育毛剤のほとんどはぼったくり価格

最終更新日:

育毛剤はほとんどぼったくり価格

私たちが薄毛が気になりだした時、その対策として真っ先に考えるのは育毛シャンプーや育毛剤などのスカルプケア商品ではないでしょうか。

そう言った理由から育毛剤などの商品を調べてみると、効果が実証されている発毛剤はまだしも、聞いたこともないようなぽっと出のメーカーが作った効果に根拠がない育毛剤が驚くべき価格で販売されているのを目にすると思います。

日本の正規品の発毛剤であれば1ヶ月6,000~10,000円ですが、個人輸入で発毛剤を買えば1ヶ月分1,000円程度に収まるのに対し、多くの育毛剤の価格は単品価格で10,000円前後がザラ。

なんで胡散臭い育毛剤の価格はこんなにも高いのか?

育毛剤の広告費が凄まじい

男性用の育毛剤の価格は非常に高価で、単品で購入すれば安くても7,000円以上、キャピキシル配合で高いものになると15,000円くらいするものまであります。

育毛剤に限らず化粧品分野は原価自体は非常に安いものの、新製品には研究開発費がかさむため価格が高くなるのが一般的。

しかし育毛剤に限ってはアフィリエイターに払う報酬が高額というのが大きな要因のひとつになっていると思われます。

というのも、育毛剤は毎月送られてくる定期コースだと割安になるのが一般的ですが、例えば育毛サイトのリンク経由で定期コース価格5,000円の育毛剤を購入してもらうと、そのサイト運営者に対し報酬も同額の5,000円程度支払われるのケースが非常に多いからです。

そのサイトが多くのアクセスを獲得しメーカーの売上に貢献するものであれば、“特別単価(特単)”という名目で10,000~20,000円になることも。

また、多くのサイトに貼り付けられており当サイトでも利用している「Google AdSense」にも積極的に出稿しているため、そちらのほうでもかなりの広告費がかかっていることでしょう。

育毛剤は高くて当たり前という風潮が存在しますが、実際の原価は非常に安くほとんどは広告費と思って間違いありません。

特にチャップアップに広告展開は凄まじいものがある。

■育毛剤がやたらと高いのは広告費が膨大にかかっているため
■特にアフィリエイターに払われる報酬は高額

育毛剤は研究開発費が膨大にかかっているのか

広告費に多額を費やしているのは育毛剤に限ったことではありませんし、新しい商品というのは研究開発費がかさむため価格を上げざるを得ないという事情も理解できます。

ただ、育毛剤ってそもそもそんなに開発費がかかっているのでしょうか?

大手の製薬会社や化粧品メーカーであれば自社の研究室で1から成分を研究したり開発したりといったことを行うので費用が膨れ上がるのは間違いないでしょう。

しかしネット上に溢れている育毛剤は聞いたこともない中小企業やベンチャー企業のものが非常に多く、多額のコストが発生する研究や開発を行うだけの体力がないのは想像に難くありません。

じゃあどうやって育毛剤を販売しているのか?答えは簡単、ノウハウを持つ企業に作ってもらって自社ブランドとして売ればいいのです。

その良い例が「ソヴール08」。これは天真堂という企業がOEMとして他社ブランドで販売するために作った育毛剤であり、ブブカ、チャップアップ、イクオス、マイナチュレといった、今では大人気の育毛剤が使用してしていたもの。

ちなみに現在もヴェフラという女性用育毛剤がソヴール08をそのまま販売しています。今となっては時代遅れ感は拭えませんが。

ブブカ・チャップアップ・イクオス・マイナチュレはその後ソヴール08をベースに独自の成分を追加しソヴール08からの脱却を図りましたが、製造は相変わらず天真堂。研究開発費はそれほど多くないと推測されます。

というか、こういった育毛剤の販売会社は天真堂などのOEM企業に対し数ある成分の中から「これを入れてくれ」と注文するだけの簡単なお仕事。

このように育毛剤を販売する会社はそもそもの経営規模が小さいため育毛剤の製造をノウハウのある他社に委託している場合が非常に多く、研究や開発に対してのコストはほとんどかかっていません。

とはいえ、OEM企業が作る育毛剤を買い取っている形になるため、そこに無駄なコストがかかっているのも否定できませんけどね。

興味深いのはブブカ、チャップアップ、イクオス、マイナチュレ、ヴェフラが前述のソヴール08を使っていた当時の価格設定。

商品名 内容量 単品価格 定期価格
ブブカ 120ml 12,600円 11,340円
チャップアップ 120ml 7,400円 9,090円
イクオス 120ml 9,350円 6,800円
マイナチュレ 120ml 5,502円 4,813円
ヴェフラ 120ml 7,538円 4,212円
※すべて税込(2018年10月現在)  

ブブカ、チャップアップ、イクオスの定期コースに関してはサプリメントも付属するため単純比較はできませんが、当時全く同じ育毛剤を使っていた割に価格にはかなりの差があります。

ソヴール08の仕入れ価格やパッケージのデザイン料に大きな差は生まれないでしょうから、この価格には宣伝費や利益などなどが色々と乗っていることになります。

とりあえずブブカのぼったくり感はすごい。チャップアップのような大規模な宣伝を行っていないことを考えると、凄まじい理系を乗っけているのは想像に難くないでしょう。

アフィリエイターに支払う報酬は?

一方で、育毛サイトを運営しせっせと育毛剤を紹介しているアフィリエイターに対し、1本売れるごとに支払われる報酬を見てみると…

  • ブブカ … 購入代金の20%
  • チャップアップ … 5,000円
  • イクオス … 5,000円
  • マイナチュレ … 3,700円
  • ヴェフラ … 4,000円(現在はアフィリエイトをおこなっていない)

…となっています。

かなりの高額であることが見て取れますよね。アフィリエイターに自社の育毛剤を紹介してもらうことも宣伝の一環であることから、商品価格のほとんどは宣伝費であることが伺えます。

育毛剤に限らず商品価格の大部分が宣伝費であることは珍しくないものの、なんかこう…馬鹿らしくなってくるのも確か。

育毛剤が高価なのは広告費とぼったくり

このように、中小零細企業が販売している育毛剤はOEM企業に企画や製造を依頼するため開発にはお金がかかっておらず、広告費が大部分を占めています。

また「高いほうが効果が高そう」という消費者心理やハゲている人の足元を見ている価格設定といえ、同じソヴール08を使っていてもマイナチュレやヴェフラは価格に敏感な女性用ということもあって値段を抑えているのでしょう。

一方の男性用はいかにも足元を見ている感が満載で、よく言えば「商売上手」、悪く言えば「ぼったくり」となるでしょうか。

アフィリエイターを使って発毛効果がない育毛剤の提灯記事を書かせ、それに騙されたハゲを食い物にしていると考えれば限りなくぼったくりに近いですけどね。

そういった効果とは関係ない無駄なものを徹底的に排除し、かつ低コストで製造・販売しているのがフィナロイドリグロースラボといった海外製の発毛剤。

日本の育毛剤の10分の1程度で購入でき、しかも効果は比べ物にならないほど高い。これらを使わない理由ってどこにあるのだろうと感じずにはいられません。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧