ソヴール08ベースの育毛剤に騙されるな

ソヴール08ベースの育毛剤

ネット専売に育毛剤は色々と種類がありますが、報酬目的に育毛サイトがこぞって紹介し人気を得ている複数の育毛剤が天真堂のOEM用汎用育毛剤がベースになっているって知っていましたか?

1万円を超えるアフィリエイト報酬をエサにすることで多くの育毛サイトがうんざりするほど紹介しているチャップアップやイクオスもこれに該当します。

そもそも、これら育毛剤は今でこそ成分を追加し「ソヴール08ベース」ではあるものの、少し前までは何も手を加えずそのまんま自社のブランドを付けて販売していました。まあソヴール08はそのための育毛剤なのですが。

そんなソヴール08に隠された真実と裏側を暴いてみましょうか。

ソヴール08って何ぞや?

ソヴール08とは株式会社天真堂が企業向けに提供するOEM用の汎用育毛剤。

ブブカイクオスが必死にプッシュする「M-034」を配合していることが大きな売りで、当然この言葉や効果を創出したのも天真堂ということになります。

成分数は31種で、チャップアップやイクオス、ブブカがこれを使用していた実績があり、昔からの育毛剤を知っている人であれば31種にピンとくるものがあるのではないかと。

OEM用の育毛剤というのは、要するに天真堂が中身を作るのはもちろん、企業側の要請に合わせてパッケージや説明書もデザインし卸すもので、文字通り「汎用」という言葉がしっくりくる。

育毛剤メーカーはこれを右(天真堂)から左(ユーザー)に流すのが仕事となり、言うまでもなく自社開発では一切ない。もちろん開発費もかかっていない。

ソヴール08ベースの育毛剤はどれ?

さて、そんな汎用育毛剤ソヴール08を使っていた育毛剤というのはどういったものがあるのでしょうか?

もう上でも書いちゃったけど、男性用(男女兼用)としてはチャップアップやイクオス、ブブカなどネット上では超有名な育毛剤が名を連ね、また女性用育毛剤の代名詞になっているマイナチュレもこれに当たる。

一応証拠写真がこれ。

ソブール08を使った育毛剤

はい、四つ子さんです。しかも一卵性。

成分も販売製造元も一緒なのが見て取れると思います。なぜかチャップアップには最後に精製水が表記されているけど。

ただし、この4つの育毛剤がソヴール08を使っていたのは過去の話…というか、これらをベースに少し成分を変えたり追加したりして、現在は商品名の販売製造元も別のところになっています。

とはいえ根底はソヴール08なので、基本的な成分はほとんど一緒ですけどね。

そもそもソヴール08に発毛効果は一切ない

ベースが同じでも効けばいいじゃん

そう考える人は多いと思われ、実際に私も汎用育毛剤をベースにしていることを問題にしているわけではありません。

ただ、ソヴール08自体に発毛効果がないことが問題なのです。

言うまでもなくソヴール08は医薬部外品の育毛剤であり、成分を見ても数は比較的多いものの中身は極めて凡庸。M-034が金目的のアフィリエイト育毛サイトでもてはやされているものの、冷静に考えてみろ。ただの海藻エキスだぞ。

昆布から取ったただの海藻エキスだぞ?

それがミノキシジルと同等の“育毛効果”があるっていうんだから、見事な言葉のマジックと印象操作。当然“発毛効果”は一切ありません。

ちなみにM-034にミノキシジルと同等の育毛効果があると言い出したのは天真堂ではなくブブカ。

ブブカのM-034

あの有名なグラフを作ったのもブブカだが、比較対象は生えてくるスピード。新たな髪の毛を生やす発毛効果を比べたものでは決してありません。まあそこを比較しちゃうと悲しい結果になる上に薬事法にもひっかかりそうだからな。

M-034以外にもビワ葉エキスやらオウゴンエキスやら定番の成分が入っているが、当然こんなもので髪の毛が生えるわけもない。

自社の研究のように書いているのはほとんど嘘

面白いのは各社ソヴール08をそのまんま使用していた時から「研究の結果これにたどり着きました」的な表現を使っていたこと。

OEM用汎用育毛剤を使っておいて、よくもまあ。

研究の結果これにたどり着きました。(天真堂が)」が正解。

成分を追加した今のものはどうなのか?

そもそもこういった育毛剤メーカーは製薬会社と違い研究所なんて持っていないだろうから、研究もデータもクソもない。

おそらく外注して「これ入れてみましょっか」的な感じと推測されます。

芸能人が出す本の大半が本人談をゴーストライターが記事に起こして上手にまとめているのと一緒か。まああくまでも推測ですが。

とはいえ、世の中にはこういった商品が溢れているので、これ自体に問題があるというわけでは決してない。こうやって色々な会社がWIN-WINの関係を築いているわけですしね。

追加した成分のほとんどは雀の涙か

各社成分を追加してソヴール08を脱したわけですが、その成分がまたなんとも…

ブブカのように「M-034を60%増量」とか書いてくれると分かりやすいのですが、そもそも育毛剤は発毛剤と違い各々の成分量が明記してないので、新たな成分がどの程度配合されたのかさっぱり分からない。

ブブカのM-034増量だって、60%とか200%とか具体的な数字が示されてはいるものの、元になっている量が不明であるため結局は意味をなしていない。

あとは、イクオスのアルガス-2みたいに別の海藻エキスを追加してみたり、頭皮に塗っても何の意味も効果もないコラーゲンを配合してみたり。しかも量はごく少量と思われる。

そもそもソヴール08の時点でほぼ完成されていたので、ここに成分を足したところで蛇足にしかならない気もしますが、進化したところを見せて販売増につなげたいんでしょうね。効果のほどはさておき。

育毛剤の知識がない人からすれば成分量が多ければ多いほど効きそうな気がするでしょうし、多くのメーカーや育毛サイトにとって成分量が多いという事実は大きな売りになりますよね。

ただ、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどの発毛剤を見てもらえば分かるように、本当に効くものというのは成分を1種類~数種類に限定して濃度にこだわるものなんだが…

OEM商品なんだから安くて当たり前

自社で一切の研究開発をしていなかったチャップアップやイクオス、ブブカは、トップバリュなどのプライベートブランド同様本来安くて当たり前なのですが、これがまた恐ろしく高い。

それでも定期コースでは他の育毛剤に比べればやや安いものの、単品価格ならブブカが12,960円、チャップアップ7,400円、イクオス9,698円とバカ高いんです。

なんでOEM用の育毛剤を使っていたにもかかわらずこんなに高いのか?

それはブランドイメージもさることながら、馬鹿みたいに広告費がかかっているからで、チャップアップやイクオスの「1本売ったら報酬5,000円」を見ても明らかですよね。

しかも力のあるサイトに対しては特別単価として1本1~2万円の報酬に設定するんだから、安価な汎用育毛剤を高価にする理由のほとんどは広告費という事になる。

もちろん、これに関してもよくある話なので別に非難するつもりはありませんが、発毛効果がなくアホみたいな広告費が乗っかっているようなもの、私だったら絶対に買わない。死んでも買わない。

そこへいくとブブカのアフィリエイト報酬はかなり低めに設定されており、チャップアップやイクオスに比べ商品価格に広告費が乗っかっていないかと思いきや、一番高いんですよね。もう圧倒的に。

広告費が乗っかっていない代わりに利益がたっぷり乗っているんだろう。

今でこそ天真堂のソヴール08は使っていないものの、原価や仕入れ値を大きく上げることなど考えられませんから、名が売れて数がさばけるようになったスケールメリットを背景に別の会社で安く作っているんだと思われます。

アホくさ。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧