センブリエキスに騙されるな

育毛剤に使われる有効成分の中でも屈指の使用率を誇るド定番成分がセンブリエキス。しかしこれに私たちが望むような発毛効果はありません。

センブリエキスで髪は生えない

育毛剤は髪が生えそうな成分を配合していれば名乗れるわけではなく、厚生労働省が有効成分と認めたものを規定量以上配合してはじめて「医薬部外品の育毛剤」を名乗ることができます。

厚生労働省が有効成分と認めているものは数十種ほどありますが、その中でもセンブリエキスは多くの育毛剤の有効成分として使われるもの。

「厚生労働省が有効成分として認めているなら効果があるんじゃ…」と感じる方は多いと思われ、実際金目的の育毛関連サイトではそこをプッシュしているものも多いのですが、そこには色々とカラクリが…

センブリエキスで髪の毛は生えるの?

生えない、1mmも髪は生えない。

そもそも「髪が生える」というのはイコール「発毛する」と同義で、それはつまりハゲて髪の毛が生えなくなってしまったところから再び髪を生やすという意味を持ちます。

残念ながらセンブリエキスにそんな効果は一切ない。

厚生労働省に有効成分として認められており、しかも大半の育毛剤に配合されているセンブリエキスは非常に効果が高そうに感じますが、実際そんなことはないのです。

■センブリエキスの効能・効果

発毛成分であるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルが厚生労働省によって「発毛効果がある」と認められているため、センブリエキスについて「厚生労働省が育毛効果を認めている」と聞くと凄い効き目がある印象を受けますよね。

そのセンブリエキス、実際どういった効能・効果があるかというと、主に血行促進作用と抗炎症作用…つまり頭皮の血行を良くしつつ炎症を抑えてフケや抜け毛を抑える効果がある…かもねというレベル。

フィナステリドやミノキシジルのように直接発毛を促すわけではなく、ただ単に「頭皮を健やかに保ちますよー」というものに過ぎないのです。

巷ではいまだに頭皮の血行促進が発毛・育毛に効果があるとされているものの、そんなもので髪の毛が生えないことは昔から大量に存在するハゲのお歴々が必死に血行促進に取り組み、そしてハゲ散らかしていった歴史からも明らか。

「厚生労働省認可」はただの印象操作

センブリエキスに限らずグリチルリチン酸ジカリウムや酢酸DL-α-トコフェロールといった有効成分全般に言える事ですが、これらを紹介する際「厚生労働省も認めた―」という文言を使っているサイトをよく見ます。

しかし厚生労働省が認めているのは「育毛効果」ではなく「頭皮環境を整える効果」という側面が強く、国の機関が「髪の毛生えるよ」と認めているわけでは決してありません。

そもそも「育毛」という言葉は今ある髪の毛を太く元気になる“可能性”があるという意味で、男性型脱毛症(AGA)が進行し抜け落ちてしまった場所から新たに毛を生やす「発毛」とは似て非なるもの。

しかも厚生労働省が認めているのは育毛効果というよりは頭皮環境改善効果…これで髪の毛が生えるはずがない。

この「厚生労働省認可」という言葉、今回のセンブリエキスのような有効成分以上に特定の育毛剤を紹介する際にもよく使われる、金目的のアフィリエイター御用達の言葉でもあるので気を付けましょう。

センブリエキスの育毛効果を示すデータは何一つない

厚生労働省に育毛剤の有効成分として認められているものは数十種存在します。しかしそのほとんどは客観的なデータに基づくものではありません。

例えば大半の育毛剤に使われているセンブリエキス。これだけ多く使用されているのですからさぞ効果があるのだろうと感じがちですが、この成分で臨床試験を行った事実は一切なく、それどころか培養細胞を用いたものですら皆無。

そう考えると日本皮膚科学会に「根拠がない」と断じられてはいるものの、一応臨床試験を行っているアデノシンやセファランチンはマシな方なのかもしれない。

なぜ育毛剤メーカーはセンブリエキスを使いたがる?

こんなクソの役にも立たないセンブリエキスを育毛剤メーカーはなぜこぞって使用するのか?

主に考えられる理由は2つ。

■安い

医薬部外品の育毛剤を名乗るには厚生労働省が定めた有効成分を一定量配合しないといけないものの、コストはできる限り抑えたい…センブリエキスはそれに適した成分であるという推測。

私自身育毛成分の原価までは分かりませんが、メーカーにとって育毛剤という存在は金を儲けるための道具で、本音は購入者の髪の毛のことなどどうでもいいでしょうから、当然効果よりコストのほうが重要でしょう。

高価な成分はキャピキシル系に任せときゃいいや…的な?

■みんなが使っている安心感に相乗り

センブリエキスは非常に多くの育毛剤が有効成分として使っているため、育毛剤を使う人からすれば「安定かつ信頼に足る効果がある」というイメージがあるでしょう。

育毛剤は実際に髪が生えるかどうかより“生えそうな雰囲気”が重要であるため、定番成分を使うことで最低限の効果は確保しているというメッセージになる。

業界を上げてセンブリエキスを持ち上げている印象すら受ける。

センブリエキスで髪の毛は絶対に生えない

センブリエキスが持つ効果は頭皮の血行促進と抗炎症作用程度のもので髪の毛が生えないことは前述のとおりですが、これは厚生労働省に認可されている有効成分な分まだマシなほう。

一般的な育毛剤にはこれら発毛効果の一切ない有効成分が3種、それ以外はある種“言ったもん勝ち”のクソみたいな成分が鼻くそ程度の量入っているだけです。

M-034ビワ葉エキスに代表される胡散臭い成分を「数十種配合!」と胸を張られたところで「ハァ…」としか言いようがない。

数十種の馬の骨成分より1種の発毛成分の方が遥かに効果的。

これは医学的に日本のみならず世界的な常識ですので、育毛剤の胡散臭い成分にくれぐれも騙されないようにして下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧