ミノキシジルの発毛効果は最強か

ミノキシジルといえば大正製薬のリアップシリーズの主成分で、日本で正式に認可されている唯一のミノキシジル医薬品としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

そのためミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬というイメージが強いかもしれませんが、ミノキシジルは本来高血圧の治療薬で血管拡張剤…つまり内服薬なのです。

発毛の効果は内服薬のほうが明らかに強く、発毛剤として有名なプロペシアに代表されるフィナステリド内服薬をも上回る「最強の発毛剤」との呼び名も。

外用・内服両方で使用でき高い発毛効果があるミノキシジル。その効果や作用、そして気になる副作用に迫ってみたいと思います。

ミノキシジルってどんな薬?

上でも少し触れたようにミノキシジルは高血圧の人に向けた血管拡張剤なので、本来は血管を広げ血圧を下げる作用を目的として作られた薬です。

そんなミノキシジルを使っていた高血圧患者に髪の毛が生えてくるという現象が見られたため、後に発毛剤として転用されたのが今の発毛剤ミノキシジルの生い立ちとなります。

なぜミノキシジルで髪が生えるかというと、血管拡張によって血行が良くなり髪の成長に必要な酸素や栄養が頭皮や毛根までしっかり行き渡るようになることに加え、何より大きいのが「多毛症」という副作用の存在です。

多毛症はその名のとおり体中の毛が濃くなる副作用なのですが、それは髪の毛にも及ぶため血管拡張作用と相まって高い発毛効果を示します。

その効果は内服薬でこそ十分に享受できるものの、頭皮に塗る外用薬でも一定の効果が認められる上に副作用の心配もほとんどないため、どちらかというと外用薬での使用が多くなっています。

■ミノキシジルはもともと高血圧の治療に用いられた血管拡張剤
■血管拡張による血行改善と多毛症によって髪が生える

ミノキシジル外用薬の副作用

ミノキシジルは副作用が強いイメージがあるかもしれませんが、それは報酬の高い育毛剤を売りたいサイトやブログによって刷り込まれた情報の可能性も高く、少なくともリアップやロゲイン、カークランドに代表されるミノキシジル外用薬に強い副作用はほとんどありません。

一応ミノキシジル外用薬で考えられる副作用として…

これらが挙げられていますが、めまいや動悸といったものはミノキシジル内服薬で出る可能性があるもので、頭皮に塗るだけの外用薬でこれらが発現することは考えづらく、「ミノキシジルを使っている」という思い込みや自己暗示も影響していると見ています。

頭皮のかゆみや湿疹など肌への副作用に関しては頻度が低いながらも確認されていますが、これは他の育毛剤でも同様なので「ミノキシジルだから~」と決めつけるのは印象操作と見ていいでしょう。

■ミノキシジル外用薬でめまいや動悸、血圧低下の副作用はほとんど心配ない
■かぶれやかゆみ、湿疹は発毛効果のない育毛剤でも十分起こり得る

ミノキシジル内服薬の副作用

一方のミノキシジル内服薬…いわゆるミノキシジルタブレットはどうか?

そもそもミノキシジルによる発毛効果を確認したのは内服薬によってなので、効き目という点では外用薬より内服薬のほうが圧倒的に強くなるのは間違いありません。

しかしミノキシジルは高血圧の治療薬であるため、発毛剤として服用した場合血圧や血管に関連した副作用が出る可能性があります。

これらがミノキシジル内服薬を飲んだ場合に出る可能性がある副作用の代表的なものになりますが、高血圧の治療薬としてのミノキシジルの1日の限度量は100mgであるのに対し、発毛剤としてのそれは10mgと10分の1となっており、この限度量をしっかり守っていれば強い副作用が出ることはほとんど考えられません。

また、薬の副作用は飲みはじめには若干実感することがあっても1~2週間もすると体が順応し副作用を感じなくなることも多いので「副作用か怖いから」と敬遠せず試してみてほしい薬といえます。

■ミノキシジル内服薬で可能性がある副作用は血圧低下や動悸、めまい、胸痛
■限度量は高血圧向けの10分の1と少量であるため強い副作用はほぼない

ミノキシジルの不安を煽るサイトに要注意

ミノキシジルは発毛剤の中でも外用薬として使われることも多く、また「リアップ」という有名な商品もあるため副作用のやり玉に挙がることが多くなっています。

しかし前述のように外用薬であれば副作用の心配はほとんどなく、そして効果は育毛剤の比ではありません。

数千円の報酬が貰える育毛剤を売ろうとミノキシジルの副作用を過剰に叩いて「副作用のない育毛剤を」と勧めるサイトやブログが非常に多くなっていますが、個人輸入を用いれば非常に安価で購入できながらも効果の高い発毛剤をけなし、髪の毛が生えず高価な育毛剤を買わせようとする一連の動きは、育毛・発毛に精通している人間からすると非常に腹立たしいと感じます。

ミノキシジルタブレットに関しても限度量を守れば過度に副作用を恐れるような薬ではなく、効果に関しては「最強」の呼び声も高いため、本気で髪の毛を生やしたいのであればミノキシジルは避けては通れません。

まあ副作用がない代わりに効果もなくていいというのであれば、あえて育毛剤の使用を止めはしませんが…

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧