育毛サプリメントで髪は絶対に生えない

育毛サプリメントは効果なし

男性・女性問わず薄毛は恋愛や人間関係にとって大きなマイナスとあって非常に多くの人が悩んでいます。そういった人の弱みに付け込み売り上げを伸ばしているのが「育毛サプリメント」。しかしこれで髪が生えることはありません。

育毛サプリメントのメリットは体の内側から育毛に取り組めること、そして発毛剤のような副作用がないこととされています。

しかし育毛サプリメントはただの健康補助食品。サプリメントで髪が生えるというのでらえば、普段からバランスの良い食事を心がけている人の多くはハゲないことになります。でも実際はハゲてますよね。

育毛剤の項目でも散々書いていますが、強い効果・作用を発揮するものには相応の副作用があるのが薬学的・医学的な常識であり、裏を返せば副作用がないことは効果がないこと同義なのです。

育毛サプリメントは役立たず

そもそも、「育毛サプリメント」というものは存在しません。

薬機法により育毛効果や発毛促進効果が認められているのは医薬部外品の育毛剤であり、サプリメントは含まれていないのです。サプリメントはどこまで行ってもただの健康補助食品に他なりません。

育毛効果や発毛促進効果があるとされる育毛剤にしても、それらの効果は抜け毛予防や頭皮環境改善効果程度で、ハゲを改善させる力は一切ありません。そんな状況で育毛サプリメントに何を期待するというのでしょう。

例えばほとんどの育毛サプリメントに配合される「ノコギリヤシ」は、発毛剤であるフィナステリドとよく比較されますが、医薬品の発毛剤と健康補助食品の効果を比べるなどおこがましいにもほどがある。

そんな、育毛剤にすら大きく劣る“育毛”サプリメント。ハッキリ言うと「ラムネ」と変わりません。高価にもかかわらず私たちが悩まされている男性型脱毛症(AGA)には何の効果も示さないのです。安くておいしい分ラムネの方が100倍まし。

この項目では、薬機法違反ギリギリの紛らわしい表現を使い、薄毛に悩む人達を食い物にしようとしている育毛サプリメントの闇を露わにし、効果がないと言い切れる根拠を沿えて徹底的に斬っていきたいと思います。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧