「過剰な皮脂で薄毛になる」は100%嘘

頭皮の皮脂ではハゲない

つい一昔前まで頭皮の皮脂は「悪」であり、薄毛を引き起こす大きな要因のひとつとされていました。月日は流れ現在ではこの説が嘘だという風潮になってきたものの、いまだに根強く残る頭皮の皮脂の問題。

現在はネットや書籍などでも「皮脂でハゲることはない」と語られるようになり、我々ハゲに一種の安心感を与えてくれています。しかし、それが分かっていても洗髪時などは心のどこかで「皮脂をしっかり落として毛穴を綺麗にしなければ」という意識が働きませんか?

そう、頭では分かっていても植え付けられた「皮脂=悪者」という認識を払拭できていないというのが実情なのではないでしょうか?育毛業界に携わる私ですらそうなのですから、同様の感覚に見舞われている人は多いと思います。

ここでは論理的に皮脂と薄毛の関係を否定し、こんなバカげた説に振り回されないような意識改革をしていきたいと思います。

なぜ「過剰な皮脂=ハゲ」という説が広まったか

つい数年前までは当たり前のように語られていた皮脂とハゲの関係。

毛穴に皮脂が詰まっていると髪の毛の成長を阻害し、髪が細くなったり抜け毛が増えたりして、結果薄毛になってしまうという論調がそこかしこに存在していましたよね。

なぜこんな説が広まったのか?

それは簡単、そういう印象を抱かせれば儲かる立場の人間が広めたに決まっています。具体的にはシャンプーや育毛剤を販売するメーカーや育毛サロンなどがそれにあたります。

毛穴の皮脂詰まり 右のような画像を見せられれば人間誰しも生理的に「汚い」と感じるでしょうし、毛髪業界からしてみればそういった嫌悪感を抱かせればこっちのものです。

そしてこういった毛髪・頭皮チェックを実際に行っている業界といえば…そう、育毛サロンですよね。

「毛穴詰まってますね」「うちの施術を行えば綺麗に取り除けますよ」「毛穴を綺麗にした上でオリジナルの育毛剤を使えばしっかり浸透して…」なんてやりとりが、今でも全国の育毛サロンで繰り広げられています。

実際、毛穴にびっしりと付着する皮脂を見ると髪の毛の成長を阻害しそうに感じますし、逆にそれが取り除かれれば髪の毛はすくすくと健康に育ちそうな印象を受けるでしょう。これこそが狙いなのです。

歴史の長いカロヤンはいまだに「頭皮の余分な脂を―」と謳っていますし、様々な育毛関連商品や多くの美容室などでも余分な皮脂を取り除くことで育毛に繋がると説いている。

育毛に携わる人間や髪の毛のプロがそう言うのですから、詳しくない人間が鵜呑みにするのは当然。しかし、それは育毛剤などの商品やケアというサービスの売り上げに直結するセールストークであり、背後にあるものは結局は“金”なのです。

ただ、いまだにこの「皮脂悪者説」を信じているプロもそれなりにいると推測され、良かれと思ってサービスを提供している場合も多々あると思いますから、悪質かどうかまでは判断できないことも付け加えておきます。

頭皮の皮脂が原因でハゲることはない

さて、では核心である皮脂と髪の毛の関係について書いていきましょう。

そもそも人間の毛穴は、異物が入ってこないようにするのと同時に皮膚を守るために常に皮脂が分泌されており、これは頭皮のみならず全身で行われています。

毛穴から皮脂が漏れ出ているのは極めて正常…というか、そうすることで肌を守っているため絶対に必要な体の機能。また、毛穴から毛が生えている場合、常に伸びている毛と共に皮脂も押し出されますから、「汚たねー」と感じる上図の頭皮の状態は至って普通かつ当たり前なのです。

むしろ、育毛サロンの施術後などに見せられるであろう綺麗な頭皮が“異常”。この状態は施術や洗髪直後だからありえるもので、数時間もすれば皮脂まみれの頭皮に逆戻り。でもこれが正常。

この状態は私達ハゲはもちろん剛毛フサフサの人も同様で、皮脂まみれの頭皮を薄毛の原因とするなら、2、3時間おきに髪の毛を洗っている人以外みんなハゲることになるでしょう。

まあ、2、3時間ごとに洗髪すると頭皮を守る皮脂が常に切れている状態になるから、外からの刺激に弱くなるし、乾燥しやすくなり真皮にダメージを与えかねないから、むしろハゲるけどな。

■薄毛の原因はあくまでもDHT

毛髪企業は薄毛の原因として様々なものを挙げ連ね不安を煽りつつも「対策をすれば治る」という希望を与え商品を売り込むのが常套手段で、ここで取り上げている頭皮の皮脂もそのひとつ。

しかし、薄毛は遺伝によって決まる5αリダクターゼという酵素の分泌量や感受性がカギを握っており、これがテストステロンと結びつくことで生み出されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因のほとんど。

極端な事を言ってしまえば、髪の毛や頭皮をどんなに乱暴に扱おうが、DHTが少なければハゲることはありませんし、逆にこれが多ければどれだけ入念なケアを心がけてもハゲます。容赦なく。

皮脂?なにそれ。

月並みなセリフではあるが、ほとんど入浴しないホームレスにフサフサが多いことを考えれば、皮脂でハゲる論がいかにバカげたことが分かると思います。

皮脂で薄毛にはならないが注意点も

皮脂によってAGAが引き起こされることは100%ないと断言できます。ただし、頭皮の皮脂が増えると髪の毛のボリュームが落ちるのは間違いありません。

これは皮脂が多くなっている時だけの一時的なもの。1日お風呂に入らないと髪の毛にまで脂が回りしっとりすることを思い浮かべれば分かりやすいかと。

皮脂によって薄毛になることはないものの、皮脂が多いと髪の毛のボリュームが抑えられてペタッとしてしまいますので、結果薄毛に見えるという可能性は否定できません。

まあ、毎日髪の毛を洗っていればこんなことにはなりませんが。

過剰な皮脂でハゲるは毛髪業界が作った嘘

髪の毛の回りや頭皮、毛穴に皮脂が付着している、生理的に「汚い」と感じる映像を用い「皮脂=薄毛」という印象操作に成功した毛髪業界は潤ったことでしょう。

特に育毛サロンでは実際に自分の汚れた頭皮を見せられるのですから、その効果は絶大ですよね。

しかし、近年は高価なシャンプーを製造・販売するメーカーを中心に、高級アルコール系の洗浄成分を使った市販のシャンプーでは皮脂を落とし過ぎると言いだし、皮脂を落とし過ぎないアミノ酸系洗浄成分が良いですよ~とのたまう。

振り回されるこっちはたまったものではない。

過剰な皮脂が原因でハゲることはないし、1日1回に入浴で安価な高級アルコール系のシャンプーで髪を洗ったところでハゲることも絶対にない。(→シャンプーでハゲることはまずない

男性にとって薄毛は人生を左右するほどの大きな出来事で、それだけに育毛関連商品というのはドル箱。重要なのは“効くかどうか”“事実かどうか”ではなく「消費者を信じさせれば勝ち」なのだから質が悪い。

東証1部に上場するような企業の多くが、それらしい理由を持ち出して情報操作しハゲに金を使わせる…これがまかり通っているのが現実です。

今現在、髪の毛の治療に関わるもので信用できるのは厚生労働省が医薬品として認可し医学的にも世界的にも効果が認められているフィナステリドやミノキシジルといった発毛剤のみです。

そして、男性の薄毛の9割を占める男性型脱毛症(AGA)の原因にしても、5αリダクターゼが生み出すDHT以外に医学的根拠があるものはありません。

ハゲはものすごいお金を生み出すだけに毛髪業界は嘘にまみれている…そういう認識を持ち、情報の取捨選択をしっかりと行えるだけの知識を身に付けて下さい。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧