個人輸入の発毛剤が叩かれる本当の理由

個人輸入はダメ?

薄毛が気になりだした人の多くはまずネットで色々と情報収集すると思いますが、その中で発毛剤に関する批判を多く目にし、とりわけ個人輸入で購入する海外製の発毛剤は叩かれまくり。

もっともらしい言葉で塗り重ね、海外製のフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを使った発毛剤を批判し、「危険」とまで書く始末。

なぜ海外製の発毛剤はここまで叩かれるのでしょうか?

批判の内容には本当のことも多少含まれているものの、そのほとんどは海外製発毛剤の不安材料のみを過剰に叩き、危ないもの、体に悪いものだと錯覚させる印象操作というのが実情だったりします。

海外製の発毛剤は偽物が多い?

よく目にするものとして、海外製のジェネリック発毛剤は「偽物も多い」という批判があります。

2017年1月には日本の薬局でもC型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽物が混入していたとニュースになることがあり、信頼性が高いはずの日本の薬局でもそういったことが起きるのかと衝撃を受けた人も多いと思います。

また、偽薬が紛れ込んでいるものとして最も有名なのがED治療薬のバイアグラ。

どちらも海外で製造される医薬品で、こういったことが「個人輸入を用いた発毛剤にも偽物が紛れているのでは?」という懸念に繋がっていると思いますが、これらハーボニーやバイアグラとフィナステリドやミノキシジルを配合した発毛剤では事情が異なります。

■1錠あたりの価格が大きく違う

2017年に偽物が日本の薬局に入り込んだC型肝炎治療薬ハーボニーは、1錠の薬価が約55,000円。55円じゃないですよ、5万5千円です。

男性にとっては深刻なEDを治療するバイアグラは一般的に1錠1,500円前後。

これだけ高価な薬だと偽薬を製造する旨味もあるのでしょうが、海外製の発毛剤に目を向けると、最も人気があるフィンペシアミノキシジルタブレットが1錠約30円、デュタステリド内服薬でもベルトリドあたりなら1錠約50円ほど。

偽薬を作る側としては本物の薬価が高いほど旨味があるのは言うまでもなく、これだけ安い発毛剤の偽薬をわざわざ作るメリットは少ないと言わざるを得ません。

■個人輸入業者が成分鑑定をしている

海外製の医薬品を扱う個人輸入業者にしてみても、偽薬を売ったとあっては信用に大きく関わるため対策を行っています。

その最たるものが「成分鑑定」で、仕入れた発毛剤を無作為に抽出し専門機関において成分を分析してもらい証明書を発行しています。

個人輸入で購入できるフィナステリドやデュタステリドなどの発毛剤の多くはこれを行っており、偽薬が入り込むのを防いでいるのです。

1錠当たりの単価が安い発毛剤はそもそも偽薬を作るメリットが少なく、しかもそれを成分鑑定にもかけるのですから、「海外製の安価な発毛剤には偽薬が多い」なんてナンセンスもいいところです。

製造している製薬会社が怪しい?

本来「ジェネリック医薬品」というのは、先発薬の特許が切れたのち、他社がそれらのデータを使用し同じ成分の薬を作ったもの。研究・開発や臨床試験を行う必要がほとんどないため低コストで製造できるのがメリットです。

一方、海外製のフィナステリド、デュタステリド内服薬は、先発薬であるプロペシアやザガーロの特許が切れていないため、「同じ成分を使って勝手に作っている」というのは間違いありません。

先進国では国際特許などによりこういった行為は許されないものの、インドなどは元々国際特許の条約に加盟していなかった背景があり、また国自体が貧しく先発薬は高すぎて使えないため、安価なジェネリック医薬品を“勝手に”作る製薬会社が急成長しました。

そう聞くとものすごく胡散臭い印象を受けますが、フィンペシアやフィナロ、ベルトリドなど主要なジェネリック発毛剤を製造するシプラ社やインタス社などは製薬会社は年間の売上高数百億~数千億円の大手。

比較的貧しい東南アジアはもちろん、アメリカやヨーロッパなど先進国にもジェネリック医薬品を正規に流通させ、生産拠点も様々な国に構えています。

ご存知の通り日本ではシプラ社など海外製ジェネリックが流通することはないため、「怪しい」という印象を抱きがちですが、フィンペシアやデュプロストを製造するシプラ社はジェネリック医薬品を世界150ヶ国以上に流通させており、むしろ日本がガラパゴスだったりするのです。

一番の理由は結局お金

個人輸入を用いて購入できるフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルを用いた発毛剤が過剰に叩かれているのは周知の事実ですが、実際はこれに留まらず正規品であるプロペシアやザガーロですらネット上では批判されまくっています。

これには勃起障害や性欲減退といった副作用が大きく影響しているものの、実はこれは口実に過ぎないのです。

確かに発毛剤はその強力な効果により副作用のリスクもゼロではないものの、それは病院で処方される薬すべてに当てはまることですし、発毛剤自体その発現率は決して高くなく、医薬品の中ではむしろ安全な部類に入ります。

それにもかかわらず発毛剤が批判の的にされるのは、個人輸入の発毛剤が売れることで損を被る、もしくはそれ以外に売りたいものがあるから。

端的に言ってしまえば、結局「」がらみなのです。

これについては「育毛剤がネット上で絶賛される理由」「育毛剤と発毛剤のアフィリエイト報酬の差」でも詳しく取り上げていますので、興味のある方はそちらを参照してもらいたいと思います。

要は、育毛関連サイトを運営する人間にとっては1つ売っても200~500円程度にしかならない発毛剤より、1本売って5千円にも1万円にもなる育毛剤を売った方が遥かにおいしいという話。

当然育毛剤で髪の毛が生えることはないものの、育毛サイトを運営する人間やメーカーにとって重要なのは「高い育毛剤が売れて儲かる事」なので、唯一髪が生える効果がある発毛剤を徹底的に叩き、副作用も発毛効果もない育毛剤を売ろうとします。

都合が良いことに発毛剤にはそれを行う上で標的になるものが複数存在し、それが「海外製」「海賊版」「偽物」「副作用」といったワードなのです。

日本の医療機関で処方されるプロペシアとザガーロは上記のワードのうち副作用しか叩けるところがないため、ここに集中砲火を浴びせつつプロペシアが1ヶ月7,000円前後、ザガーロで10,000円前後と価格が高いことについてもチクチクし、育毛剤の優位性を訴えかけます。

これまで書いてきたように、本来は個人輸入を用いた海外製の発毛剤に過度な心配をする必要なんてないんですけどね。

金の力は偉大…というか、人間の欲望は果てしない。

個人輸入の発毛剤を叩くサイトの特徴

多くの育毛関連サイトで叩かれまくっている海外製のジェネリック発毛剤ですが、批判を行うサイトには大きく分けて2パターンあります。

■とにかく育毛剤を売りたい

圧倒的に多いのがこのタイプ。

医学的に発毛効果が認められているのはフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルの3つのみで、当然発毛効果もこれらにしか存在しないため、普通に考えればまず発毛剤を使おうとするでしょう。

しかし発毛根拠が一切ない育毛剤は価格1万円に対して、売れた際のアフィリエイト報酬も1万円払うなんてことはザラなので、育毛サイトはどうにかして育毛剤を売ろうとします。

手っ取り早くそれを行うには、薄毛男性の多くが選択するであろう発毛剤の印象を悪くし、かつ育毛剤の素晴らしさをこれでもかと紹介すること。いわゆる印象操作です。

こういったサイトは個人輸入で買える海外製のジェネリックはもちろん、医療機関で処方されるプロペシアやザガーロ、ミノキシジルを配合した大正製薬のリアップシリーズを徹底的に乏しめ、最後にチャップアップなどの育毛剤を紹介してくるので非常に分かりやすいと思います。

■AGAクリニックを勧めるパターン

上記に比べれば少数派、かつやや良心的なパターンがこれ。

自サイト経由で一部のAGAクリニックの予約を取らせ来院させれば10,000円以上の高額な報酬が受け取れるため、個人輸入の発毛剤の危険性をひたすら書き連ね、正規品であるプロペシアやザガーロを処方するAGAクリニックに誘導しようとする手法。

海外製のジェネリックを勧める私ですら、日本の病院で処方される発毛剤と、海外製の格安ジェネリック、どちらが安全かつ信頼性が高いかと問われれば「日本のプロペシアやザガーロ」と答えざるを得ない現実があります。

そりゃ、正規の製薬会社が日本に向けて作った医薬品より安全かつ信頼に足るものが存在するはずはありませんよね。

ですので、信頼性を重視すれば発毛剤を処方する医療機関や皮膚科に誘導するという考えは決して間違ってはいません。ただし、そこに高額な報酬や医学的根拠のない治療法が絡んでいなければ、ね。

というのも、AGAクリニックの中には発毛剤の処方以外に胡散臭い育毛サロンまがいのことをするところも多いのが実情。

厚生労働省や日本皮膚科学会などのガイドラインに沿えば発毛剤の処方のみで対応するべきなのですが、実際はあの手この手で患者から金をせしめようとするAGAクリニックも多いのです。

全国に数多ある良心的な医院や皮膚科ではプロペシアやザガーロのみの処方に留めていますし、そういったところはアフィリエイト報酬を支払い育毛サイトに提灯記事を書かせてまで患者を獲得しようとは考えません。

つまり、育毛関連サイトで紹介しているAGAクリニックの多くは、発毛剤の処方以外に儲けを生み出す“裏”があると思っておいて下さい。

費用を取るか信頼性を取るか

上でも書いたように、私自身信頼性・安全性においては日本の医療機関で処方されるプロペシア・ザガーロに勝るものはないと考えています。

しかし、これらは高い。あまりにも高い。

発毛剤の服用は「髪が生えれば終わり」というわけではなく、生えたら生えたでそれを維持するために飲み続ける必要があります。

それは私たちが「もうハゲでもいいや」と受け入れるまで続くため、人によっては十年単位で飲み続けることになるでしょう。そこまで想定した場合、日本の発毛剤ではいくらかかるとおもいますか?

仮に最新のザガーロであれば、1ヶ月10,000円前後必要になりますから、1年間で12万円。10年で120万円です。

仮にこれをデュタステリド内服薬で最も安いベルトリドに替えれば、8分の1~10分の1の出費で済むことになります。一度に買う箱の量にもよりますが、1年間で12,000~18,000円くらい。ザガーロと同じ成分・効果で、です。

確かに海外製の発毛剤は正式なジェネリックではないものの、先進国をはじめ70~150ヶ国に流通させている大手製薬会社の品質を過度に心配する必要があると思いますか?

1錠当たりの薬価が安いため偽薬を作る旨味も少なく、しかも個人輸入業者が成分鑑定も行なっている状況で偽薬が入り込む余地がどれだけあるというのか。

信頼性では確かに日本製です。

しかし価格差を考えた時、その信頼性に足るだけの価値があるのかどうかを決めるのは私達消費者ではないでしょうか。

実際、費用面から海外製のジェネリック発毛剤を使用し、髪の毛が生えたという人は星の数ほどいます。個人輸入なら日本のプロペシアの価格(1ヶ月7,000円前後)を出せば、デュタステリド内服薬+ミノキシジルタブレット+ミノキシジル外用薬すべて使ってもお釣りが来ます。

個人輸入でも信頼性を考えるならザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社製のアボダートや海外製のプロペシアを購入するという方法もあります。

発毛剤に対し第一に何を求めるのか?

印象操作を行う育毛サイトに騙されず、今一度自分でよく考え、最適な選択を行っていただければ幸いです。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧