男性の薄毛原因のほとんどは遺伝

様々な要因が重なって薄毛になると言われるが…

男性のハゲてしまう原因は遺伝が大きく影響している―

父親の寂しい髪の毛を見て「俺も将来的にはああなるんだろうな…」と感じたり、どんな薄毛対策をしても効果が見えなかったりで、「やはりハゲは遺伝なのか…」と肌で感じている人は多いのではないでしょうか。

しかしネット上に踊る薄毛サイトや書籍には「生活習慣や食生活を改善すればハゲは治る」「遺伝や体質の影響はそれほど大きくない」という我々ハゲに期待を持たせる文言が目に付くと思います。

実際のところハゲと遺伝の関係はどのていど深いものなのか?

男性のハゲの大半や遺伝や体質によるもの

まずハッキリ言ってしまうと、男性のハゲの原因は遺伝や体質がほとんどです。

身も蓋もなく、また希望を断ち切るような印象を受けるかもしれませんが、「これに気を付ければハゲは治る」「この成分を摂れば薄毛は改善する」といった文言は商品や本を売りたいがためのセールストークで、実際は男性のハゲのほとんどが遺伝と思って間違いありません

なぜそう言い切れるか?

それはこのサイトとは別の薄毛関連サイトで育毛剤をバンバン売っている私の経験はもちろん、当サイトは育毛剤やサプリメントう売りつける気はまったくないこと、そして遺伝説を裏付ける根拠があるからです。

なぜ男性のハゲのほとんどは遺伝なのか?

ハゲの遺伝子は顕性遺伝(優性遺伝)?

「遺伝」と一口に言ってもその伝わり方は様々で、中でも「顕性遺伝(優性遺伝)」や「潜性遺伝(劣性遺伝)」という言葉は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?そして「ハゲは顕性遺伝(優性遺伝)」なんて噂を聞いたことはありませんか?

薄毛に関しての潜性遺伝(劣性遺伝)は両親とも薄毛の遺伝子を保有しており、なおかつ薄毛の遺伝子を持つ染色体を両親から受け継いだ場合のみ発症するもので、単純な確率では両親とも薄毛の遺伝子を1つずつ持っているケースでは25%の発症と少なくなります。

一方、「顕性遺伝(優性遺伝)」は両親から受け継いだ染色体のどちらかに薄毛の要素があればAGAを発症するというもので、仮の両親が1つずつ薄毛の遺伝子を持っているとするなら、薄毛になる確率は75%と跳ね上がります。

ハゲの顕性遺伝(優性遺伝)と劣性遺伝

しかし「女性はX染色体を2つもつ」「男性はXとY染色体を1つずつ持つ」という特徴があるので、上記の25%、75%という考え方は薄毛には当てはまりません。

もうちょっと詳しく見ていきましょう。

遺伝で薄毛の何が伝わるのか?

男性への薄毛の遺伝は優性であるためリスクが高いことは分かっていただけたと思いますが、ではこの遺伝によってなぜ薄毛になってしまうのでしょうか?

男性の薄毛の多くを占めるAGA(男性型脱毛症)はテストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼ(5α還元酵素)という酵素が結びついて生まれるジヒドロテストステロン(DHT)が原因となり、よく言われる「男性ホルモンが多いからハゲる」というのは間違いです。

つまりテストステロンをいくら多く持っていようがDHTが少なければ薄毛にはならず、そのカギを握るのが「5αリダクターゼ」で、この分泌量というのがまさに遺伝で伝わる薄毛の原因の最たるものなのです。

男性は体の仕組みとして多くのテストステロンを持っているため、5αリダクターゼの量こそがハゲるかハゲないかを大きく左右します。

アンドロゲンレセプター

5αリダクターゼの量と並んで重要になる要素がもうひとつあります。それがアンドロゲンレセプターの量や感受性

どんなにDHTが多くても、それに体が反応しなければAGAが引き起こされることはありません。そしてその反応具合を決めるのが男性ホルモン受容体ともいえるアンドロゲンレセプターなのです。

まだ不明瞭な点も多い5αリダクターゼの遺伝メカニズムに比べ、このアンドロゲンレセプターの遺伝での伝わり方がハッキリしてきているのが特徴。

■薄毛の原因はテストステロンと5αリダクターゼが結びついて生まれるDHT
■5αリダクターゼの分泌量は遺伝によって大きく左右される
■アンドロゲンレセプターの量や感受性がカギ

ハゲの遺伝子はX染色体が持つ

遺伝と薄毛の関係について考える際、まず前提として知っておいて欲しいのは「薄毛の遺伝子はX染色体にある」ということ。

X染色体というのは男性が1つ、女性が2つ持っているもので、男性のY染色体には薄毛に関わる遺伝子はないとされています。

AGAの発症に関わる要素は大きく分けて2つ。

  • ■5αリダクターゼが生み出すDHTの量
  • ■DHTの感受性を決定するアンドロゲンレセプターの量

男性型脱毛症(AGA)は、男性が豊富に持つホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びついて作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされます。

しかし、いくらDHTが多くてもそれに反応しなければ薄毛にならないわけで、その感受性を左右するのがアンドロゲンレセプターで、これの感受性や量を決定する遺伝子はX染色体上に存在しています。

これを踏まえると薄毛遺伝のメカニズムが見えてきます。

薄毛は伴性劣性遺伝

X染色体上にあるアンドロゲンレセプターに関する遺伝子。先ほども書いたように男性は1つ、女性は2つ持っています。

そしてこの遺伝子は、女性のようにX染色体が2つある場合は2つ揃った時のみ発症、男性のように1つしか持っていない場合は1つだけで発症という性質を持つ「伴性劣性遺伝(伴性潜性遺伝)」と考えられています。

女性の場合、母親が持つ2つのX染色体からいずれか1つと父親が持つX染色体を受け継ぎ、男性の場合は父親からY染色体を受け継ぎ、母親が持つ2つのX染色体のいずれかを受け継ぎます。

女性であれば薄毛の遺伝を持ったX染色体が2つ揃わなければ発症しないため薄毛になる可能性は低い一方、男性の場合X染色体を1つしか持ちませんから、母親から受け継ぐX染色体に薄毛の遺伝子があればハゲてしまうことに。

こういった仕組みを「伴性劣性遺伝(伴性潜性遺伝)」と呼び、AGA発症のメカニズムとして有力視されています。

■男性の薄毛は伴性劣勢遺伝(伴性潜性遺伝)

遺伝や体質による薄毛に抗うには

男性のハゲの多くを占める遺伝性の薄毛は体質的なものなので非常に強固。

これほど強固なものが頭皮に塗布する育毛剤の保湿成分や抗炎症作用で改善するわけがないというのは何となく想像がつくのではないでしょうか。

正直なところ発毛剤のミノキシジルでさえ外用薬では弱く、しっかりと効果が出て、なおかつ自分で行える治療というのは現状フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルの内服薬以外無いと言っても過言ではありません。

薄毛は遺伝と体質

発毛剤以外の様々な育毛商品のもっともらしい謳い文句に騙されず、しっかりとした治療を行うようにして下さい。


高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧