デブとハゲ 無視できない2つの関係

太っている人はハゲるのか?

男性の場合薄毛の原因のほとんどは遺伝や体質によるものであるため、生活習慣や食生活といった要素が絡む余地はそれほどありません。しかしこと「肥満」に関しては要因的にも私自身の経験からも薄毛の原因になりうると言わざるを得ません。

経験則として私の周囲には男女問わずデブがそれなりにいますが、「ややぽっちゃり」「小太り」というレベルではなく明らかなデブの場合、これまた男女問わず薄毛の割合が非常に多くなります。

体重の目安でいうと、身長170cmの男性で90kg超とか身長160cmの女性で70kg超というレベルになるでしょうか。

当然薄毛と肥満の関係性には感覚的なものだけではなく、しっかりとした理由に裏打ちされたものがあります。それを少し見ていきましょう。

肥満の人が薄毛になってしまう理由

私自身が運営する薄毛関連サイトでも、他人が運営するものでも「生活習慣や食生活の乱れはハゲの元」とする見方が大勢を占めていると思います。

ただ、ぶっちゃけてしまうとそれは薄毛の人の不安を煽って育毛関連商品を買わせようという思惑も見え隠れしており、実際私も「多少生活習慣や食生活が乱れてもハゲないよ」と内心思いつつも「生活習慣で薄毛に~」と書いていたりします。

そう、多少の生活習慣や食生活の乱れ程度では薄毛になる可能性はほとんどないものの、それが「ドカ食い」「栄養バランスの乱れ」「運動不足」など相当ひどい状況になった結果が肥満であり、そこまで来るとさすがに髪に影響がないとは言い切れません。

遺伝が大きな原因である薄毛にとって育毛関連のサイトや書籍で語られる1つ1つの要因が与える影響などほとんど考えなくていいものの、肥満というのはそれらの要因の多くを内包しており、食生活や生活習慣の乱れですらほんの一部でしかないのです。

例えば「皮脂や汗などで頭皮が汚れたり毛穴が詰まったりすると薄毛になる」など薄毛の不安を煽る典型的なもので、汗をかきやすい肥満はこれにも該当します。

そんな様々なハゲの原因を併せ持つ肥満の中でも特に影響が憂慮されるのが血管障害によるものになります。

糖尿病や高血圧はハゲの元

肥満になると、そうでない人に比べ糖尿病のリスクは5倍になるといわれ、高血圧に関しても2~3倍発症リスクが上がりますし、高脂血症(脂質異常症)にもかかりやすくなります。

肥満による高血糖や高血圧、高脂血症はメタボリック症候群の典型でもあり、これらはすべて血管内皮を傷つけ厚く狭くしてしまう動脈硬化の原因となります。

そうなると頭皮の血行が悪くなるのみならず、高血糖によって毛細血管が壊死してしまう可能性も考えられ、血流は悪化する一方に。

血流を悪くしてしまうタバコが一時的なものなのに対し、これらの病では恒久的なものになりますから、さすがにここまで来ると髪の毛への影響は無視できないものになります。

薄毛と肥満の関係は無視できない

こことは別に私が運営する育毛関連サイトと違い当サイトでは効き目のほとんどない育毛剤などを売り込むことを目的としていないので、基本的に過度に不安を煽るようなことは書かないようにしていますが、肥満に関してはさすがに「影響がある」と言わざるを得ません。

それほどデブにはハゲが多いのです。

男性の場合は遺伝によるハゲの陰に隠れている場合も多々あるでしょうが、女性の場合は肥満による影響がもろに出やすく、太っている女性に「全体的に髪が薄いな」と感じる人が多いのはこのせいだと推測されます。

薄毛の要因のオンパレードである肥満は、仮にハゲの遺伝子を持っていない人でもハゲさせてしまう可能性を秘めています。

デブでハゲている人は発毛剤の使用以前に、まずは生活習慣や食生活を見直し痩せることを第一に考えたほうがいいかもしれません。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧