プロペシアの発毛効果と副作用とは?

ハゲの救世主プロペシア

現在では薄毛治療の第一選択薬であるプロペシアは日本初の内服タイプの発毛剤で、それまで治療は事実上ほぼ不可能となっていた男性型脱毛症(AGA)の治療に大いなる希望をもたらしました。

1999年に大正製薬のリアップが日本初の発毛剤としてミノキシジル配合のリアップを発売しているものの、当時の濃度は1%だったうえ頭皮に塗布する外用薬の効果はそれほど強いものではありませんでした。

その状況を一変させたのが2005年に日本で正式に認可・発売されたプロペシア。多少の副作用リスクはありますが高い効果によって薄毛の治療を根本から変えたと言っても過言ではないでしょう。

そんな発毛の常識を変えたプロペシアについて、発毛効果や作用メカニズム、副作用に至るまで詳しく見ていきましょう。

プロペシアとは

プロペシアはアメリカのメルク社(MSD社)が製造・販売する発毛剤で、フィナステリドを主成分とした経口内服薬。フィナステリド含有量0.2mgと1mgの2種類があります。

プロペシアの主成分であるフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたもの。5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害することにより「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制するという作用を持っています。

プロペシアの発毛メカニズム

このDHTが前立腺肥大症原因となっていたことから、その作用を抑えるために開発されたフィナステリドでしたが、服用した患者に髪の発毛が見られたため発毛剤として転用された歴史があります。

男性の薄毛の9割以上を占めるとされる男性型脱毛症(AGA)は前立腺肥大症と同様に男性ホルモン「テストステロン」と5αリダクターゼが結びついて生まれるDHTによって引き起こされることから、フィナステリドがAGAに効果を示すのは当然の流れだったのでしょう。

そう、つまり5αリダクターゼの働きを阻害することによってDHT生成を抑制、結果薄毛の改善が期待できるというのがプロペシアのメカニズムなのです。

日本のフィナステリド内服薬で認可されたものは長らくプロペシアのみだったため、AGAクリニックで処方される発毛剤の選択肢はない状況でしたが、近年は大手製薬会社であるファイザーなどから正式なジェネリック医薬品が発売されています。

プロペシアの発毛効果

では具体的にプロペシアにはどの程度の効果が望めるのでしょうか? 日本でプロペシアが承認された際に示された臨床試験データを見てみましょう。

プロペシアの臨床試験データ

このデータを見るにプロペシアは長く使えば使うほど改善する割合が増えていることが伺えます。

とはいえ、1年使ってAGAが改善する人は約6割。思いのほか低い気がしますよね。しかし基本的に進行する一方であるAGAの進行を止めるだけでも十分効果を発揮しているといえるのです。

効果の大小は個人差があるものの、進行なしまで考慮するとプロペシアは実に98%の人に効果を発揮することになります。プロペシアに代表されるフィナステリドが世界中で使用されるのも頷けるのではないでしょうか。

使用の有無で差が開く髪の毛の本数

プロペシアにはもうひとつ面白いデータがあります。それは5年間の使用した場合と不使用だった場合の本数の推移を示したもの。

プロペシア5年間使用の効果

これはプロペシアを使用した群とプラセボ(偽薬)を使用した群の髪の毛の本数を5年間にわたって調査したもの。矢印内の数字はプロペシアの使用の有無で平均本数にどれだけ差が開いたかを視覚化しています。

プロペシアを使用している群を見ると1年目をピークに本数が減少に転じているのが分かります。これは使い始めた当初は薬の効果により髪の毛が一気に増えるも、その後頭打ちになり維持に終始するためと推測されます。

とはいえプロペシアを使用すれば5年後になっても使用前の本数より多い水準を維持できていることが伺えます。5年の間にAGAが進行しているにもかかわらずこの成績は大したもの。

対してプラセボ群は薄毛が加速する一方。投与前は5.1平方センチメートル内に903本あった髪の毛は、5年で約4分の1が失われる結果に。

最終的にプロペシア使用群とプラセボ使用群での本数の差は277本。投与前はプロペシア群が平均本数876本、プラセボ群が903本であったことを考えると、この277本がいかに大きな割合を占めるかが分かるはず。

前述のデータでは進行なしもそれなりに多いことが示されていましたが、AGAの進行を食い止めることで数年後に大きな差となって表れるのです。

やや薄い状態での現状維持では納得できないという人もいるでしょう。しかし数年後に完全なハゲになるよりはよっぽどましなのではないでしょうか。

プロペシアの副作用は?

プロペシアの副作用

プロペシアは高い発毛効果が期待できるものの、副作用が出る可能性もあります。ネット上ではプロペシアの副作用を過剰に煽る傾向にあるため、これが気になって使用に踏み切れない人もいるでしょう。

主成分であるフィナステリドは元々が前立腺肥大症の治療薬ということもあり、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する効果は大きいのですが、一方で強い作用がある薬に副作用はつきもの。

性欲や生殖器の成長を司る強力な男性ホルモンであるDHTの生成を抑制するため、発現率は低いながら性機能に関連する副作用が出る場合があります。

プロペシアの服用で考えられる副作用とその発現率は…

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

もっとも頻度が高いのは性欲(リビドー)減退で1.1%、次いで勃起障害(ED)が0.7%と続きます。性交にも影響する性機能障害が代表的な副作用になるため、子作り中の男性の場合は注意が必要かもしれません。

ただ、性欲減退以外の副作用の頻度はすべて1%未満となっていることから、育毛関連サイトが育毛剤を売るためによく用いる「発毛剤には強い副作用が~」という表現はかなり大げさといっていいでしょう。

プロペシアは比較的安全な薬

プロペシアの副作用についてもう少し補足させてもらうと、処方する医師の間では「比較的安全な薬」という位置付けになっています。

その理由は臨床試験によって副作用やその発現率が洗い出されているため、コントロールがしやすいというのが一つの理由。また副作用自体に重篤なものがほとんどない点もその評価を後押し。

加えて、フィナステリドを前立腺肥大症の治療薬として使用する場合の1日の限度量は5mgなのに対し、AGA治療薬であるプロペシアの限度量は1mgと5分の1の用量に抑えていることも安全という評価の理由。

この薬を「危険」「怖い」なんて書き連ねているのは、チャップアップなどの育毛剤を売るために素人が運営する育毛サイトくらいのもので、様々な薬を扱う現場の医師からすれば決して危険な薬ではないのです。

プロペシアには強力な発毛効果があるだけに副作用リスクはゼロではありません。しかし副作用は効果の大きさの裏返しでもあることも忘れないでください。

プロペシアを使えない人

プロペシアを使えない人

医師の間では比較的安全な薬という位置付けのプロペシアですが、使用できない人も存在します。具体的には以下の3例。

  • フィナステリドに対し過敏症の既往歴がある人
  • 妊婦、産婦、授乳婦
  • 小児

万が一の危険を回避するために、一つひとつをもう少し詳しく見てみます。

フィナステリドに対し過敏症の既往歴がある人

過去にプロペシアに代表されるフィナステリド内服薬を服用し過敏症を発症した人は、プロペシアの使用は禁忌。

とはいえ、日本においてフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として認可されていないため、過去にプロペシアやそのジェネリックを飲み、何らかの過敏症を引き起こした人が対象になるでしょうか。

もしくは海外在住でフィナステリドによる前立腺肥大症の治療を受け、過敏症を引き起こした人はプロペシアを使用してはいけません。

妊婦、産婦、授乳婦

妊娠している女性がプロペシアを服用すると、母体から胎児にフィナステリドが移行する恐れがあります。

プロペシアが生成を抑制するジヒドロテストステロン(DHT)は男児の生殖器の成長に欠かせない男性ホルモンであるため、妊婦または妊娠の可能性がある女性はプロペシアの服用はもちろん触れることも禁忌としています。

また、ラットを用いた試験ではフィナステリドが乳汁へ移行したことが認められたため、授乳中の女性の使用も禁じられています。

一般的に女性は男性に比べDHTの保有量が少ないことから、薄毛であってもプロペシアは使うべきではないとされています。女性に対する臨床試験においても効果は否定されている。

しかし、女性の薄毛に効果があったとする研究結果や試験データも複数存在するため、海外や一部AGAクリニックでは女性への処方を行うことも。

ただし、女性の使用は妊娠する可能性がない閉経後や避妊薬を飲んでいる場合など、100%妊娠しない環境であることが大前提。

また、男性に比べDHTが少ないことから効果が限定的である可能性も考慮する必要があり、総合的に考えると女性のプロペシア使用はおすすめできません。

小児

プロペシアを18歳未満の患者に投与した臨床試験は世界を見渡しても1件も行なわれておらず安全性が確認されていないことから、18歳未満の人はプロペシアを使用するべきではありません。

そもそもAGAは思春期以降に発症する症状であるため、18歳未満の男性が使う必要などないという考えも働いているのでしょう。

…ただ、正真正銘ハゲのエリートは高校時代にはすでにヤバい雰囲気を漂わせていたりするんですけどね。私の同級生にもいましたし。

とはいえ18歳未満の人に対する安全性や有効性は確認されていませんので、仮にAGAっぽいとしても使用は控えるようにしましょう。(建前)

プロペシアの価格

プロペシアの費用

AGAクリニックで処方される発毛剤のほとんどはプロペシアということもあり、発毛剤の中でも実績と信頼性、そして知名度は抜群です。

しかしまだ特許の切れていないプロペシアは高価と言わざるを得ず、特に日本製はアメリカやオーストラリア製のプロペシアに比べて高いという特徴があります。

日本のプロペシアの薬価は1mg1錠200~250円。クリニックによって多少の幅はありますが、当然ながら健康保険は適用できないため28日分で7,000円前後くらいが一般的な価格となっています

一方、個人輸入を用いると日本製に比べ安価なオーストラリア版のプロペシアなどを購入することができます。日本での処方と個人輸入でオーストラリア版を購入する場合の価格と、1錠あたりの単価を見てみると…

内容量 価格 1錠あたりの単価
日本での処方 28錠 約7,000円 250円
オーストラリア版 28錠 4,465円 159円
(2018年11月現在)  

個人輸入の場合為替相場が関わってくるので多少の変動はあるものの、日本製に比べると28日分で2,000~3,000円ほど安くなります。

個人輸入で海外製を…と聞くと怪しげな印象を受ける人もいるかもしれませんが、オーストラリア版とはいえ製造しているのはMSD社。つまり正真正銘の正規品なのです。

加えて大手個人輸入代行業者であれば正規ルートで仕入れたうえで独自に成分鑑定を行っているため、偽物を掴まされる恐れもありません。

とはいえ、心理的には日本製がもっとも安心できるのも確か。とにかく信頼性を重視するのであれば日本の医療機関での処方を、価格も無視できないというのであれば海外製のプロペシアを使用してはいかがでしょうか。

プロペシア(オーストラリア版)の詳細

プロペシアジェネリックの値段は?

プロペシアジェネリックの価格

フィナステリド内服薬の正規品を求める人はプロペシア以外に選択肢はありませんが、現実的には海外製のプロペシアジェネリックが圧倒的な人気を集めているのが実情でもあります。

なぜなら、人気のフィンペシアやフィナロイドであれば日本のプロペシアの8分の1~10分の1程度の価格で購入することができるから。

これらの存在を知らない人から見れば異常な安値に警戒を示すことでしょう。しかしインドやフィリピンなどで製造されるこれらジェネリックは、プロペシアと全く同じ成分ながら圧倒的に安いのです。

分かりやすく前述のプロペシアの価格比較にフィンペシアとフィナロイドを加えて再掲載してみましょう。

内容量 価格 1錠あたりの単価
日本での処方 28錠 約7,000円 250円
オーストラリア版 28錠 4,465円 159円
フィンペシア 100錠 3,011円 30円
フィナロイド 100錠 2,862円 29円
(2018年11月現在)  

お分かりになるでしょうか?フィンペシアやフィナロイドはプロペシアより安いうえに1箱100錠入りがスタンダード。ゆえに日本のプロペシアの8分の1という価格を実現しているのです。

この安さの秘密は、元々国際特許に準拠していなかったインドなどの製薬会社がMDS社に無断でプロペシアジェネリックを製造していた歴史があるから。

そう聞くと品質に不安を感じるかもしれません。しかしフィンペシアを製造するシプラ社やフィナロイドを製造するロイド社は世界中にジェネリック医薬品を流通させる大手製薬メーカー。

だからこそフィンペシアやフィナロイドは圧倒的な支持を得ているのです。

発毛剤は最低でも6ヶ月使用しないと効果を見極めることができませんし、その効果を維持させるためにはずっと使い続ける必要があります。それだけに安さは最大のメリットと言っても過言ではありません。

もちろん信頼性や安全性を重視するのであればプロペシアを使用するべき。しかし大手個人輸入代行業者であればこういったプロペシアジェネリックの成分鑑定も行っているため、品質に過度な心配は無用なのも確か。

しばらくプロペシアを使ってみて副作用などの程度が明らかになってきたなら、フィナロイドなど安価なジェネリックに移行する選択肢もある…という提案でした。

フィナロイド1mg100錠の詳細

プロペシアの総評

日本においてプロペシアの登場は薄毛治療を一気に進歩させ、また状況を一変させた画期的な薬であることは疑いようがありません。

ただ、抜群の知名度や信頼性により今でも多くの人が使っているプロペシアですが、フィンペシアやフィナロイドなどプロペシアと同成分にもかかわらず1錠30円程度で購入できる安価なジェネリックが個人輸入で買える現在、プロペシアを指名買いする人は確実に減っている現実も。

また日本でも正式にジェネリック医薬品が発売され、そちらなら28日分で4,000~5,000円ほどで購入できるため、AGAクリニックでもそちらに乗り換える動きが広がっています。

2015年にはフィナステリドと同じ5αリダクターゼ阻害薬でありながら1.5倍ほどの効果がある「デュタステリド」を配合するザガーロが日本で正式認可され、2016年6月に発売しています。様々な面でプロペシアの存在感が徐々に薄くなっている感は否めません。

とはいえプロペシアは効果の面ではまだまだ一線級ですし、副作用も育毛サイトが煽るほど強くありません。価格もザガーロに比べれば安く、実績や信頼性にいたっては比べるまでもない。

それはザガーロが発売された現在においてもプロペシアがAGA治療の第一選択薬であり続けている状況を見ても明らか。

プロペシアを使うにしろ、フィンペシアやフィナロイドを使うにしろ、AGAを改善させるためにフィナステリド内服薬の使用は避けて通ることはできません。

最後に、声を大にして言いたいことは、チャップアップやイクオス、ポリピュアEXなどの育毛剤でAGAは絶対に改善しないということ。これらを使うことはAGA治療を諦めたことと同意です。

本当に薄毛を治したいのであれば、育毛サイトの甘い文句に騙されずプロペシアなどのフィナステリド内服薬を使用するようにしてください。

プロペシア(オーストラリア版)の詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧