イクオスのアルガス2に発毛効果なし

イクオスリニューアルで配合されたアルガス2

イクオスのアルガス2に効果なし

Algas-2(アルガス2)とは2016年9月に大幅リニューアルした育毛剤イクオスに新たに配合された成分で、従来から配合されていた一切発毛効果のない保湿成分M-034にペルベチアカナリクラタという別の海藻エキスを加えて適当に命名した成分です。

イクオスの高額アフィリエイト報酬に釣られ9月のリニューアルに合わせて多くのアフィリエイターが一斉に提灯記事を書いたためすでにネット上にはアルガス2に関する情報が溢れており、私も育毛関連サイトでは我先にと提灯記事を必死に書きましたとも、ええ。

アルガス2(Algas-2)www(バカっぽく)

さて、そんなイクオス渾身の新成分アルガス2。どのくらい素晴らしい効果があって、どれほど失笑させてくれるのか詳しく見ていきましょう。

アルガス2(Algas-2)とはどんな成分?

冒頭で簡単にアルガス2について取り上げましたが、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

アルガス2の2つの海藻エキス

リニューアル前からイクオスに配合されているM-034は、ブブカやチャップアップなどにも配合されているミツイシコンブ由来の海藻エキスで、下図のようにミノキシジルと同等の育毛効果があるとして人気の成分です。

M-034の育毛効果

ただの保湿成分ですけどね。

まあこれ自体のデータに明確な根拠がない上に、赤線で示したように生えてくるスピード勝負という意味の分からないものになっていますけどね。

そしてアルガス2を構成するもう一つの海藻エキスがリニューアルで新たに配合した「ペルベチアカナリクラタエキス」で、強い生命力と保水力を有する成分らしい。

ただの保湿成分ですけどね。

この2つの海藻エキスが生み出す相乗効果によって新たなイクオスはこれまでにない発毛促進効果を発揮し、多くの人が実感する大きな効果をもたらすのです。

もちろん一切の発毛効果はなく髪を生やすという面で効かないのは間違いありませんが。

■アルガス2はM-034とペルベチアカナリクラタエキスの総称
■海藻エキスはただの保湿成分

発毛効果を実感できないアルガス2(Algas-2)

2016年9月にリニューアルしたイクオスはアルガス2という新たな成分を手に入れ、それによって今まで好評だった効果をさらにパワーアップさせることに成功し、それが下図のデータになります。

イクオスのアルガス2効果

なんとここでは発毛剤であるミノキシジルはもちろん、ミノキシジルの3倍の育毛効果があるとほざくキャピキシルをも上回る高い育毛効果を発揮…と思いきや、「違いが出たと感じた方」らしい。

「違いが出た」という表現ならハゲが改善しても進行しても当てはまります。

ちなみに右下にはいかにも第三者機関が調査したように「千葉頭皮環境研究会調査データ」とありますが、検索してもいっさい引っかからないため、そういった独立した機関が存在しないのは間違いなく、内部データか息のかかった企業によるそれっぽいデータの可能性も。

そもそもキャピキシルなんて胡散臭い化粧品成分が発毛剤であるミノキシジルより効果が出ているというデータの時点でお察し。

■Algas-2を配合したイクオスのデータに対する信憑性には様々な疑問が
■Algas-2が優れているというデータは発毛効果を対象にしたものではない

Algas-2(アルガス2)に副作用はあるのか

ありません。

「ワカメやコンブなどの海藻を食べると髪が生える」というなんの根拠もない都市伝説同様、海藻から抽出したエキスを頭皮に塗って出る副作用など、普段ではありえない液体を塗ることによる「かゆみ」や「かぶれ」程度で、副作用と呼べるようなものはもちろん発毛効果の存在すら考えられないでしょう。

もちろんそれはポジティブなものではなく、「副作用がないものに目立った効き目はあるはずはない」という常識を当てはめたもので、つまりは「発毛効果なし=副作用なし」ということになります。

常識的に考えて強い作用のあるものは、それによって今まで維持されていた何かしらのバランスが崩れることを意味し、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制するがゆえに性欲減退や勃起障害を起こす可能性があるプロペシア(フィナステリド)や、血行促進や多毛症による発毛が期待できる反面低血圧やめまいといった副作用が出る場合があるミノキシジルを見れば明らかです。

「副作用はないけど髪は生える」なんて都合の良いことなど存在しないことは医学分野において常識で、アルガス2なんていかにも専門的っぽい名前を付けていたって所詮は保湿成分、副作用も発毛効果もありません。

Algas-2(アルガス2)に使う価値はあるのか

価値観は人それぞれなのでAlgas-2(アルガス2)を配合したイクオスを使う価値があるのかどうかの判断もまた各々によって異なると思います。

いかにも効きそうなデータや文言を並べただけで実際はこれといった発毛効果のないAlgas-2(アルガス2)という保湿成分を含んだ“水”に価値を見出すのであれば使ってみても良いのかもしれません。

ただ、先ほども書いたように効果と副作用は表裏一体で、副作用を感じるかどうかは人によって異なるものの、基本的に高い効果のあるものには実感の有無はさておき必ず副作用もあるもの。

大規模な育毛サイトを運営し様々な発毛剤、育毛剤に触れ、なおかつ自分も薄毛に悩んでいるからこそ、髪の毛が抜けてしまったところからの発毛を本気で望んでいるのであれば、「Algas-2(アルガス2)」といういかにも専門的な名前を付けているだけの保湿成分に惑わされてほしくないと感じます。

何度も言いますが、Algas-2(アルガス2)は発毛成分ではありません。

投資などと同様に高いリターンを期待できる商品は必ず高いリスクが存在するもので、どんな分野においてもローリスクハイリターンなどありえないように、副作用はないけど髪は生えるなんて都合の良いことは存在しません。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧