育毛剤の定期コースはお得ではない

発毛剤と育毛剤の違い

ほとんどの育毛剤には購入に際し「単品購入」と「定期コース」が存在し、単品での購入は定価もしくはそれに近い価格で販売される一方、定期コースでは大きな割引が適用されたりサプリメントなどがプレゼントされたりといった特典があり、お得感を演出しています。

しかしそれは単品価格や定価を“ぼったくり価格”と言えるほど割高に設定し、あたかも定期コースがお得に見えるようにする育毛剤メーカーの戦略です。

メーカーとしては定期コースで購入させれば購入者が解約など何かしらのアクションを起こさない限り安定した売り上げが期待できます。

また、購入者が定期購入を止めたい場合電話などでキャンセルや停止をメーカーに伝える手間が発生するため、ついつい惰性で続けてしまいがちですが、それこそがメーカーの狙いでもあります。

定価など本来の価格を高く見せ定期コースに誘導する育毛剤の手口。典型的な例を挙げて見ていきたいと思います。

典型的なぼったくり設定のチャップアップ

チャップアップはぼったくり

自サイトから売れば5,000~20,000円貰えるという高額のアフィリエイト報酬を設定していることから、ネット上でうんざりするほど賞賛・絶賛記事が溢れているチャップアップは定価を馬鹿みたいに高く設定している典型例。

というのも、チャップアップの定価は14,800円となっていますが、単品購入の時点で半額の7,400円になるという意味のない定価設定になっているから。

小売店が割引するというのであればまだしも、公式サイト上ですら常に希望小売価格(定価)の半額で販売するなら、実質7,400円が定価ということに。

「本来は14,800円もする育毛剤なんですよ」とでも言いたいのだろうが、常に半額で販売していては説得力がない。定価の存在はお得に見せるための“かませ犬”と見られても仕方ないでしょう。

現在は定価が7,400円になっている

かつては定価14,800円だったチャップアップも、現在は税別7,400円に改められている様子。さすがに公式サイト上で常に半額というのは問題ありと判断したのかもしれません。

チャップアップ半額は中止
出典:チャップアップ公式サイト


このあたりの対応はさすが“WEBを中心に販売する育毛剤NO.1”といったところか。消費者に「髪が生える」と勘違いさせる手法は相変わらずだが。

定期コースの割引率もすごい

チャップアップの定期コースは常にセール価格

定期コースになると単品価格7,110円(自称)のサプリメントが付属して9,090円と非常にお得になる。育毛剤とサプリメントを単品で買おうとすると計15,950円。それがセットの定期コースだと9,090円と消費者目線の超お得設定となっています。

まあ「発毛」という観点から見ればチャップアップの育毛剤とサプリメントなんて水とラムネみたいなものなので、9,090円でも十二分にぼったくり価格ですが。

かつての「育毛剤だけで定価14,800円」に比べれば、過剰なお得感の演出は控えめになったものの、定期コースではいまだ43%割引と凄まじい割引率を誇る。そもそのも価格設定がおかしいだろうというレベルで。

普通の感覚を持った人であればこれを見て「超お得じゃん!」と感じるとは考えにくいが、中にはいるんでしょうね。この割引っぷりが魅力に感じる人が。

チャップアップに限った話ではないが、インターネットを中心に販売している育毛剤は定期コースありきの価格。単品価格は参考にすらなりません。

定価が形骸化しているイクオスEXプラス

イクオスEXプラスの定価は形骸化

イクオスEXプラスは後発ながらチャップアップを相当強く意識している育毛剤で、定価のぼったくり感も似たような感じになっています…というか、チャップアップが低下を引き下げたため、現在ではイクオスの方が質が悪い。

育毛剤の定価は税別12,800円と以前のチャップアップに比べ安いものの、単品購入の時点で26%オフの9,480円になるので、やはり定価はあってないようなもの。期間限定の割引ならまだしも、万年これだから定価に説得力はない。

一方、定期コースになると定価9,480円(税別)の育毛サプリメントが育毛剤とセットになって1ヶ月分が税別7,980円と凄まじい割引っぷりに。その割引率は約64%に及びます。だって12,800円+9,480円=22,280円が定期コースだと7,980円になるのですから。

元々はチャップアップの2番煎じとして低価格を売りに登場したイクオス。本家であるチャップアップが大幅な割引を控える方向に舵を切ったのに対し、イクオスはEXプラスに進化(?)した現在も割引神話に囚われている印象。

企業にとって定期コースは安定した売り上げを見込めるとあって、イクオスは定期コースしか眼中にないような価格設定といえるのではないでしょうか。ここまで定価が形骸化すると滑稽すぎて笑ってしまう。

言うまでもないと思いますが、これは定期コースがお得なのではなく、定期コースの価格こそが本来の価格と見るべき。単品価格や定価など定期コースをお得に見せるための演出でしかないのです。

発毛剤の場合

発毛剤の値段はほぼ定価

参考までに発毛剤の価格も紹介しておきましょう。

海外製の発毛剤を除外し、日本においてネットで購入できる日本製の発毛剤というのはミノキシジル1~5%配合した大正製薬のリアップシリーズと、アンファーのメディカルミノキ5、ロート製薬のリグロEX5あたりが代表格。

近年は様々なドラッグストアのプライベートブランド的なリアップX5ジェネリックが登場しており、高価なアンファーやロート製薬のリアップX5ジェネリックを購入するメリットは皆無と言っていいでしょう。

メディカルミノキ5は公式サイト、通販サイト共に購入できますが、定期コースは存在せず価格も定価販売に徹しています。リアップは公式サイトでの販売は行っておらず、通販サイトであれば定価7,752円が最大1,000円引きくらいで買える状況。

医薬品というだけあって安易な安売りなど行わないという姿勢が見て取れます。…というか、値引きを極力行わない姿勢はブランドイメージ構築のためには欠かせない要素なんですけどね。

このあたり、実際に発毛効果があるミノキシジル外用薬であればまだしも、髪の毛を生やす発毛効果がないチャップアップやイクオスEXプラスといった育毛剤にブランドイメージなど期待するだけ無駄。

髪の毛が生えるっぽい雰囲気とお得感を演出し、ハゲを騙すことに注力している…それが育毛剤なのですから。

余談ですが、日本ではリアップX5ジェネリックといえど、5,000円の出費は覚悟しておく必要がある一方、アメリカ製のミノキシジル5%製剤であれば1本1,700円程度で購入でき、しかもリグロースラボM5ならリアップX5プラスネオ以上の浸透力が期待できる。

価格はリアップX5プラスネオの約5分の1、先進技術を採用した浸透力、信頼性が高いアメリカ製など、リグロースラボM5の存在を認識しているのであれば、これを使わない理由が見当たらないレベル。

発毛剤の値段はほぼ定価リアップX5プラスネオやそのジェネリック医薬品など、ミノキシジル5%外用薬の使用を考えている人は、リグロースラボM5も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみにミノキシジル15%のリグロースラボM15でも3,500円とリアップの半額。より強い効果を望む人はこちらを。

リグロースラボM5の詳細

定期コースは決してお得ではない

育毛剤に限らず化粧品や健康食品などはお得な定期コースを設定している場合が多いものの、まともな商品や良心的な価格設定にしているものはせいぜい定価や単品購入に対し10~20%OFF程度です。

一方育毛剤は定価や単品購入の価格を異常に高く設定している場合がほとんど。それによってお得感を演出したいのでしょうが、見る人が見ればその胡散臭さから逆に警戒する…のだが、知らない人が見ればやっぱりお得に感じるよね。

「定期コースの価格が本来の価格」という点に注意すれば、見た目だけの過剰な割引に騙されることもなくなるでしょう。

これがネット専売の育毛剤の特徴と言われればそれまでですが、女性用育毛剤で人気のマイナチュレやベルタ育毛剤などは定価の時点でしっかり価格を抑え、胡散臭さを排除している。価格に敏感な女性向けとの対応の差なのかもしれません。

ぶっちゃけてしまうと、男は馬鹿で単純ということになるのか?

育毛剤の効果を考えれば定期コースの価格ですらぼったくりのようなものですが、どうしても育毛剤の使用を考えるのであれば、せめて定価や単品価格の値段から「定期コースお得じゃん!」と騙されないように気を付けるようにしてください。

高い効果で人気の発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧