オウゴンエキスは薄毛に効果なし

人気の育毛剤によく配合されているオウゴンエキス。フィナステリドと同じ効果があると謳っている場合もありあたかも発毛しそうな雰囲気を漂わせていますが、その実なんの発毛根拠もない成分だったりします。

オウゴンエキスは効果なし

多くの育毛剤に配合されているオウゴンエキスはコガネバナ(黄金花)の根を乾燥させ抽出したもので、5αリダクターゼの働きを阻害し薄毛の原因ジヒドロテストステロ(DHT)の生成を抑制すると言われていますが、その効果はほとんど期待できません。

5αリダクターゼを阻害するといえば発毛剤プロペシアの主成分であるフィナステリドやザガーロのデュタステリドを思い浮かべ「なんか薄毛に効きそう」と感じるのが藁をも掴みたい私たちハゲの思考ですが、事はそう甘くないのです。

なんでオウゴンエキスが薄毛に効かないのか?
育毛剤はなぜそんな成分を配合するのか?

その辺を詳しく掘り下げてみたいと思います。

なぜオウゴンエキスが薄毛に効くと言われるのか?

オウゴンエキスがハゲの改善に役立つというのは育毛剤界隈では常識という風潮が広がっていますが、どういった根拠でそうなっているのでしょうか?

■AhR-CYPシグナル活性化の抑制

排気ガスやタバコなどの煙には非常に多くの有害な化学物質が含まれていて、それらは環境ストレスのひとつとなります。

環境ストレスを多く受ける環境下ではコラーゲンなど頭皮に必要な栄養素を壊す「AhR-CYPシグナル」というものが活性化し頭皮環境が悪化、薄毛に繋がるとされています。

そのAhR-CYPシグナルの活性化を抑制する効果があるのがオウゴンエキスということですが、その根拠となる客観的なデータやソースは一切存在せず、何がどうなってこういった話が出てきたのかが不明。

■保湿作用

オウゴンエキスには頭皮の水分を逃さず潤いを維持する保湿作用があります。

ただ、育毛剤に含まれる成分の多くは保湿成分でありオウゴンエキスに保湿作用があったからといって「だから?」というレベルの話。

■抗炎症作用

これも育毛成分の多くが持つ効果で、頭皮が有れている場合などは環境を整えることも期待できますが、当然これで髪が生えるわけではない。

■5αリダクターゼを阻害しDHT生成を抑制する作用

オウゴンエキスでもっともキモになるであろうこの効果。

発毛成分であるフィナステリドやデュタステリドと同様の効果であることから期待は膨らみますが、これも明確なデータや臨床試験は一切存在せず、「どの程度の効果があるのか」がまったく見えてこない。

極端な話をすればフィナステリドのDHT生成を抑える効果が100として、オウゴンエキスが0.01くらいだったとしてもゼロではない以上「効果はある」と言えなくもなく、そういった疑念を晴らすためにも明確なデータを示してもらいたいところです。

■オウゴンエキスの育毛効果に一切の客観的データがない

育毛剤に配合される量は超少量

仮に100歩譲ってオウゴンエキスに発毛を促す効果があるとして、果たして育毛剤にどれだけの量が配合され、そしてどれだけの量を使えば効果が出るのか?

例えばリアップX5などのミノキシジル5%配合の発毛剤であれば60ml×0.05で3mlのミノキシジルが配合されていることが確認できますし、これだけ強い発毛成分ですらこのくらいの量入っていないと効果を示さないことの裏返しでもあります。

一方の育毛剤は、一般的に内容量の90%は水で残りの10%に様々な育毛成分が配合されていることになります。

チャップアップイクオスなどであれば内容量120mlですから単純計算で12mlが育毛成分として、60種も70種も成分が入っていると考えたら一つひとつの成分の量ってどの程度なんでしょうね?

乱暴ですが12mlを60成分で均等に割ると1成分あたり0.2mlということになり、一滴が0.04~0.05mlとされていますから4、5滴程度。

ただ育毛剤は厚生労働省認可の医薬部外品とするためにセンブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分が多く含まれていますから、オウゴンエキスなどその他の成分はもっと少なくなるはず。

そう考えると120mlに対し2、3滴程度?

ミノキシジルですら外用薬は内服薬に比べてかなり効果は薄いと言われており、3ml配合してやっと「多少発毛するかな?」程度なのに、オウゴンエキスを0.1mlとか0.2ml程度配合してどれほどの効果があるんでしょうね。

■育毛剤の含まれるオウゴンエキスの量は非常に少量

オウゴンエキスに期待してはいけない

そもそもオウゴンエキスは発毛成分ではありませんし、厚生労働省に「育毛効果がある」と認められた有効成分ですらありません。

ノコギリヤシのように多少でも臨床試験が行われていたりするものであればまだしも、それすらされていないオウゴンエキスが育毛成分の定番とは片腹痛い。

例えば15%や16%など高濃度のミノキシジルを配合することで有名な外用薬「ポラリス」の中にはフィナステリドを0.1%配合するものもありますが、発毛成分フィナステリドですら外用薬かつ0.1%程度では「効果あるのかよ」と疑問に感じざるを得ないのに、オウゴンエキスがちょびっととか…

ハッキリ言ってこんなもので毛が生えたら苦労はしませんし、そもそも発毛効果は一切ありませんので、育毛剤を売りたいサイトやブログ、メーカーの甘い言葉に騙されないようにして下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧