ぐんぐん 含有量表記ないダメサプリ

ネーミングセンスからして残念

ぐんぐんで髪は生えない

育毛サプリメントといえば多くの成分を配合し“何となく髪が生えそうな雰囲気”を醸し出し高い価格で売りつけるのが定番ですが、ぐんぐん(gungun)はやや安い価格設定と発毛効果が一切ないことが特徴のサプリメント。

そもそも「ぐんぐん」という名前、子供の成長をサポートする食品かと勘違いするほどダサい名前で、小〇製薬並みのネーミングセンスの無さ。

そして他の育毛サプリに比べ若干安い価格設定が大きな強みですが、それを差し引いても成分構成はしょぼいの一言。そんな素敵な育毛サプリぐんぐん、どれほど魅力的なのかじっくりと見てみましょう。

ぐんぐん(gungun)の全成分

育毛サプリメントを語る上で成分はなにより重要な要素なので、まずはぐんぐんの全成分を見てみます。

ぐんぐん(gungun)
成分
ノコギリヤシエキス未
還元麦芽糖水飴
デキストリン
菊芋
コラーゲンペプチド(ゼラチン由来)
根昆布末
大豆抽出物(イソフラボン含む有)
高麗人参抽出物
香辛料
粉末セルロース
L-アルギニン
VC
L-リジン塩酸塩
ナイアシン
二酸化ケイ素
ステアリン酸Ca
パントテン酸
L-ロイシン
L-バリン
L-イソロイシン
緑茶抽出物
V.B1
V.B6
V.B2
V.B12

思いのほかまともな成分を使っている印象で、ノコギリヤシやイソフラボン、カプサイシン、コラーゲンなど定番の成分がある程度しっかり入っており、5種のアミノ酸に加え、ナイアシンやパントテン酸を含め6種のビタミンBも含有。

亜鉛が入っていないのは珍しい。

まあこれらで髪の毛が生えるわけではありませんが、一応主要な成分を簡単に解説しておきましょう。

■ノコギリヤシ

育毛サプリメントを書くたびにノコギリヤシのことを書かなければいけないほどのド定番成分であるコレ。もううんざり。

発毛剤フィナステリド同様5αリダクターゼを阻害し薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があるとされ、DHTが原因で引き起こされる前立腺肥大症の改善が目的のサプリメントから転用された経緯もフィナステリド同様。

欧州では前立腺肥大症の治療薬として使われているなどDHT抑制効果を前面に押し出したりされるも、日本の厚生労働省ではその効果を否定しており、前立腺肥大症に効かないなら薄毛に効果があるとは到底思えない。(→ノコギリヤシはハゲにまったく効果なし

でも育毛サプリの定番成分。
これを入れないと育毛サプリメントとして説得力が出ない風潮があるのだろう。

■イソフラボン&カプサイシン

ぐんぐんの成分にカプサイシンが見当たらないんだが、公式サイトにはイソフラボンとカプサイシンが入っていると書いているので、「香辛料」がそれっぽい。

イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取するとIGF-1(インスリン様成長因子)が増え発毛に繋がるという説が一時流行ったが、このふたつをメインにしたサプリメント「ダブルインパクト」でもボロクソ書かたように、これを提唱した教授は後に様々な論文で捏造が発覚している。

超今さら感。

■コラーゲンペプチド

頭皮をはじめ皮膚の70%はコラーゲンで出てきているため、元気な髪の毛を生やすための健康な頭皮を作るのに欠かせない気にさせる成分。

でも、残念ながらコラーゲンを経口摂取しても大半はアミノ酸にまで分解されるため効果はほとんど期待できず、「低分子のコラーゲンなら効果がある」とか謳っているものの多くはそれに関連した商品を売りたいだけ。

仮にコラーゲンのお陰で頭皮に弾力や水分量が増えたとしても、それが発毛に繋がるとは到底思えない。

■菊芋

菊芋に含まれる「イヌリン」は水溶性食物繊維の一種で小腸で糖の吸収を抑制する効果があるため血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

…だから何?

糖尿病対策のサプリメントにはよく使われる菊芋やイヌリンですが、育毛サプリに使われるのは珍しく、「なんのために入っているの?」というのが率直な感想。

イヌリンは血糖値を下げるインスリンに近い働きをし、育毛分野でも成長因子として使われるIGF-1を増やす効果があるという噂がネット上でまことしやかに語られていたりします。

これは「血糖値を下げる→インスリン的な働きをする→IGF-1(インスリン様成長因子)を増やす」という連想から生まれたものと推測されますが、糖尿病からの観点でイヌリンがIGF-1を分泌するなんて話は聞いたことがなく、実際調べてみても育毛関連サイトだけが勝手に書いていることが見て取れます。

厳密にイヌリンは血糖値を下げるのではなく、上昇を抑制する、もしくは上昇を緩やかにする効果が見込めるもので、IGF-1を分泌するなんてデマもいいところ

成分の含有量を一切明記していないぐんぐん

まあそこそこ定番かつ平凡な成分が入っているぐんぐん。

そもそもそれらの成分で発毛することがないのは言うまでもありませんが、一番の問題かつこの育毛サプリがダメな点は成分の含有量を一切書いていないところ

発毛しない育毛サプリの代名詞であるチャップアップサプリ同様、主要な成分の含有量を書かないサプリってバカじゃないのっていう印象しか受けない。

まあカスみたいな量しか入っていないから書けないんだろうけど

100円ショップに売っているようなサプリメントですら成分の含有量くらいは明記しているのに、5,000円とかするような育毛サプリが含有量を表示しない神経って分からないし、それを気にせず買う人間もどうかと思う。

しっかりとした量が入っていれば宣伝効果も兼ねて明記するのが当然ですし、それができないということは…察しましょう。

ぐんぐんの価格

さて、含有量すら明記できないぐんぐんの価格ですが…

購入プラン 送料 価格
単品購入 540円 5,980円(税込)
定期購入 無料 3,980円(税込)
(2017年3月現在)  

定期コースなら育毛サプリメントとしてまあまあ安い水準。

ただ、それはあくまでも無駄に高価な育毛サプリメントの中では安めという相対的な話であり、こんなもんと違いしっかりとした発毛効果があるフィンペシアとかが1ヶ月1,000円以下で使えることを考えると、ぐんぐんがいかに高くコストパフォーマンス最悪かが分かる。

ぐんぐんがもっともプッシュする育毛サプリの超定番成分ノコギリヤシすら含有量不明。そんなものに4,000円とか、もう馬鹿じゃないのかと。

髪を生やしたいならぐんぐんなど使うな

ぐんぐんに限ったことではないが、育毛サプリメントは主要な成分ですら含有量表記していないものが多く、それでいて価格は5,000円以上するんだからボロい商売だな~と感じます。

ハゲに悩みながらも育毛関連商品に詳しくない人はそういったものを買ってしまうだろうな…

そもそもほとんどの育毛サプリが採用しているノコギリヤシなんかよりフィナステリドを使った方がはるかに効果が高いのに、それでもノコギリヤシが良いという人はやはり副作用を懸念してのことなのか。

どうしてもノコギリヤシを使いたいのであれば1錠に540mgと一般的なサプリメントの倍近いノコギリヤシが入っていて、それが250錠2,000円程度で買えるソ―パルメットを強くおすすめします。

ノコギリヤシは1日300mg程度が良いとされているから1錠で十二分な量が摂取でき、単純計算で8ヶ月以上持ちます。つまり1ヶ月250円くらい。

含有量すら明記できないぐんぐんよりよっぽど効果あるでしょうし、何より安いので効き目がなくても納得できるでしょう。

ソーパルメット540mg250錠の詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧