リーブ21の発毛に騙されるな

リーブ21に効果なし

一時期うんざりするほどCMを目にした発毛専門リーブ21。発毛日本一コンテストを開催したりと売り込みの余念がない同社ですが、発毛に医学的な根拠は一切なく費用も常識外れの超超高額。AGAにも効果なし。

医師が行うハーグ療法ですら高額かつ効果も大して期待できないのに、ただの民間企業がそれ以上の金を吸い上げて発毛を謳う…ある意味すごいわ。

怪しげなケアとホームケアを行わせ、ぼったくり価格のシャンプーや育毛剤を売りつけるその手法は驚愕の一言で、なんでこんなものに騙される人が後を絶たないんだろうと不思議に感じる。

色々とトラブルを起こし何度も裁判沙汰になっていることでも有名なリーブ21。その魅力(笑)に迫ってみましょう。

リーブ21の発毛メカニズム

とりあえずリーブ21がどういったものか知らないことには始まらないので、公式サイトや動画など一通り目を通してリーブ21のすんごい発毛メカニズムを勉強してまいりました。

曰く、人間の持つ自然治癒力を活性化することで薄毛に立ち向かうらしく、13,800種に及ぶ天然由来の成分を研究して育毛剤とかサプリメントとかシャンプーとかを作ったんだってー。

本格的かつ超高額なコースでは自然・天然の成分を用いた施術を月2回行った上で、食事や生活習慣を改善するアドバイスを行い、まったく発毛根拠がないホームケア機器を使って家でもケアを行えば、あ~ら不思議フッサフサになるらしいですよ。※発毛には個人差があります。

ついでに超平凡な成分を配合した育毛剤を15,000~20,000円で購入し使用すると共に、これまた高額かつ平凡なシャンプーや健康食品も併用すると、あ~ら不思議、フッサフサになるらしいですよ。※発毛には個人差があります

■AGAに遺伝や体質は関係ないらしい

リーブ21が強調するのは、薄毛の原因は生活習慣や食生活、運動不足、ストレスなどが原因で薄毛になるという点で、そこに遺伝や体質といった文言は一切出てこない。

ちなみに、医学的には薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す5αリダクターゼという酵素の分泌量やDHTの感受性は遺伝によって大半が決まるとされており、世界的な常識となっている。

一方で、医学と全く関係のない一民間企業のリーブ21では、薄毛の原因は生活習慣などで自然治癒力が衰えた結果という。

一応、薄毛の原因物質としてDHTや5αリダクターゼという言葉が出ているので、リーブ21的には遺伝だろうが体質だろうが自然治癒力を高めれば弾き返せるという理論になるのか?

自然治癒力…胡散臭い民間療法がよく使う言葉の典型だな。目に見えないし数値化もできないから言いたい放題

名ばかりの返金制度

リーブ21では効果が出なかった際には施術料の返金に応じるとしている。

しかし、条件は「1年以上のトータルコース、オウサムクラスA・B、グレイスクラスA・Bの各コースを受けられてコース終了時点で効果がなかった場合、施術料を全額返金する制度です」とある。

これらのコースは本格的なケアを行うもので、これより1つ下の比較的ライト発毛促進コースというプランで1ヶ月約8万円と聞けば、これらのコースの費用が想像つくだろうか。

もちろんこの料金には育毛剤やシャンプー、健康食品は含まれていないため、トータルではもっと高くなりますし、返金の対象は「施術料」なので、商品購入のお金は一切帰ってこない。

また、後述しますが、2006年にリーブ21を受けた男性が返金を求めて裁判を起こし勝訴しており、その中で語られた施術日は4年で490万円。商品購入代金も合わせると680万円也。

ちなみに、この裁判でリーブ21側は「必ず生えるとは言っておらず個人差があることは伝えた」と反論しています。

そこでリーブ21の発毛の定義を見てみると「リーブ21の「発毛」とは施術前と施術後の写真を比較し、脱毛部分にあきらかに黒い髪が生えている、またはあきらかに毛量の増加が客観的に認められることと定義します」とあり、1年以上の高額なコースで効果がなかった場合は返金に応じるとしています。

しかし、ここでは「発毛の定義を満たさなかった場合」ではなく「効果がなかった場合」としている点がミソ。

産毛だろうが数本だろうがちょびっとでも生えれば返金に応じないらしい。

一切根本的な解決になっていない

リーブ21は体の内外から健康にし薄毛を根本的に解決するという。

しかし、それには年単位に及ぶ施術やケアが必要になり、万が一発毛したとしてもリーブ21を止めれば薄毛に逆戻り。

根本的な解決ってのはフサフサかつケアの必要がない状態を指すんじゃない?

薄毛の原因は5αリダクターゼや、それが生み出すDHTなので、5αリダクターゼの分泌や感受性を半永久的に抑制したり、DHTの生成を生涯にわたって抑えてこその根本的な解決だろうに。

リーブ21を止めた後に再び薄毛になったところで「自己責任」と片付けるのだろうな。当然返金に応じる義務はないから泣き寝入り。

発毛剤の使用をおすすめすることもあります(笑)

リーブ21では長期間にわたって効果が出ないような頑固な薄毛に対しては医薬品をおすすめすることがあると明記している。

いやいや、ちょっと待て。

リーブ21のすんごい施術や育毛剤、ホームケア機器を使っても髪の毛が生えない場合、発毛剤であるプロペシアやミノキシジルを使わせ、その効果により発毛したら「ほーら、うちの技術すごいでしょう」っていう流れなのか?

発毛剤の効果とはいえリーブ21利用中に髪の毛が生えた事実があるから、後で「効果が無かったから金返せ」と申し出ても「返金保証の対象外です」って言うんだろうな。

色々と裁判を起こされている

常識的な感覚を持っていればリーブ21が行う一切の科学的根拠がない発毛は明らかに怪しいと感じるのは自然なこと。色々と裁判を起こされている点からも「なんか怪しいんだよな…」と感じることでしょう。

リーブ21絡みの裁判でもっとも有名なのは、上でも書いたように4年間続けてほとんど髪が生えなかった男性によって2006年に起こされた慰謝料・返金請求の裁判で、報道では以下のようになっています。

「必ず生えてくる」との勧誘を信じ発毛サービスを受けた大阪府内の男性(58)が、効果がほとんどなかったとして、業界大手「毛髪クリニック リーブ21」(大阪市中央区)に慰謝料など約830万円の損害賠償を求めた訴訟が、同社が解決金430万円を支払うことを条件に大阪地裁(平林慶一裁判官)で和解していたことが分かった。

 訴状によると、男性は01年4月、同社のチラシをみて「頭頂部が薄くなって久しい」と相談したところ、従業員から「大丈夫。必ず生えてきます。発毛には3年を要する」などと言われて契約した。05年5月まで週2回のペースで施術を受けたが、細い毛が少し生えた程度の効果しかなかった。06年1月に提訴した。

 同社は訴訟で「効果には個人差があると事前に伝えていたし、広告にも明記している」と反論したが、地裁の和解勧告を受け、契約金の約9割にあたる解決金を支払うことで和解した。

 同社広報部は「男性も一定の効果は認めており、効果はあったと考えるが、結果的に強い不満を持たれた男性の意思を尊重した」としている。

上でも書いているようにこの男性は4年間で施術料490万円、商品購入代金を合わせると680万円支払ったとされ、それだけ払っても少し生えた程度というあたりにリーブ21の実力が垣間見える。

次に女性支店長による2009年の裁判。

提訴は今月20日。訴状などによると、女性は大阪府内の 支店長だった昨年7月、別の支店に指導役として派遣された際、 高額な育毛トニックを不必要に売りつけていることなどを指摘 した報告書を会社に提出し、支店を統括する上司と衝突。

社長あてに「上司に命じられ無理に会員の契約に走っている」 などとメールを送ったところ、翌日、上司から「オペレーター」 への降格処分を通告された。

月給が10万円以上下がったうえ、激務から椎間板(ついかん ばん)ヘルニアを患っていた女性は処分を拒否し、休職。今年 6月に退職を余儀なくされた。

女性が労働組合での団体交渉で抗議すると、同社側は「降格 処分は不適切だった」とする謝罪文と120万円の和解金を 提示したが、女性は納得せず提訴に踏み切った。

リーブ21の企業姿勢がハッキリと見て取れる裁判。

残念なのはこの裁判の顛末がどこを調べても載っていないこと。結局ある程度のところで和解したという事なのか?

最後にごく最近である2017年の裁判

育毛サービス大手「毛髪クリニック リーブ21」(大阪市中央区)が公募で次期社長の候補に選んだ男性(47)が、「実際は社長に引退の意思はなく、公募は虚偽だった」などとして4000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。福田修久裁判長は「1年以内に社長を譲るという説明は事実と異なる」として訴えを一部認め、同社側に100万円の支払いを命じた。

 判決などによると、同社は2011年、創業者の岡村勝正社長(72)の後継社長をインターネットで公募すると発表。約500人の中から男性を含む4人を選び、この中から1年~1年半後に社長を決めると説明していた。男性は翌年2月に入社したが、社長になれないまま約1年後に退職。他の3人も2~3カ月後に退職した。

 福田裁判長は、岡村社長に引退の意思はあったと認める一方、「公募の際、次期社長となるのに長くて3年かかり、代表権の譲渡はさらに検討を要すると想定していた」と指摘。「3年かかるなら応募しなかった」という男性の訴えを認めた。

 また男性は、同社が公表している「発毛率95%以上」は虚偽で、実際は約40%だったとも主張した。これについて福田裁判長は、同社が不満を抱いた顧客に返金した割合から発毛率を計算していたことから、「偽ったとまでは言えない」と退けた。

もっとも気になるのは裁判の内容より最後の40%という点。

この文面では「顧客に返金した割合から計算」とあるが、その詳細は語られていなため、具体的な40%という数字をはじき出した計算法は分かりませんが、裁判長の「偽ったとまでは言えない」という、微妙な表現が引っかかる。

この文面を見ると「発毛率95%」というのは「=返金しなかった人」と受け取れる。返金しなかった人やそれに応じなかった人の割合が95%だから、それがイコール発毛率?そんな計算が認められるのかよ。

それでは「発毛しなかったけど仕方がない」と諦めた人も発毛したことになる。控えめという美徳を持つ日本人を逆手に取った数字か。なんかムカムカするぞ。

リーブ21のクソ高い料金

リーブ21は公式サイトにおいて、手軽な3つのプランについては基本的な料金を提示していますが、返金制度の対象となるトータルコース、オウサムクラスA・B、グレイスクラスA・Bの料金は伏せています。

ちなみに料金が提示してある手軽な3つのコースの費用は…

コース 1ヶ月の料金
抜け毛防止コース 8,100円(税込)
育毛健毛Aコース 16,200円(税込)
発毛促進コース 81,020円(税込)
(2017年6月現在)  

全っ然手軽じゃねぇ…

これより上のコース料金は明確にされていないものの、トータルコースに関してはあるサイトに料金が載っており、他のサイトとの整合性も取れているため概ね合っていると推測されます。

トータルコース 料金
体験コース 9,800円(税込)
3ヶ月コース 569,310円(税込)
6ヶ月コース 965,160円(税込)
1年コース 1,693,860円(税込)
1年半コース 2,380,560円(税込)
2年コース 3,067,260円(税込)

…いやもうすごいね、高額な自毛植毛やかつらですら霞む超高額。

これに加え育毛トニックやらシャンプーやら買わせるわけだから、もはや常軌を逸している。正義感の強い女性支店長が訴えたくなるのもうなずける。

ガン治療などでも藁にもすがりたい患者の足元を見て甘く囁く科学的根拠の全くない高額な民間療法が横行していたりしますが、同じ臭いがプンプンする。

リーブ21は絶対にやってはいけない

リーブ21は自然治癒力を高め薄毛を治すなんてもっともらしいことを謳っていますが、遺伝や体質がほとんどの原因を占める男性型脱毛症(AGA)はそんな生ぬるいものではない。

そもそも、リーブ21で効果が出ない強固な薄毛にはプロペシアやミノキシジルといった医薬品をおすすめすることもあると謳っている時点で発毛剤の方が効果があると認めているようなもの。

産毛が多少生えただけでも「発毛効果はあった」として返金には応じないなど明らかに悪質ですし、発毛率98%という数字も「返金に応じない=発毛した」という強引な印象操作によるもの。

件の発毛剤をおすすめする文言を一字一句そのまま引用すると「5α-DHTの影響が特に強い一部のお客様の場合、医薬品をおすすめすることがあります」となる。なら発毛剤でいいじゃん。

そもそも医師の介在しないサービスで「発毛」を謳うのは薬機法に違反しないのか?…という疑問がわくが、こういったサービスにこの法律は適用されないのか。

国の方でも何らかの対策をしろよと言いたいですよね。

リーブ21に行くくらいなら悪質でないAGAクリニックや皮膚科を受診しプロペシアやザガーロを処方してもらった方が遥かにいい。だってリーブ21自体も発毛剤に頼っているふしがあるくらいなのですから。

日本の医療機関で処方されるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)が海外製のジェネリックに比べて高価なのは間違いありませんが、それでも年間10万円前後で済みます。

当サイトも広告収入で運営している以上、サイト内のリンクを踏んでもらって海外製のジェネリックを買って欲しいのは確かですが、当サイトの本分は薄毛の人が胡散臭い育毛剤など育毛関連サービスに騙されてお金や時間無駄にすることを回避し、正しい発毛を行ってもらうこと。

リーブ21に行くくらいなら、ぜひ一度AGAクリニックや、AGAにも対応している皮膚科を受診してみて下さい。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧