グリチルリチン酸で髪が生えると思うな

多くの育毛剤に使われるグリチルリチン酸

グリチルリチン酸ジカリウムに発毛効果なし

市販されている育毛剤に使われる有効成分の中でも多く目にするのが「グリチルリチン酸」で、有効成分に限らずその他の成分としても頻繁に見かけることでしょう。しかしこれで髪が生えるなんて思ってはいけません。

医薬部外品の育毛剤として販売するには厚生労働省が「一定の育毛効果が期待できる」と認めた有効成分を一定量以上配合する必要があり、そういった成分は数十種存在するのに、なんでグリチルリチン酸ばかりがやたらと使われるのか?

これだけ使われるという事は、それだけ素晴らしい効果があるから…と言い聞かせたいところですが、現実はそう甘くありません。

グリチルリチン酸ってそもそも何?

上では「グリチルリチン酸」と書きましたが、実際にはグリチルリチン酸ジカリウムの名で呼ばれることの多い成分。

というのも、グリチルリチン酸ジカリウムはこの呼び名以外にも「グリチルリチン酸2K」「グリチルリチン酸二カリウム」と表記されることもあるため、ちょっとややこしんですよね。呼び名くらいは統一しとけよと。

この成分、漢方薬で使用される「甘草(カンゾウ)」の根に含まれるもの。

名前を聞くといかにも化学物質っぽい響きではありますが、甘草から抽出される成分とあって天然由来成分で、漢方薬はもちろん、育毛剤、シャンプー、化粧品など数多くの商品に配合されています。

グリチルリチン酸の有効成分らしからぬ効果

甘草は昔から薬として使われていた歴史があり、その作用は鎮痛や胃腸の働きを整える効果、抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあります。

育毛剤や化粧品に使われる理由は抗炎症作用や抗アレルギー作用があるから。特に育毛剤においては抗炎症作用を目的に使われていて、それ以上でもそれ以下でもありません。

そう、「頭皮の炎症を抑えて頭皮を健やかに保ちフケやかゆみ、脱毛を予防・改善しようね」という成分。

裏を返せば頭皮に炎症がない人間にはクソの役にも立たない成分なのですが、ハゲるほど頭皮に問題を抱えている人などほとんどいないため、育毛剤に入っているグリチルリチン酸ジカリウムはほぼ気休め。

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビケアの商品にも使われることが多く、ニキビであればすでに炎症を起こしている事から一定の効果があるのは想像に難くないものの、ハゲには効かないだろうよ。

なのになんで猫も杓子もグリチルリチン酸なんだ?

グリチルリチン酸はなぜ育毛剤で使われる?

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用や抗アレルギー作用などが期待できる有効成分ですが、まともな思考力を持ち合わせていれば抗炎症作用で髪の毛が生えないことくらい専門家でなくて分かる。

「もしかしたらミノキシジルのように本来の用途とは別の作用があるのでは…」と期待する人もいるかもしれませんが、残念ながらそんなものは一切ない本当に純粋な抗炎症作用の成分。

なぜそんなハゲの役に立たないものを多くの育毛剤がこぞって使っているのか?

■育毛剤を名乗るために有効成分を使う必要がある

冒頭でも少し書いたように、医薬部外品というくくりである「育毛剤」を名乗るためには、厚生労働省が有効成分として認可しているものを一定量以上使用する必要があります。

それは「有効成分さえ入っていれば効くかどうかは関係ない」という事の裏返し。

育毛剤メーカーはM-034オウゴンエキスなど有効成分以外の「その他の成分」をプッシュし独自性を演出する傾向にありますので、ぶっちゃけ有効成分なんて何でもいいんだろう。

■安価かつ定番の安心感

また、化粧品やシャンプーなど様々なものに使われるグリチルリチン酸ジカリウムは汎用性に優れ安価という特徴があります。

ハゲの弱みに付け込んで金儲けするのが育毛剤を販売する目的ですから、多くの育毛剤などに配合されていることによる安心感と価格の安さは魅力的。

「とりあえずこれ入れとけばいいだろ」的な考えが透けて見えます。

■クレームや副作用を抑えてくれる

発毛効果も副作用もない育毛剤といえど、髪の生えない様々な成分が入った胡散臭い汁を塗る以上、肌に合わないことによるかぶれやかゆみといったものが出る可能性は否定できません。

しかし抗炎症作用があるグリチルリチン酸ジカリウムをつっこんでおけば、そういったトラブルを未然に防げる可能性が高まりますので都合がよいと推測されます。

安いし、安心感もあるし、育毛剤によるトラブルも防止できる…そりゃ多くの育毛剤がこぞって使うわけだ。

グリチルリチン酸で発毛することはない

医薬部外品の育毛剤のほとんどは厚生労働省が認可している有効成分を3種程度配合しており、中でもよく目にするのがセンブリエキスと今回紹介したグリチルリチン酸ジカリウムです。

国の省庁である厚生労働省が認可しているなら髪の毛が生えそう」という印象を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、これはグリチルリチン酸の抗炎症作用などを“ある程度”認めているのであって、発毛とはまったく無関係です。

事実、厚生労働省が管轄する統合医療の情報発信サイトではカンゾウエキスの注射剤によってC型肝炎に対する有益な効果が示される一方、その他のいかなる症状においてカンゾウの有効性を示す信頼性の高いデータはないと切り捨てています。

言うまでもなく髪の毛の成長との因果関係を示したデータは皆無。そりゃ抗炎症作用で髪の毛が生えりゃ苦労しない。

グリチルリチン酸ジカリウムは多くの育毛剤で採用しているから発毛効果があるんだろう」と思いっているあなた、その考えは100%勘違いです。

「頭皮の炎症が酷くて髪の毛抜けちゃった」という人に対しては多少の効果はあるかもしれませんが、男性型脱毛症(AGA)に対しては切なくなるくらい無力ですので過信しないようにして下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧