髪が生える効果は発毛剤にしかない

育毛剤はどんなに頑張っても発毛剤にはなれない

日本において「発毛する」「髪が生える」と認められ、それを謳うことができるのは発毛剤のみで、その発毛の成分として認められているのはフィナステリドとデュタステリド、そしてミノキシジルの3つのみとなっています。

つまりドラッグストアやネット上に溢れている育毛剤や養毛剤などはすべて髪が生える効果はないことを意味しています。

特にネット専売の育毛剤は過剰とも思えるほどの宣伝と薬事法ギリギリの表現を用いていかにも髪が生えそうなことを匂わせていますが、育毛剤はしょせん育毛剤。発毛剤には決してなれません。

いかにそれっぽい効果を謳っても発毛剤との間には越えられない壁があるのです。

発毛剤にも色々な種類がある

冒頭でも書いたように基本的に発毛剤の成分はプロペシアやフィンペシアなどに使われるフィナステリド、ザガーロやデュタスなどのデュタステリド、そしてリアップやミノタブなどに使われるミノキシジルの3つしかありません。

しかし個人輸入を用いた発毛剤であれば日本のプロペシアなどに比べ遥かに安く、また成分の含有量が違ったり、製造国が違ったり、ミノキシジルであれば外用薬と内服薬があったりと種類は豊富にあり、価格もそれぞれ違ってくるので選択肢は豊富に用意されています。

「海外製は安全性が…」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、発毛剤のジェネリックの多くを作るインドやタイの製薬会社は世界中に生産拠点を持つ大企業で、日本の育毛剤メーカーの大半を占める胡散臭い中小企業に比べれば遥かに信頼性は高くなります。

ここではそういった様々な発毛剤をできるだけ多く紹介していきますので、その中からご自分に合ったものを選び薄毛治療に役立てて下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧