副作用がない育毛剤は効果もない

副作用のない育毛剤には効果もない

発毛剤は高い効果が見込めますが副作用の存在も無視できません。そんな発毛剤に対し育毛剤は副作用がないことが大きな売りのひとつで、「発毛剤のような副作用の心配がない!」という殺し文句で売り込んでいるケースがよくあります。

確かに育毛剤には副作用の心配がほとんどありませんが、それには2つのカラクリがあり、それを知れば育毛剤に副作用がないことはメリットではなく、むしろデメリットにすらなりかねないことが分かってくるはずです。

では育毛剤と副作用の関係について見ていきましょう。

そもそも外用薬には副作用の心配はほとんどない

市販の育毛剤というのは頭皮に直接塗布する外用薬で、発毛剤に比べ副作用の心配がほとんどないことを売りのひとつにしているのは前述のとおり。

しかし実はこれ、比較対象がそもそもおかしいのです。

というのも、副作用の心配がある発毛剤はプロペシアに代表されるフィナステリド内服薬やザガーロなどのデュタステリド内服薬、そして最強の発毛剤と名高いミノキシジルタブレットで、これらはすべて「内服薬」なのです。

育毛剤のような医薬部外品の外用薬と、そもそもが病気の治療薬という経緯を持つ医薬品の内服薬を比べること自体フェアではありません。

一方、外用薬の発毛剤といえば日本ではリアップ、海外製のものであればロゲインやカークランド、ポラリスのようなミノキシジル外用薬が挙げられます。

実はこれら外用薬は発毛剤とはいえ副作用の心配はほとんどなく、せいぜいかゆみやかぶれ程度と市販の育毛剤とほとんど変わらないレベルだったりするのです。

内服薬の発毛剤の副作用をあたかもすべての発毛剤に当てはまるかのように不安を煽り、育毛剤の副作用の無さをアピールする…なんとも汚いやり方ですよね。

■発毛剤で副作用の恐れがあるのは内服薬で外用薬の育毛剤と比べるのは卑怯
■発毛剤といえど外用薬であれば副作用の心配はほとんどない

育毛剤は効果がないから副作用もない

発毛剤でも外用薬であれば副作用の心配は少ないものの、外用薬に使われるミノキシジルは元々が血管拡張剤であるため、外用薬といえどめまいや血圧低下などの副作用が出ないとは限りません。

しかしそれは医薬品として当たり前のことで、どんな良薬でも高い効果の裏には必ず副作用が存在します。ただ、副作用がどの程度出るかは個人差が大きくなりますが。

一方の育毛剤はどうでしょう?

育毛剤はメーカーも謳うように副作用は存在せず、何かしらの症状が出るとしても頭皮に合わないことによるかぶれやかゆみ程度ですが、副作用は無いのに高い育毛効果や発毛促進効果があることなど考えられるのでしょうか?

もちろん考えられません。

西洋医学の薬と違い急激な効果はないがじっくりと効き安全なイメージのある漢方薬ですら副作用が存在するのですから、育毛剤に高い効果があるのであれば相応の副作用がなければ説明が付きません。

つまり、育毛剤には大した効果がないため副作用もない…ということになります。

■医薬品などは強い効果があるほど副作用も強くなる
■副作用がない育毛剤は効果がないことの裏返し

「副作用の心配がない」は売り文句ではない

育毛剤は副作用がないことを売りのひとつにしており、多くの育毛サイトでも「副作用のある発毛剤より育毛剤のほうが良い」といった紹介をしますが、よくよく考えればそれは本末転倒であることが分かるはずです。

「副作用のない育毛剤を使おう」は「効果のない育毛剤を使おう」と同義なのですから。

例えば2015年に日本で正式に認可された第3の発毛成分「デュタステリド」はフィナステリドの効果をさらにパワーアップさせたもので発毛効果は1.5倍とされていますが、副作用面でもフィナステリドより強い傾向にあることでも知られています。

そう、最新の発毛剤ですら効果と副作用は比例してしまうのです。

発毛剤には確かに副作用のリスクは存在するものの、それは効果があることの裏返しでもありますので、高いお金を出してどちらも存在しない育毛剤を使うなど愚の骨頂と言わざるを得ません。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧