プロペシア ハゲに希望を与えた偉大な薬

ハゲの救世主プロペシア

プロペシアは日本初の内服タイプの発毛剤で、それまで治療は事実上ほぼ不可能となっていた薄毛に大いなる希望をもたらしました。

一応1999年に大正製薬のリアップが日本初の発毛剤としてリアップを発売しているものの、リアップはミノキシジルという強力な発毛剤を使用しているとはいえ頭皮に塗布する外用薬で効果はそれほど強いものではありませんでした。

その状況を一変させたのが2005年に日本で正式に認可され発売されたプロペシアで、多少の副作用リスクはあるものの大きな効果によって薄毛の治療を根本から変えたと言っても過言ではないでしょう。

そんな発毛の常識を変えたプロペシアについて詳しく見ていきましょう。

プロペシアとは

プロペシアはフィナステリドという成分を含有した薬で、その含有量によって0.2mgと1mgの2種類があります。

プロペシアの主成分であるフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを阻害することにより「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制するという作用を持っています。

このDHTが前立腺の肥大や癌の原因となっていたため、その作用を抑えるために開発されたフィナステリドでしたが、服用した患者に髪の発毛が見られたため発毛剤として転用された歴史があります。

男性型脱毛症(AGA)は前立腺肥大症と同様に男性ホルモン「テストステロン」と5αリダクターゼが結びついて生まれるDHTによって引き起こされるため、5αリダクターゼの働きを阻害することによって薄毛の改善が期待できるというのがプロペシアのメカニズム。

日本のフィナステリド内服薬で認可されたものは長らくプロペシアのみだったのでAGAクリニックで処方される発毛剤の選択肢はない状況でしたが、近年は大手製薬会社であるファイザーから正式なジェネリック医薬品が発売されています。

プロペシアの副作用は

プロペシアは高い発毛効果が期待できるものの、副作用が出る可能性もあります。

そもそもが前立腺肥大症の治療薬ということもありDHTの生成を抑制する効果は大きいのですが、強い作用がある薬に副作用はつきもので、頻度は低いものの男性ホルモンの働きに関連する副作用が出る場合があります。

プロペシアの服用で考えられる副作用は…

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

もっとも頻度が高いのは性機能障害で、勃起障害(ED)や性欲(リビドー)減退などが代表的な副作用になりますので、子作り中の男性の場合は注意が必要かもしれません。

ただ、性欲減退以外の副作用の頻度はすべて1%未満となっており、育毛関連サイトが育毛剤を売るためによく用いる「発毛剤には強い副作用が~」という表現はかなり大げさといっていいでしょう。

■プロペシアの副作用でもっとも多いのは性欲(リビドー)減退
■性欲減退以外の副作用の頻度はすべて1%未満と過度に心配する必要はない

プロペシアの価格

2015年までAGAクリニックで処方される発毛剤のほとんどは日本で唯一認可された発毛剤の内服薬であるプロペシアで、発毛剤の中でも実績と信頼性、そして知名度は抜群です。

しかしまだ特許の切れていないプロペシアは高価で、特に日本製はアメリカやオーストラリア製のプロペシアに比べて高いという特徴があります。

日本のプロペシアの薬価は1mg1錠200~250円と高く、当然保険適用もできないためクリニックによって多少の幅はありますが、28日分で7,000円前後くらいが一般的な処方薬の価格となっています

1mgで個人輸入でのオーストラリアやアメリカ版と比べてみると…

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
日本での処方 28錠 7,000円前後 250円
アメリカ版 28錠 4,999円 178円
オーストラリア版 28錠 4,167円 149円
(2016年11月現在)  

個人輸入の場合為替相場が関わってくるので多少の変動はあるものの、日本製に比べると28日分で2,000円ほど安くなります。

ただ、日本のプロペシアの8~10分の1程度の価格で買える安い個人輸入のジェネリックが多く存在する中プロペシアを選んで使う人は信頼性などに強いこだわりを持っている人も多いので、プロペシアを指名買いする人は日本製がベストなのかもしれません。

医療機関を受診しなければならないという手間はありますが…

■プロペシアは信頼性は高いものの価格も高い
■オーストラリア版の個人輸入であれば7割程度の価格で購入できる

プロペシアの総評

日本においてプロペシアの登場は薄毛治療を一気に進歩させ、また状況を一変させた画期的な薬であることは疑いようがありません。

抜群の知名度、信頼性で今でも多くの人が使っているプロペシアですが、フィンペシアやフィナロイドなどプロペシアと同成分で1錠30円程度で購入できる安価なジェネリックが個人輸入で買える現在、プロペシアを指名買いする人は確実に減っています。

また日本でも正式にジェネリック医薬品が発売され、そちらなら28日分で4,000~5,000円ほどで購入できるため、AGAクリニックでもそちらに乗り換える動きが広がっています。

2015年にはフィナステリドと同じ5αリダクターゼ阻害薬でありながら1.5倍ほどの効果がある「デュタステリド」を配合するザガーロが日本で正式認可され2016年6月に発売されており、様々な面でプロペシアの存在感が徐々に薄くなっている感は否めません。

ただ、効果の面ではまだまだ一線級ですし、副作用も育毛サイトが煽るほど強くないため、宣伝費ばかりに金をかけ高い割に効き目はほとんどない育毛剤を使うくらいならプロペシアを使った方が遥かに良いのは間違いありません。

プロペシア(オーストラリア版)の詳細

2018年8月1日~11月30日限定クーポンのお知らせ

現在、プロペシアが対象となる5%OFFのクーポンコードを配布しています。

上記「プロペシアの詳細」リンクからサイトにアクセスし、注文時に下記8桁のコードを入力すれば割引価格が適用されますので、ぜひご利用ください。

※クーポン適用はオーストラリア版とニュージーランド版のみ。アメリカ版は適用外です。

RB2666G5
  • クーポンコードは8月1日〜11月30日に限り有効です。
  • 対象商品を1つ以上購入された方が対象です。
  • お1人1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
  • 他のキャンペーンではご利用できません。本キャンペーンのみ有効です。
  • 使用には販売サイトへの会員登録が必要です。
高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧