育毛シャンプーなど使うだけ無駄

世の中にはハゲの弱みに付け込み、いわゆる「育毛シャンプー」と呼ばれるものが溢れておりますが、そもそも育毛シャンプーというカテゴリは存在せず、厳密にはこの呼び方は薬事法に反しています。

そのためメーカー各社は「スカルプシャンプー」とお茶を濁した表現を使うわけですが、その宣伝文句を見ると発毛効果っぽいものを謳うものの多いこと多いこと。

まあその辺は育毛剤の分際で発毛効果を匂わす育毛剤も同じですけどね。

問題は個人などのアフィリエイト報酬を目的とした育毛関連サイトで、ハッキリと「発毛効果がある」と書いているものも散見されます。個人の感想であれば薬事法に引っかからないとはいえ、育毛効果すらまず期待できないものにこの表現は明らかに悪意を感じます。

ここでは皆さんが高額かつ育毛効果すらない“育毛シャンプー”に騙されて無駄なお金を使わないよう、個別の商品に対しどう育毛効果がないのか具体的に斬りまくっていきたいと思います。

なお、その際に便宜上「育毛シャンプー」という言葉を使う事も多いと思いますが、シャンプーに発毛効果はもちろん、育毛効果すら一切ないことを重ねて書いておきます。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧