イクオスブラックシャンプーのコスパ悪い

イクオスブラックシャンプー高すぎ

イクオスといえば男性用育毛剤としては比較的安価とあって人気になっていますが、さらなる顧客獲得を狙って投入したであろうシャンプーは育毛剤とは異なりかなりコスパの悪いものになっています。

そもそもスカルプDなどの代表される育毛シャンプー(スカルプシャンプー)はどれも高価なことで知られており、個人的には「100%髪の毛が生えることはないものになんであんな金出さなければならないんだ?」と感じています。

そんな高価な育毛シャンプーの中でも特に高いのがイクオスブラックシャンプー。トリートメントと抱き合わせでの販売である上、内容量にも問題があります。

さて、それがどれほどのものなのかガッツリと見ていきましょうか。

イクオスブラックシャンプーの全成分

コスパうんぬん書く前に、まずイクオスブラックシャンプーが内容的にどの程度のものか量る必要がありますので、とりあえず全成分を見てみましょうか。

イクオスブラックシャンプー トリートメント
成分

コカミドプロピルベタイン
ココイルメチルタウリンNa
コカミドDEA
BG
ビワ葉エキス
オウゴン根エキス
ヒオウギエキス
アカヤジオウ根エキス
加水分解酵母エキス
ポリクオタニウム-51
ポリクオタニウム-10
ムラサキ根エキス
ザクロ果実エキス
スイゼンジノリ多糖体
スサビノリエキス
イチジク樹皮エキス
ウンシュウミカン果皮エキス

クズ根エキス
アロエベラ葉エキス
クロレラエキス
センブリエキス
オタネニンジン根エキス
カンゾウ根エキス
ラベンダー油
ニオイテンジクアオイ油
オレンジ果皮油
エタノール
クエン酸
グルコシルヘスペリジン
メントール
ブチカルバミン酸ヨウ化プロピニル
ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
グリセリン
フェノキシエタノール
エチドロン酸



水添ナタネ油アルコール
グリセリン
ペンチレングリコール
ダイマージリノール酸水添ヒマシ油
ジメチルステアラミン
オクチルドデカノール
ラウリン酸イソアミル
アルキル(C12,C14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl
乳酸
ビワ葉エキス
オウゴン根エキス
ヒオウギエキス
アカヤジオウ根エキス
加水分解酵母エキス
ポリクオタニウム-51
ムラサキ根エキス
ザクロ果実エキス
スイゼンジノリ多糖体
スサビノリエキス
イチジク樹皮エキス
ウンシュウミカン果皮エキス

クズ根エキス
アロエベラ葉エキス
クロレラエキス
センブリエキス
オタネニンジン根エキス
カンゾウ根エキス
ラベンダー油
ニオイテンジクアオイ油
オレンジ果皮油
メントール
グルコシルヘスペリジン
BG
フェノキシエタノール
エタノール

まず、一番重要かつ気になっている人が多いであろうシャンプーの成分から。

■洗浄成分(界面活性剤)

育毛シャンプーなど高価なシャンプーは市販の高級アルコール系洗浄成分とは違い、アミノ酸系洗浄成分を使うのがスタンダードとなっています。

これは「高級アルコール系洗浄成分は洗浄力が強すぎて頭皮に悪い」「アミノ酸系はマイルドで頭皮に良い」というシャンプーメーカー側の印象操作によって植え付けられたもの。それがある程度浸透した今、「高価なシャンプーはアミノ酸系」という不文律が出来上がっている。

で、イクオスブラックシャンプーの洗浄成分は…

  • ■コカミドプロピルベタイン
  • ■ココイルメチルタウリンNa
  • ■コカミドDEA

コカミドプロピルベタインはヤシ油由来のベタイン系洗浄成分で、アミノ酸系とも高級アルコール系とも相性が良く非常に多くのシャンプーで使用されています。

コカミドDEAはヤシ油由来のマイルドな洗浄成分で、一部では発がん性が取りざたされていますが、シャンプーごときにちょっと入っていたからといって問題にはならないから安心しろ。

肝心のアミノ酸系洗浄成分は「ココイルメチルタウリンNa」で、これもヤシ由来。

気になるのは、多くの育毛シャンプーが複数のアミノ酸系洗浄成分を組み合わせているのに対し、イクオスブラックシャンプーはこの1種のみ。

1種が悪いというわけではないが、コストはかかっていなさそうと感じてしまう。

■シャンプーのその他成分

洗浄成分以外に目を向けると、オウゴンエキスやヒオウギエキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、カンゾウ根エキスなど育毛剤でよく目にする成分が色々と入っています。

ただし、育毛剤に配合されている段階においてもこれらの成分に発毛効果は一切なく、シャンプーにこれらが入っていたからといって髪の毛が生えることは100%ないと断言しておく。

そもそもシャンプーは育毛・発毛が目的のものではないしな。

トリートメントに効果はあるのか?

トリートメントについては一般的な髪の毛のみを対象としたものではなく、髪の毛+頭皮を対象にしたもので、シャンプー後に髪と頭皮になじませマッサージしつつ1~3分放置後に洗い流すとある。

一応トリートメントの成分を髪や頭皮に浸透させるという目的らしく、その成分を見てみるとシャンプー同様育毛剤に使用されているものが散見されます。

もちろん発毛効果は一切ない。

頭皮環境を改善する目的とされているが、薄毛の人の頭皮環境に問題があることは稀。なぜなら薄毛はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンによって引き起こされるから。

中には頭皮に炎症を起こしてそれが抜け毛に繋がっている場合もあるが、そういった場合はケトコナゾールなど医薬品にも使われる薬用成分が入ったシャンプーを使うべきで、これら育毛剤に使われる程度の成分では荷が重い。

髪の生えない育毛剤と同じ成分をトリートメントという形で多少浸透させたからといって髪が生えることは当然ないし、頭皮環境改善効果という面においてもその効果は限定的。

そもそも薄毛や短髪の人間がリンスやトリートメントを使うメリットはない。むしろデメリットが散見されるため、髪を生やす効果はもちろん育毛効果すら期待できないトリートメントなど必要ない。

薄毛を解決しちゃうらしい

さて、こんなイクオスブラックシャンプーですが、公式サイトにはこんな興味深い文字があります。

イクオスブラックシャンプーが薄毛を解決?
出典:イクオス公式サイト


おいおい、薄毛を解決致しますって書いちゃってるよ…薬機法(薬事法)に引っかからないのか?…という疑問がふつふつと。

よくよく見ると「ノンシリコンによって髪の毛をふっくら立ち上げる」とある。

確かにノンシリコンだと髪の毛をサラサラにする効果はありません。良く言えば「ふわっと」、悪く言えば「キシキシゴワゴワ」になりますので、シリコン入りのシャンプーに比べればボリュームは出ます。

ただ、当然ならがこれは薄毛の解決にはなっておらず、上図のような表現って問題にはならないのか?

イクオスブラックシャンプーは発毛剤であるプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルといった医薬品どころか、育毛剤のような医薬部外品ですらないため、「薄毛を解決」という文言を額面通りに受け取れば薬機法違反になりそうだし、だからといってノンシリコンによってボリュームを出すことを「薄毛を解決する」と言っているのであればかなりまずい。

どっちにしろこの表現は問題あるように感じるが…まあ育毛剤に発毛効果がありそうな“雰囲気”を演出しているメーカーなんだから、このくらいはするだろうな。

イクオスブラックシャンプーの価格が高すぎる

さて、イクオスブラックシャンプーはいたって普通のアミノ酸系シャンプーであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

そこに文句を言うつもりはないが、それはあくまでも適正価格なら…という話。

商品名 内容量 価格
シャンプー&トリートメント単品 250ml+250ml 8,618円(税込)
シャンプー&トリートメント定期 250ml+250ml 5,918円(税込)
(2017年6月現在)  

高い…

しかも定価は税込12,980円らしいですよ。チャップアップとかイクオスは定価を思いっきり盛ってお得に見せる方法をとっていますが、シャンプーにもこの手法が踏襲されいます。アホくさい。

そもそもシャンプーとトリートメントの抱き合わせでしか購入できない時点で「は?」という反応にならざるを得ない。前述の通りトリートメントを使ったからといって髪が生えるわけではなく、こんなもん使うくらいならカークランドでも買って塗ったほうが安く済むうえ100倍効果が望める。

しかもシャンプー、トリートメント共に内容量は250ml。

薄毛に対する効果は一切ないものの、一応「医薬部外品」の体をとっているスカルプDですら350mlで定期3,315円。コンディショナーは一応存在するが当然抱き合わせではない。

クソ高いプレミアムブラックシャンプーでも400mlで定期4,666円。しかもこちらはリンス・コンディショナー不要となっている。

成分は凡庸、多くの人間が必要としないトリートメントを抱き合わせ、各々の内容量は250mlとかなり少ないのに価格は定期で5,918円。もちろん発毛効果も育毛効果もない。

価格を釣り上げてプレミアム感を出す作戦?

お得感の一切ないイクオスブラックシャンプー

イクオスブラックシャンプーを調べているうちにここにたどり着いたという人は他のサイトも見ていると思われ、その中では「シャンプーとトリートメントがセットでお得」とか「定価12,980円が5,480円!」という文言を目にしたのではないでしょうか。

それだけを額面通りに受け取れば一見お得に感じるかもしれませんが、他の育毛シャンプーに比べると、トリートメントとセット、内容量少ないなどデメリットが目立ち、ハッキリ言ってお得感は一切ありません。

仮にこれがシャンプーのみで半額の2,950円だったとしても内容量250mlでは高いと言わざるを得ず、一体何がしたいんだろうというのが正直な感想。

そもそも髪の毛が生えない育毛シャンプー(スカルプシャンプー)に3,000円も4,000円も出すことがナンセンス。

何となく気休めが欲しい、試しに使ってみたいというのであれば止めはしないが、薄毛を治したい、髪の毛を生やしたいというのであればこんな無駄なものはない。

発毛効果がない上に高価な育毛剤の使用ですら無駄なのに、育毛シャンプーて…

頭皮に炎症などの問題を抱えていて抜け毛が増えているなら素直に皮膚科へ、そうでない男性型脱毛症(AGA)であればフィナステリドやミノキシジルといった発毛剤しか効果がありません。

育毛業界に精通し自身もハゲと戦っている私個人の感覚としては、「薄毛を解決する」とのたまいコストパフォーマンスの悪い商品を売ろうとするイクオスブラックシャンプーの姿勢には憤りしか感じません。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧