フィナステリド 薄毛治療の救世主

日本で初めて販売された発毛剤は1999年に発売されたミノキシジル配合の大正製薬リアップですが、当時のリアップはミノキシジル濃度が1%だったこと、そして一定の効果はあるものの劇的な効果は望めない外用薬だったことから、発毛剤といえど「育毛剤+α」の印象は拭えませんでした。

そんな状況を大きく変えたのが2005年に正式認可され同年に発売されたプロペシア

プロペシアはフィナステリドを主成分とした内服の発毛剤で、すでに世界中で男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用されていたそれはこれまでの薄毛治療を一変させました。

今でも薄毛治療の最前線にあるそんなフィナステリド。どういった薬でどんな特徴や副作用があるのかについて詳しく見ていきたいと思います。

フィナステリドって何?

発毛剤として世のハゲ男性に大いなる希望を与え続けているフィナステリドですが、これは発毛剤として開発されたものではなく、もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発、使用されたものでした。

しかしその後フィナステリドの服用で髪の毛の成長が確認され、発毛剤として転用され世界中で使用されるようになったという経緯があります。

前立腺肥大症はテストステロンと5αリダクターゼ(5α還元酵素)が結びついて生成されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因になりますが、男性型脱毛症(AGA)も前立腺肥大症同様にDHTが原因だったのでフィナステリドで薄毛が改善される結果に。

フィナステリドの発毛メカニズム

フィナステリドは上図のように5αリダクターゼの働きを阻害する作用があり、それによってDHTの生成を抑制し薄毛を改善します。

非常に効果の高いフィナステリドですが、男性ホルモンに働きかけること、そして胎児の生殖器の成長に悪影響を与える可能性があることから女性…特に妊婦の使用は禁忌とされているので注意が必要です。

■フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬
■5αリダクターゼを阻害し薄毛の原因となるDHTの生成を抑制
■女性の使用は効果がない上に妊婦の場合胎児に悪影響もあり使用できない

フィナステリドの副作用は?

育毛剤と違いフィナステリドはしっかりとした発毛効果のある薬なだけに副作用が出る可能性はゼロではなく、主なものは以下のようになります。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

フィナステリドの副作用でもっとも多いのが性欲(リビドー)減退で、2%程度の頻度で現れるとされており、次いで勃起障害(ED)や射精障害が挙げられるなど性機能に関するものが多くなっています。

これは薄毛の原因でもあり男性ホルモンでもあるDHTが減少することによって起こり、AGAの改善に向かっていることの裏返しでもあります。

ただ、ミノキシジルの発毛剤としての限度量が本来の使い方の10分の1の10mgであるように、フィナステリドも前立腺肥大症の人が使う5mgに対し発毛剤の上限は1日1mgと少なく、ほとんどの副作用の頻度は1%未満と低いものになっています。

■フィナステリドの代表的な副作用は性欲減退や勃起障害などの性機能障害
■副作用の頻度は決して高くはない

女性に効果はなく妊婦は触ることも禁忌

男性の薄毛には非常に大きな効果があるフィナステリドですが、男性ホルモンを減らすよう働きかける作用であるため女性には効果がないというデータが示され使用するべきではないとされています。(→髪が生えると唯一認められる発毛剤

というのも、女性の薄毛は男性に比べ遺伝の要素が少なく、生活習慣や食生活の乱れなどから女性ホルモンであるエストロゲンが減るなどホルモンバランスが崩れることが大きな要因だからです。

また、DHTは薄毛や前立腺肥大症の原因になるとはいえ生殖器などの成長に欠かせない男性ホルモンでもあるため、胎児の生殖器の発達障害を引き起こす恐れがあります。

このことから肌からも吸収される可能性があるフィナステリドは妊婦の使用はもちろん、薬に触ることも禁忌とされ、家族が家でフィナステリド内服薬を使用している場合は注意が必要です。

女性の場合フィナステリドとデュタステリドという2つの発毛剤は使えないため、本当に薄毛を治したい女性の選択肢はミノキシジルか、もしくは世界中で使用される育毛剤パントガール、ルグゼバイブあたりになるでしょうか。

■フィナステリドは女性が使っても効果がない
■妊婦は使用はおろか触ることも禁止されている

フィナステリドは決して怖い薬ではない

フィナステリドの限ったことではありませんが、発毛剤は価格が安く売っても旨味が少ないため、1本売っただけで高い報酬が貰える育毛剤を売ろうと副作用を中心に発毛剤を叩くサイトやブログが非常に多くなっています。

フィナステリドには確かに性機能関連の副作用が出る可能性があるものの、その頻度は決して高くありませんし、何よりそれは発毛剤が効き薄毛の改善に向かっていることを意味しています。

一方、育毛剤には確かに副作用はありませんが、髪の毛が生える効果もなく、それでいて広告費にバカみたいなお金をかけているため非常に高価です。

どんなにお金を出して育毛剤を使っても、しょせん発毛根拠の全くない栄養剤のようなものなので、本気でハゲや薄毛をどうにかしたいと考えている場合はまずフィナステリドなどの発毛剤を使うようにして下さい。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧