アデランスのへアリプロで髪は生えない

アデランスもやっている育毛サロン

アデランスで髪は生えない

世の中には医学的根拠がないのに高額な費用を要求する育毛サロンが数多く存在します。こういったサービスは大手毛髪関連企業もおこなっており、アデランスもへアリプロなどを展開していますが髪の毛は生えません。

リーブ21に代表されるこういった育毛サロンは専門家がケアをするとあっていかにも髪の毛が生えてきそうな印象を受けますが、実際はそうではないのです。

なぜアデランスのへアリプロなど発毛サービスで髪の毛が生えないのか?

その内容はもちろん、医学的根拠など様々な面で検証し、料金が効果に見合わないことを証明していきましょう。

アデランスの育毛・発毛サービスとは?

かつやら増毛で有名なアデランスの育毛・発毛サービスは大きく分けて「へアリプロ」と「ヘアシーダU」の2つ。

それぞれどういったサービスなのかを見てみましょう。

■ヘアリプロ

ヘアリプロは典型的な育毛サロンのそれで、お決まりのヘアチェックからシャンプー、頭皮マッサージ、専用機器を使ったLED光の照射に加え育毛剤の塗布、生活習慣などのアドバイスを受けることができます。

流れを見てもらえば分かると思いますが、育毛に関してLED光の照射以外特に専門的なことはなく、私たちが自分でも行えることを専門のスタッフがそれらしい方法やグッズを用いて行うだけ。

もちろん髪が生えるという医学的根拠は一切ない

使用する育毛剤は言うまでもなく発毛効果の一切ない医薬部外品ですし、LED光の照射によって毛髪の成長を促すと謳うものの、その効果を客観的に示すデータはない。そもそもレーザー光などを当てて発毛促進なんて話は超胡散臭い育毛グッズのそれと変わらない。

まあ、そもそもヘアリプロは「発毛」を謳っているわけではなく、あくまでも「発毛サポート」なので、その時点で新たな髪の毛が生えると考える方が悪いのだが、育毛や発毛に知識のない人間からすれば育毛や発毛・発毛促進の違いが分かるはずもなく、「髪の毛が生えるのだろう」という期待を抱くに決まっています。

料金を見てみると…

コース 施術回数 料金
ベーシックコース 6~24回 142,560~466,560円
アドバンスコース 6~24回 162,000~518,400円
(2017年7月現在)  

1回あたりに換算すると20,000~27,000円くらいになるので、1ヶ月に2回通うと1年間で24回…つまり約50万円という計算になります。

医学的根拠のまったくないただの発毛サポート施術に年間50万円…ちなみにこの料金には自宅で使用する育毛剤やシャンプーは含まれていないので、別途アデランス製のこれら商品を勧められるのは言うまでもない。

■ヘアシーダU

こちらはちょっと変わり種のサービスで、髪の毛にセリシンという成分を浸透・定着させることにより太くしてボリュームを出そうというもの。

人工毛などを自毛に結びつける増毛に対し、こちらは自分の髪の毛を太くしようという試みであるため自然で安心感も強い点が魅力か。

ただ、効果は1ヶ月しか続かないため、これを維持するには毎月施術を行う必要が。また髪の毛を増やすわけではないので効果は限定的、かつ薄毛が進行し本数が少なければ少ないほど効果が実感しにくくなるのは目に見えています。

ちなみに料金は…

コース 施術回数 料金
6ヶ月コース 6回 129,600円
12ヶ月コース 12回 259,200円
(2017年7月現在)  

つまり1回あたり21,600円。

これをおこなってどの程度太くなるのか分かりませんが、死んだ細胞である髪の毛を強引に太くすれば破たんするのは目に見えてるし、どう考えても劇的に太くなることはありえない。

髪の毛がちょびっと太くなりボリュームやコシがアップする程度で、髪の毛は一切増えない…どころか薄毛の進行に身を任せる希望のない施術に1ヶ月21,600円…

リーブ21に比べれば良心的か

個人輸入を用いれば医学的根拠のある発毛剤が1ヶ月1,000~2,000円程度で使用できる昨今において、医学的根拠の全くない育毛サロンに1ヶ月数万円かけるとかナンセンスに感じますが、生える生えないを別にし人件費や広告費、材料費を考えれば妥当なお値段か。

凄まじく高額なことで知られるリーブ21に比べれば良心的と感じる点が2つ。

■料金がまし

リーブ21の本格的なコースだと1年で160万円くらいはかかりますが、アデランスのへアリプロなら1ヶ月2回施術を行っても約50万円。なんともお得~。

…というか、リーブ21があまりにもアレなだけで、ただ頭皮を健康に保つ程度の施術に1回2万円強というのは常識的に恐ろしく高価なのは間違いありませんけどね。

■発毛を謳っていない

これ、極めて重要な点なのですが、ヘアリプロはあくまでも育毛・発毛サポートというスタンスで、髪の毛が生える・発毛するとは一切謳っていない。

これは薬機法(旧薬事法)に照らし合わせても妥当な表現。仮に育毛サロンには薬機法が適用されないとしても、です。

一方でリーブ21はハッキリと「発毛専門」を謳い、高額な料金で施術するも、効果が見えないとプロペシアやミノキシジルといった発毛剤の使用を勧めてくるという質の悪い商法。

もちろんこれもリーブ21が極端に悪質というだけだが。

ただし、発毛を謳わず過度な期待を持たせないという点は評価できるものの、それと効果・価格は全くの別問題。この料金で発毛すらしないサービスを利用する価値は一切見出せません。

発毛させたいならアデランスに行っている暇はない

かつらや増毛で有名なアデランスはここでも取り上げたようにヘアリプロなどの育毛・発毛サービスもおこなっています。

しかしこれらはすべて自分の髪の毛を生やすものではない点に注意。

アデランスはヘアリプロなどの発毛サービスを通じて将来的にはかつらや増毛にシフトさせようと考えていると思われます。発毛しない以上、薄毛を隠そうと思えば当然そういった選択肢になってしまうでしょう

そうなるとアデランスに落とすお金は数百万円にのぼることが予想され、一生むしり取られる事に。

何度も言いますが、アデランス版育毛サロンともいえる発毛サービス「ヘアリプロ」で脱毛部分から新たな髪の毛が生えることはありません。それどころかこんなことに時間をかけている間にもどんどん薄毛が進行していく事を忘れないで下さい。

発毛剤も生えた髪の毛を維持するために使い続ける必要がありますが、海外製のジェネリック…例えばフィンペシア単品なら10年使っても10万円強で済みますし、ミノキシジルタブレットを組み合わせても20万円くらい。

髪の毛の生えないサービスに多額の費用をかけ絶望する人が少しでも減ってくれれば幸いです。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧