育毛剤ランキングは大嘘 その裏側とは

育毛剤ランキングは大嘘

育毛関連サイトの多くに設置されている育毛剤ランキング。中にはランキングのみに特化した大規模サイトなども散見され、これを参考に育毛剤を選んでいるという人もいると思いますが、このランキングを信用するのは絶対ダメですよ。

育毛剤で髪が生えることはない事実はとりあえず置いといて、どれを選ぼうか迷った時は色々なサイトのランキングに頼る場合もあると思います。

だが育毛剤ランキングはキング・オブ・クソ。

そもそもランキングなんて信用できないものが多いのだが、それにしたって育毛剤ランキングはツッコミどころ満載なので、そのクソっぷりを余すことなく紹介していきましょう。

何を基準にしたランキングなのか?

そもそも育毛剤のランキングって何を基準に順位付けしてるのでしょう?

効果?価格?成分?バランス?

育毛剤の使用を検討している人であれば優先順位の上位は「効果」と「価格」だと思われ、価格に関してはハッキリと数字に表れているのでランキングに信憑性もあるでしょう。

なら効果はどうか?

臨床試験をしっかりと行っているフィナステリドやデュタステリドなどの発毛剤であれば詳細なデータがありますが、そんなもん一切行っておらず発毛効果は一切ない育毛剤をどうやって効果でランキング付けするのか?

そんなの無理に決まってる。しょせんは個人の主観によるもの。

「最も売れている育毛剤ランキング」であれば、実際の売り上げをそのまま順位付けすればいいだけなので、そういったものなら信用できる…と思ったら大間違い。

こういったランキングに真実を書く義務などないため、サイト運営者の多くは「実際のランキング」ではなく、「自分が売りたい育毛剤ランキング」「金になる育毛剤ランキング」を掲載しているのが実情なのです。

そこには当然、育毛剤ごとのアフィリエイト報酬の単価や売りやすさが影響しており、ぶっちゃけてしまえばより単価の高く売り上げが見込める育毛剤を上位に掲載し印象操作をしてお金を稼ごうとしているだけ

特別単価の条件になっていることが多い

そして金儲けのためのランキングに成り下がっている原因の多くに「特別単価(特単)」の存在があります。特単とはより強く売り込んでもらうために基準となる報酬額より高い単価を個別に設定すること。

これはアフィリエイトを提供している企業(ASP:アフィリエイト・サービス・プロバイダ)が、ある程度のアクセスや売り上げが見込めるサイトに対して提案するもので、力があるアフィリエイターやサイトになると自分から申し込むことも。

それでなくても高単価が魅力の育毛剤ですが、特別単価の威力は凄まじく、チャップアップやフィンジアのように標準単価4,000~5,000円のものが一気に15,000~20,000円になることも。(→チャップアップをおすすめするサイトは金目的

しかし、多くの場合これには条件が付きます。

それは、「記事の目立つところに広告を掲載する」「一定の本数以上売り上げる」「詳細なレビュー記事を書く」など様々ですが、最も多い例が「ランキングの1位または上位に掲載する」なのです。

何となく見えてきましたね?

ASPや広告主にとってはランキング上位にしてもらうことで売り上げ増が見込め、育毛サイトを運営するアフィリエイターはその見返りとして高単価の報酬を受け取る…まさにWIN-WINの関係なのです。

ただし、このWIN-WINな関係は広告主やアフィリエイターだけの話であって、そんな情報に踊らされ高いだけで髪が生えない育毛剤を売りつけられる消費者は完全に被害者だがな

髪の毛が生える商品のランキングではない

冷静になって考えてみて下さい。

私達ハゲが育毛剤や発毛剤の望むのは「髪の毛が生えてハゲが治ること」ですよね。本当に消費者目線で育毛剤ランキングを考えた場合、それは髪の毛の生えるものをおすすめするのが本筋。

そこに医学的かつ世界的に毛が生えると認められたフィナステリドやミノキシジルが入っていない時点で、薄毛に悩む人の欲求を満たしていません。

満たしているのは金が欲しいという自分の欲求のみ。

まあ、“育毛剤”ランキングなのですから、発毛剤が入っていなくても筋は通るという考えなのかもしれませんが、発毛効果が一切ない育毛剤など気休めにしかならないのは言うまでもない。

今ある残り少ない髪の毛に、ちょっとコシやハリが出れば満足というのであれば育毛剤使用も止めはしないが。

ただ、仮に「残りの髪の毛にハリやコシが出ればいい」「一切の副作用リスクを許容しない」と考えていたとしても、育毛剤ランキングはユーザー目線ではなく、運営者が売りたい育毛剤ランキングであることを忘れないで下さい。

育毛剤ランキングは絶対に信用するな

ただね、これまで何度も書いているように、 育毛剤はすべて「薄毛になった部分に髪を生やすもの」ではなく「今ある少ない毛にハリやコシが出れば万々歳」という性質のものなので、ハッキリ言ってどれ使っても大差ない。

つまり、育毛剤を使用しようとしている時点でハゲを諦めていることと同義

とはいえ、育毛や発毛に詳しくない多くの消費者はそんなこと知る由もなく、育毛剤に一縷の望みをかけ「少しでも良いものを」と必死に探しているのです。

そして、それを食い物にしているのが育毛剤ランキング。

こんなものに騙される人間が少しでも減ってくれれば…と願わずにはいられませんが、一方で別の育毛サイトでは堂々と育毛剤ランキングを掲載しているジレンマ…しょせん私も同じ穴のムジナなんだよな…

せめてこのサイトを見ている人だけでも…という身勝手を許せ。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧