MSTT1 頭頂部専用育毛剤に隠された嘘

男性の薄毛は大きく「M字ハゲ」「てっぺんハゲ」の2つに分類され、特に恥ずかしいとされるのが頭頂部の薄毛…いわゆるてっぺんハゲです。そんな頭頂部の薄毛に特化しているのがMSTT1という育毛剤なのですが、これがまた爆笑レベル。

もちろんMSTT1のホームページにはいかに頭頂部への効果が高いかつらつらと謳われているものの、真実を知ると滑稽にしか感じないレベル。

なぜそんなことになっているのか?その理由を明らかにしながら育毛剤MSTT1の詳細に迫ってみたいと思います。

MSTT1の成分

そもそも育毛剤に発毛効果はないため新たな毛を生やしたい人にとっては育毛剤の成分など水みたいなものですが、これに触れておかないと話が進まないのでとりあえずMSTT1の成分を見てみましょう。

MSTT1

セファランチン
グリチルリチン酸2K
センブリエキス
D-パントテニルアルコール(プロビタミンB5)
ビワ葉エキス
海藻エキス-1
牡丹エキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス-1
ヒオウギ抽出液

POE(40)硬化ヒマシ油
ラウリルジメチルアミンオキシド液
濃グリセリン
BG
エタノール
フェノキシエタノール
無水エタノール
精製水

育毛成分 計10種

赤字が育毛成分になりその数は10種と男性用育毛剤としてはかなり少ない部類に入ります。

■MSTT1の有効成分

医薬部外品の育毛剤を名乗る上で必要な有効成分は「セファランチン」「グリチルリチン酸2K」「センブリエキス」の3種で、グリチルリチン酸とセンブリエキスに関しては多くの育毛剤に使われている抗炎症作用や血行促進作用がある定番成分。

もちろんこれらで毛は生えない。

セファランチンに関しては本来円形脱毛症の治療に用いられる内服薬であって育毛剤のような外用薬に使われるようなものではない上に男性型脱毛症(AGA)への効果はないと日本皮膚科学会に断言されている。

MSTT1のセファランチンは効果なし

今どき育毛剤にセファランチンなんて時代遅れの成分を使っているのは私が知る限りこれと薬用プランテルスカルプDジェットくらいのもの。

まあ探せばもっとあるんだろうが…

ちなみに2010年版の男性型脱毛症診療ガイドラインにおいて厳しい評価を下されたセファランチンは2017年になって新たに策定された男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいては評価の対象外になっています。

端的に言うと男性型脱毛症(AGA)には効果なしということになる。

■MSTT1のその他の成分

MSTT1のその他の成分は7種と悲しくなるほど少ないが、よく見てみると「海藻エキス-1」の文字があり、これはかの有名なミツイシコンブ由来でミノキシジルと同等の“育毛効果”があると謳う育毛剤も存在するほどの注目成分「M-034」ではないですか。

残念ながらミノキシジルのような“発毛効果”は一切ないただの保湿成分だが。

あとは…ビワ葉エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒオウギ抽出液というハゲてしまった部分には効かない育毛剤の超ド定番成分が名を連ね…るほどの量はないが並んでおり、これのどこに発毛を期待させる要素があるのか問いただしたい、一晩中。

謎なのはこれだけフツ~の成分がたった10種しか配合されていないのに「頭頂部専用」と謳っていることで、「とりあえず頭頂部専用と言っておけばカッパ化に悩む野郎共が買ってくれるだろう」という思惑が見え隠れ。

まあ育毛剤なんて「いかに髪が生えると錯覚させるか」が勝負の気休め商品なんだからしょうがないのかもしれませんけどね。

■MSTT1の育毛成分は全10種
■これだけド定番の成分がたった10種でなぜ頭頂部専用になるのか?

MSTT1はM字専用育毛剤プランテルと完全同成分

さて本題です。

プランテルとMSTT1は同一成分 実は薬用プランテルのページでも言及していることなのですが、頭頂部専用育毛剤MSTT1とM字に特化した育毛剤薬用プランテルは完全なる同成分なんですよね。

右図は上がプランテル、下がMSTT1の裏に記載されている成分表。完全に一致することがお分かりいただけるでしょうか。

並び順から成分名の書き方まで一字一句にいたって完全一致…別の育毛剤でこんなことってありえると思いますか?

そう、この2つは「同成分」というよりは「同商品」なんです。つまり中身はまったく同じものということ。

それは下図を見てもらえば一目瞭然です。

プランテルとMSTT1は同商品

頭頂部専用のMSTT1とM字に特化したプランテルが実はまったく同じ商品ってギャグのような話ですが、これが事実だから笑える。

こうなってくるともはや「言ったもん勝ち」の様相を呈してくる。

医薬部外品の育毛剤は発毛効果は謳えない、髪の毛が生えると表現してはいけないといった薬機法の範囲を逸脱しなければ何を書いてもいいことになる。それが消費者を惑わせる結果になったとしても。

育毛業界の闇を感じるわ。

■頭頂部専用育毛剤MSTT1とM字特化のプランテルは同一商品
■MSTT1は頭頂部ハゲのためのものではなく、ただの汎用育毛剤

MSTT1とプランテルはなぜか使用期間が違う

MSTT1と薬用プランテルは同商品で内容量も共に150mlと同じであるものの、なぜか使用期間はMSTT1の30日に対しプランテルは50日と異なっているんですよね。

当然これを守ればプランテルのほうが1回の使用量が少ないということになり、その分効果も小さくなってしまう印象があります。

しかしそもそも育毛剤に髪を生やす効果はないわけですし、何より「10種の成分がちょびっと入っただけの水に何ができるんだ?」というのが率直な感想なので、そう考えるとより長期間使用気休めとして使用できるプランテルの方が良心的なのかもしれません。

とはいえプランテルでさえ50日で約7,000円も取るんだから良心的とは程遠いが。

MSTT1の副作用

定番だが、MSTT1に1ヶ月4,980~9,980円支払って「髪生えね~」とショックを受け絶望感にさいなまれることが最大かつ最高の副作用。

効果としての副作用は一切ないから安心して使え。

MSTT1の価格

薄毛やハゲに悩んで当サイトにたどり着いた方にはMSTT1をはじめ発毛効果のない育毛剤なんて死んでも使って欲しくない。価格に触れることで発毛剤に比べいかに割高な商品かを認識してもらいましょう。

商品名 内容量 初回価格 2回目以降の価格
単品購入 150ml 9,800円(税抜)
4ヶ月コース 150ml 2,980円(税抜) 6,480円(税抜)
9ヶ月コース 150ml 2,980円(税抜) 5,980円(税抜)
12ヶ月コース 150ml 2,980円(税抜) 4,980円(税抜)
(2018年3月現在)  

この成分の育毛剤が単品購入で税込1万円を超えるんだぜ…

薬用プランテルが定期コースで税込6,980円だから9ヶ月と12ヶ月ならMSTT1のほうが若干安い計算になりますが…髪が生えないんだから発毛効果を期待する人からすればドブに金を捨てるようなものなのは変わりない。

そもそも4ヶ月と12ヶ月の間が9ヶ月って…もやもやするわ。

MSTT1の総評・おすすめ度

MSTT1のおすすめ度は…ドゥルルルルルルルルル…バン!

星0個で~す。

この育毛剤に高い金を出して一体何がしたいんだ?というレベル。ちょろっとでも抜け毛が減ったり今ある髪が太くなったり成長が早まったりすればいいという育毛効果を望んでいるなら別だが。

外用薬であればミノキシジルだって副作用の心配はほとんどないんだから、1本1,700円くらいで買えるカークランドやミノキシジル16%のフォリックスFR16を使おうよ本当に。

個人輸入が不安ならリアップX5プラスでもいい。男性型脱毛症(AGA)を改善させたいならとにかく髪の毛が生えるというエビデンス(科学的根拠)がある商品を使うようにしてください。

育毛剤選びに悩み当サイトにたどり着いた方は育毛剤の甘い誘い文句に騙されず適切な判断をおこなっていただければと存じます。

そういえばMSTT1って当初「ヘアレーザープレミアム」という若干アレな育毛機器とセットで売られていましたが、あれはやめたのか?

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧