酢酸DL-α-トコフェロールはただのビタミンE

酢酸DL-α-トコフェロールの育毛効果

育毛剤の有効成分としてはセンブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムほどメジャーではないものの、比較的目にする機会の多い酢酸DL-α-トコフェロールですが、ハッキリ言ってこんなもので髪の毛は生えません。

この酢酸DL-α-トコフェロールは厚生労働省が有効成分と定めているため「それなりに育毛効果があるんだろう」と思いがちですが、この成分を詳しく知れば「こんなもので発毛するはずがない」と分かるはず。

どちらかというと女性用育毛剤に使用されることの多い酢酸DL-α-トコフェロール。

育毛剤のメーカーや、それらを売りたい育毛関連サイトはあたかも髪の毛が生えそうな事を謳っていますが、実際は発毛にとってどれだけ無意味な成分か詳しく取り上げてみたいと思います。

酢酸DL-α-トコフェロールって何?

そもそも普通に生活している中でまず耳にすることのない「酢酸DL-α-トコフェロール」とはどういったものなのか?

トコフェロール」というのは自然界に広く存在するビタミンEを指し、酢酸DL-α-トコフェロールは人工的に作り出したビタミンEのこと。

多くの食品などに含まれるなど普遍的なビタミンEを、なぜわざわざ人工的に合成して作り出す必要があるのか?

それは天然のビタミンEが脂溶性であることに由来し、育毛剤をはじめ化粧品などに配合しても溶けず、効果が不安定であることに由来します。

水に溶けにくい脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)ではなく、水に溶ける水溶性の酢酸DL-α-トコフェロールを配合することで安定した効果を期待できる…というのが主な目的。

なるほど、そう考えると理に適っているようにも感じますが、冷静に考えりゃただのビタミンE。しかも本来の効力は合成より天然の方が上ときているから質が悪い。

酢酸DL-α-トコフェロールの一般的な効果

まあ、この成分の効果を頭ごなしに否定しても説得力はないので、まずは酢酸DL-α-トコフェロール(ビタミンE)が育毛剤に使われる理由を見てみましょうか。

■強い抗酸化作用

ビタミンEにはビタミンCと並ぶほどの強い抗酸化作用があるとされ、その効果は老化を促進させる活性酸素の除去や無力化が主となります。

この活性酸素は体中の細胞にダメージを与えるため、増えすぎると髪の毛の基になる毛母細胞や毛乳頭細胞を攻撃、薄毛になるという理屈。

ただ、酢酸DL-α-トコフェロールのような合成型のビタミンEの抗酸化力は天然のものに比べ60~70%程度しかないとされています。

そもそも抗酸化作用を持つ成分はビタミンCやリコピン、βカロテン、アスタキサンチンなど様々あるが、これで毛が生えたなんて話は聞いたことがないし、有用なデータも存在しない。

■血行促進効果

酢酸DL-α-トコフェロールには育毛剤定番の血行促進効果があります。

頭皮の血行が良くなれば酸素や栄養が十分に行き渡るようになり、結果髪の毛が生えるー的な意見が多いものの、血行促進してハゲが治れば苦労しない。頭皮マッサージを必死に行うもハゲていった先人に謝れ。

ちなみに発毛剤ミノキシジルは本来血管拡張剤なので強力な血行促進効果があるものの、その効果で髪の毛が生えているわけではなく、毛母細胞や毛乳頭細胞の増殖や分裂を強烈に促して発毛している。


ネットで酢酸DL-α-トコフェロールを調べるといかにも髪の毛が生えそうなことを書いているものが上位を占めていますが、これらはすべて育毛剤を売ってアフィリエイト報酬を得ようとする金儲けのサイトです。

言うまでもなくこの成分で育毛するという客観的なデータは存在しない。

多少なりとも血行促進効果や抗酸化作用があるのであれば、頭皮環境の改善には効果がありそうだが…

酢酸DL-α-トコフェロールはむしろ危険?

そもそも酢酸DL-α-トコフェロールは元々皮膚トラブルを起こす可能性があるとする「旧表示指定成分」で、弱い毒性があり、場合によってはアレルギー症状を引き起こすと規定されていた成分だって知ってましたか?

この旧表示指定成分は肌や皮膚トラブルを引き起こす可能性があるとして2001年3月まで表示が義務付けられていたもので、数は102種類あり、その中に酢酸DL-α-トコフェロールが含まれていました。

現在は全成分表示が義務付けられたためこの指定はなくなりましたが、考えようによってはこれまでリスクのある成分として個別に表示していたものが、全成分表示の中に埋もれ分かりづらくなってしまったとも取れます。

「無添加」を謳っている育毛剤ってよく見ますよね。

化粧品業界などでの無添加は一般的に酢酸DL-α-トコフェロールを含め102種の旧表示指定成分を配合していないものを指す場合がほとんど。

でも育毛剤の場合酢酸DL-α-トコフェロールなど旧表示指定成分を配合しているにも関わらず「無添加」を謳っているものも散見されます。

育毛剤の無添加はあくまでもパラペンやシリコン、着色料など各社が勝手に指定した数種の成分を添加していないという意味で、一般的な無添加のイメージとは程遠いので気を付けるように。

まあ酢酸DL-α-トコフェロールを塗って害が出る可能性はほとんどないだろうが、そういった事実をひた隠していかにも効果がありそうな事ばかり謳っているサイトが非常に多いので、「こういう側面もあるんだよ」と参考までに書かせてもらった。

酢酸DL-α-トコフェロールで髪は絶対に生えない

酢酸DL-α-トコフェロールは合成ビタミンEということで、頭皮に塗布すれば若干の抗酸化作用や血行促進作用は期待できるかもしれない。

ただし冷静に考えてみろお前ら。

男性型脱毛症(AGA)は主に遺伝によって分泌量が決まる5αリダクターゼと、男性が豊富にもつテストステロンという男性ホルモンが結びついて作り出されるジヒドロテストステロン(DHT)が髪の毛の成長を阻害するという、絶望感すら感じる強力なメカニズム。

ビタミンをチョロッと塗って髪生えると思うか?

しかも天然モノより劣る合成ビタミンEで、かつては表示指定成分ときた。頭皮環境改善どころか悪化させる可能性もゼロではない。

強力なメカニズムを持つハゲには同じく強力な発毛メカニズムを持つフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルでしか対抗できないと考えるのは自然…というか必然で、それは全世界での共通認識。

都合の良いことばかり言う育毛剤や育毛関連サイトに騙されるなよ。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧