デブとハゲ 無視できない2つの関係

デブとハゲの関係

男性の場合薄毛の原因のほとんどは遺伝や体質によるものであるため、生活習慣や食生活といった要素が絡む余地はそれほどありません。しかしこと「肥満」に関しては要因的にも私自身の経験からも薄毛の原因になりうると言わざるを得ません。

私の周囲には男女問わずデブがそれなりにいますが、「ややぽっちゃり」「小太り」というレベルではなく明らかなデブの場合、これまた男女問わず薄毛の割合が非常に多くなります。

体重の目安でいうと、身長170cmの男性で90kg超とか身長160cmの女性で70kg超というレベルになるでしょうか。

当然薄毛と肥満の関係性には感覚的なものだけではなく、しっかりとした理由に裏打ちされたものがあります。それを少し見ていきましょう。

生活習慣と薄毛にほとんど関連はない

私自身が運営する薄毛関連サイトでも、他の人が運営するものでも「生活習慣や食生活の乱れはハゲの元」とする見方が大勢を占めていると思います。

ただ、ぶっちゃけてしまうとそれは薄毛の人の不安を煽って育毛関連商品を買わせようという思惑も見え隠れしており、実際私も「多少生活習慣や食生活が乱れてもハゲないよ」と内心思いつつも「生活習慣で薄毛に~」と書いていたりします。

そう、多少の生活習慣や食生活の乱れ程度では薄毛になる可能性はほとんどないものの、それが「ドカ食い」「栄養バランスの乱れ」「運動不足」など相当ひどい状況になった結果が肥満。そこまで来ると髪に影響がないとは言い切れません。

遺伝による5αリダクターゼの分泌量やジヒドロテストステロン(DHT)の感受性が大きな原因である男性型脱毛症(AGA)にとって育毛関連のサイトや書籍で語られる1つ1つの要因が与える影響などほとんど考える必要はありません。

しかし肥満というのはそれらの要因の多くを内包しており、食生活や生活習慣の乱れですらほんの一部でしかないのです。

例えば「皮脂や汗などで頭皮が汚れたり毛穴が詰まったりすると薄毛になる」など薄毛の不安を煽る典型的なもので、汗をかきやすい肥満はこれにも該当します。しかし皮脂が毛穴に詰まっても薄毛にならないことはすでに知られた話。

食生活の乱れや運動不足なども直接的に影響することは考えられません。それらを関連付けるデータや研究結果が無いことからも明らかです。

そう、肥満と薄毛を直接結びつけるものは生活習慣や食生活、飲酒、喫煙などではなく、別のところにあるのです。

肥満でハゲる可能性がある理由

様々なハゲの原因を併せ持つとされる肥満。データに照らし合わせれば生活習慣や食生活の乱れ程度で薄毛になることは考えられません。ならば何が原因なのか?

肥満が髪の毛に与える影響として憂慮されるのが血管障害によるものでしょうか。

デブの血管はボロボロ

肥満になると、そうでない人に比べ糖尿病のリスクが5倍になるといわれ、高血圧に関しても2~3倍発症リスクが上がりますし、高脂血症(脂質異常症)にもかかりやすくなります。

肥満による高血糖や高血圧、高脂血症はメタボリック症候群の典型でもあり、これらはすべて血管内皮を傷つけ厚く狭くしてしまう動脈硬化の原因となります。

そうなると頭皮の血行が悪くなるのみならず、高血糖によって毛細血管が壊死してしまう可能性も考えられ、血流は悪化する一方に。

血流を悪くしてしまうタバコが一時的なものなのに対し、これらの病では恒久的なものになりますから、さすがにここまで来ると髪の毛への影響は無視できないものになる可能性が。

健康的なハゲが頭皮への血行を促進したところで薄毛を改善する効果など期待できないが、病的な血流悪化であれば影響がないとは言い切れないのです。

インスリンが増えるとハゲる?

肥満の人に多い糖尿病という病気は誰しもが耳にしたことがあると思います。

この糖尿病は血液中の糖を細胞内に取り込むインスリンの分泌が減ったり、肥大化した脂肪細胞によりインスリン抵抗性が高まり効きが悪くなったりして血液中の糖濃度が高くなる病気。

インスリン抵抗性によってインスリンの効きが悪くなると、膵臓は血糖値を下げるためにインスリンを多量に分泌します。その増えすぎたインスリンがAGAの原因であるDHTを増やしてしまうという研究結果もあります。

では膵臓が弱りインスリン分泌能が落ちている場合の糖尿病であれば薄毛は改善するのかと問われれば答えは「?」になってしまうため、あくまでも推測の域を出ませんが。

多くの要因の積み重ねでハゲる?

当サイトは基本的に生活習慣や食生活などの影響ではハゲないというスタンスを取っています。理由は簡単、生活習慣や食生活と薄毛を関連付けるデータが存在しないから。

そもそも男性の薄毛のほとんどを占めるAGAは遺伝によって左右されるDHTの数や感受性が原因なので、生活習慣が入り込む余地はほとんどありません。

ただ、肥満ともなれば過度な食事を行っているのは間違いなく、そこに運動不足や生活習慣の乱れが重なっているケースも多いでしょう。そういった要因が幾重にも重なった結果薄毛を引き起こしているという説を完全否定することはできないのかもしれません。

とはいえ、食べる量が多いということは髪の毛に必要な栄養も十二分に摂っていることになりますので、色々と矛盾が生じるんですよね。

肥満は血管や血液への悪影響も甚大ですし、肥満に大きく関わるインスリンが男性ホルモンに何らかの影響を与えているという研究結果やデータが存在するため、生活習慣や食生活はあくまでも間接的な要因と見るべきか。

肥満と薄毛を関連付けるデータが存在?

これまで肥満による糖尿病や高血圧といったメタボリック症候群とAGAの関連を調べた研究はいくつか行われているものの、関連を肯定するもの、否定するものが存在し実証には至っていませんでした。

しかし、2012年にスペインで行われた第16回毛髪研究学会では、肥満や糖尿病などメタボリック症候群とAGAとの関連性を示すデータが発表されています。

ただ、これを否定する研究結果も過去に出ているため、必ずしもこれを鵜呑みにすることはできません。

もっと活発に研究が行われれば関連性の有無が見えてくるのでしょうが、現在のところこういった研究は少ないのが実情。

命にかかわる糖尿病や高血圧、肥満と、生命とは全く関係がないハゲの関連性など調べるだけ時間の無駄といったところなのでしょうか。

これらの関連性を調べても「金にならない」というのが本音なのでしょう。

薄毛と肥満の関係は無視できない

ネット上に溢れる育毛サイトと違い当サイトでは効き目のほとんどない育毛剤などを売り込むことを目的としていないので、基本的に過度に不安を煽るようなことは書かないようにしています。

しかし肥満に関してはさすがに「影響がある」と言わざるを得ません。身の回りの人間を見ても老若男女問わずデブにはハゲが多いから。20代でも余裕でハゲてる。

肥満で薄毛の人はそれほど多いのです。

男性の場合は遺伝によるハゲの陰に隠れている場合も多々あるでしょうが、女性の場合は肥満による影響がもろに出やすく、太っている女性に「全体的に髪が薄いな」と感じる人が多いのはこのせいだと推測されます。

女性の薄毛の場合女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関わっているとされます。そして肥満はホルモンバランスを乱すことが立証されています。肥満女性に生理不順や無月経が多いのはそのため。

男女問わず肥満は血管を著しく傷つけますし、脂肪細胞によるインスリン抵抗性など内分泌の影響も無視できません。

そう、薄毛の要因のオンパレードである肥満は、仮にハゲの遺伝子を持っていない人でもハゲさせてしまう可能性を秘めているのです。

デブでハゲている人は発毛剤の使用以前に、まずは生活習慣や食生活を見直し痩せることを第一に考えたほうがいいのかもしれません。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧