛させたいなら多少の副作用は気にするなといいたい。

カロヤンに使う価値はあるのか?

なんか色々叩いてきたカロヤンにも良いところはあって、代表的なものに価格と内容量が挙げられます。

価格に関しては旗艦モデルであるカロヤンプログレでも実質4,000円を切っており男性用の育毛剤としてはかなり安価な部類に入ります。

また、内容量は120mlとミノキシジル外用薬の標準である60mlの倍!

まあ育毛剤としては120mlは一般的な量だが、医薬品繋がりでリアップと比べると「すごく量が多い~」と喜べることうけあい。

つまりリアップの半額で倍の量が手に入るのだから実質4倍のお得感!…と感じる人がいるとかいないとか。

ただ、リアップと同じく5%のミノキシジルを配合したアメリカ製のカークランドがカロヤンの半額の2,000円以下で買えることを考えると、個人的には4,000円も出して髪の毛の生えないカロヤンを使う理由を見出すことができないけどね。

4,000円であろうが10,000円であろうが発毛効果のない育毛剤を使うのであれば値段が安い分カロヤンは良心的といえます。しかしハゲてしまったところに髪を生やしたいのであれば素直にフィナステリドやミノキシジルなどの発毛剤を使っておけ…というのが結論になります。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧