ダブルインパクト 生えない超高価育毛サプリ

一時メディアなどに取り上げられ話題になったイソフラボンとカプサイシンを摂取することでIGF-1を増やす育毛法。ダブルインパクトという育毛サプリはまさにそれを取り入れた商品ですが、当然こんなもので髪は生えません。

このダブルインパクト、イソフラボンとカプサイシンによるIGF-1(インスリン様成長因子)分泌を提唱した名古屋市立大学医学研究科教授の岡嶋研二教授の理論を使用しているとあって信頼性、注目度共に高いものでした。

しかしこれには色々とケチがついてしまい、宣伝方法にもいろいろと問題があることが露呈、しかも発毛はしないというツッコミどころ満載のおもしろサプリとなっていますので、詳しく見ながらほっこりしましょう。

ダブルインパクトの全成分

ダブルインパクトはイソフラボンとカプサイシンが別のボトルに入っている形になっており、この2つだけのシンプルセットと、これにローヤルゼリーと亜鉛を加えたスタンダードセットがありますが、ここでは一番の売りであるイソフラボンとカプサイシンのシンプルセットに絞ります。

まずはこの2つの全成分から。

カプサイシンボトル イソフラボンボトル

香辛料抽出物(カプサイシン)
オリーブ油
グリセリン
被包剤(ゼラチン)


大豆胚芽抽出物(イソフラボン)
コーンスターチ
ショ糖脂肪酸エステル
被包剤(プルラン)
着色料(二酸化チタン)

これを見ても分かるように主要な成分はカプサイシンとイソフラボンのみ。

つまりこの組み合わせによって髪が生えるとする自信があるとも取れます。しかしその根拠を見てみると…

■カプサイシンとイソフラボンの発毛メカニズム

カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取することで育毛効果があるとされるIGF-1(インスリン様成長因子)を増やすとして注目された理論。

ダイズに含まれるイソフラボンを摂取することでIGF-1の生成を促す「CGRP」という物質を増やし、唐辛子に含まれるカプサイシンが知覚神経を刺激し毛根でIGF-1を放出。

IGF-1は髪の毛をはじめ人体の若返り効果を持っているため、カプサイシンとイソフラボンによるIGF-1の増加が発毛に繋がるとする理論。

これだけ見るともっともらしく感じますし、大学教授が提唱する理論という信頼性の高さによって一気に広まり、多くの育毛サプリメントでカプサイシンとイソフラボンを含有するという動きが活発化しました。

しかしこの理論、後に豪快なケチが付くことに。

カプ+イソを提唱した教授は捏造により失職

この理論を提唱した岡嶋教授は熊本大学の元助教授で、後に名古屋市立大学の教授になりますが、平成23年に名古屋市立大学及び熊本大学で、複数の研究者の研究活動において不正や改ざんが疑われるという申立書が提出されます。

その中で19編の論文に改ざんなどの不正が見つかり、その19編すべてにおいて責任著者だったのが件の岡嶋元教授なのです。

これらについて岡嶋元教授が直接関与した証拠は見つからなかったものの、不正が行われた論文は数人の著者によって書かれたにも関わらずすべてにおいて責任著者が岡嶋元教授とあって不正に気付いていないとは考えられないと結論付け、8編の筆頭著者だった原田元准教授が懲戒解雇、岡嶋研二教授には停職6ヶ月が言い渡され、その後退職しています。

1人の部下が不正をおこなっていたのであればまだしも、それが複数人となれば上司である岡嶋元教授から何らかの働きかけがあったと考えるのが妥当。

そんな人間が提唱する発毛メカニズムに信憑性があるわけもなく、これを必死に擁護している育毛サイトはただ単に報酬の高いダブルインパクトを売りたいだけの無責任なアフィリエイターですので注意してください。

ちなみに、このメカニズムは一応特許を取っていますが、実験で使用されたのはマウスであって人間ではありません

人間ではなくマウスです。大事なことなので2回書きました。

薬事法に抵触しそうな表現を使っている

ダブルインパクトのホームページを見てまず驚いたのは、ダブルインパクトなんて医薬部外品の育毛剤ですらないただの健康食品にも関わらず薬機法(旧薬事法)に抵触しそうな表現を使っていること。

ダブルインパクトは薬事法違反
出典:コスデミー公式サイト


医薬部外品の育毛剤ですら「発毛」「髪が生える」という表現は薬機法違反になり、これが認められるのはフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3つの発毛成分のみ。

にも関わらずダブルインパクトはただのサプリメントにも関わらず「発毛」「生える」という表現を使っているのにはビックリしました。

発毛に関しては「90%」という表現だから許される? 「生える」と書いているだけで「髪が生える」とは書いてないから許される?

この辺の微妙なニュアンスについては私も白黒付けるだけの知識は持ち合わせていませんが、常識的には非常識かつ法令遵守の観念が希薄な育毛剤以外ここまで際どい表現を使うことはありません。

医薬部外品の育毛剤ですら許されるのは「育毛」「発毛促進」までで、サプリメントにこういった表現を使う時点で信用できない。

イソフラボンの限度量をオーバーしてないか?

ダブルインパクトはカプサイシンとイソフラボン以外これといった成分は配合されておらず、またイソフラボンに関しては含有量が書いています。しかしカプサイシンの含有量は不明。たった2種類なのに含有量もまともに書けないのかよ。

で、含有量が明記してあるイソフラボン、1粒あたり25mgを配合しており、1日に3粒飲むとされていますから、ダブルインパクトで摂るイソフラボンの1日の合計は75mgという計算になります。

しかしこのイソフラボン、厚生労働省では1日の摂取上限目安を70~75mgと設定しており、その中でサプリメントや健康食品などで摂取するイソフラボンの量は1日30mgを上限としています。

つまりダブルインパクトの1日75mgというのは1日の上限いっぱいの含有量で、食事のことまで考えれば厚生労働省が推奨する摂取量を毎日オーバーするのは確実です。

一般的なイソフラボンサプリメントであれば厚生労働省の見解を遵守し1日分30mgを超えることはないのですが、ダブルインパクトはそんなもんどうでもいいらしく、「他社と違い1粒で25mgも入っているぜ!」と誇らしげに書いている。

その割にカプサイシンの含有量は書かないのな。

ダブルインパクトの価格が凄まじく高価

さて、ここまでダブルインパクトのツッコミどころを色々と書いてきました。そして最後を締めくくるのは価格になります。

購入プラン 初回 価格
単品購入 10,800円(税込)
定期コース 5,400円(税込) 9,720円(税込)
(2018年3月現在)  

カプサイシンとイソフラボンしか入っていないサプリメントが10,000円だぜ!

カプサイシンやイソフラボンなんてネイチャーメイドとか海外製のお徳用を使えば両方買ったって1ヶ月2,000円くらいに収まるのにダブルインパクトは10,000円。

ダブルインパクトはイソフラボンが上限値オーバー、カプサイシンは含有量不明で10,000円。一方、自分で個別にサプリメントを買えばイソフラボンの上限含有量は守られているしカプサイシンの量も明記してあるのを選べて約2,000円。

捏造が疑われる元教授が提唱し、発毛効果すらないのに10,000円。

こんな厚顔無恥なサプリメントにはなかなか出会えないですよ。

絶対に使うなダブルインパクト

とにかく、調べれば調べるほどため息しか出ないダブルインパクト。

そもそもハゲは遺伝の要素が大きいためそう簡単にどうにかできるものではなく、育毛サプリで髪が生えるなんて考えるのが間違っているのに、そこへ来てこのツッコミどころ満載なダブルインパクト。

薬機法(薬事法)はクソくらえ、厚生労働省が決める上限量もクソくらえ。捏造が明るみに出た元教授の理論を今でも振りかざして価格は10,000円。

一応書いておくが、イソフラボンサプリメントの1日の限度量30mgというのは、納豆1パックや豆腐半丁に含まれるイソフラボンの含有量より少ない。つまり毎日納豆を食べていればサプリメントなんて飲む必要すらないということになり、しかも納豆にはビタミンB群や亜鉛、アミノ酸など髪に必要な栄養素も豊富。

ハッキリ言ってしまえば、毎日朝食にキムチ納豆でも食べていれば十分で、体や財布にとってもこちらの方が遥かに良い。

ただ、それはあくまでも「ダブルインパクトの表現や価格に問題がある」という話。そもそもイソフラボンやカプサイシンでは髪の毛は生えないので、本気で発毛させたいなら素直に発毛剤を使うようにしましょう。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧