ミノキシジル2%配合整髪料の発毛効果は?

ハイパフォーマンススタイリングジェルの効果

薄毛改善のためリアップやフォリックスといったミノキシジル外用薬を使用しているが、朝に使うとセットがしづらい…そんな悩みを根本から解消しようと開発されたのがハイパフォーマンススタイリングジェル。

発毛剤を使用した後に整髪料を使うという二度手間やセットをしにくいという問題に対し、「じゃあ整髪料にミノキシジル入れちゃえばいいじゃん」的な発想から生まれたであろうハイパフォーマンススタイリングジェル。

非常に理に適っているようにも感じますが、ハイパフォーマンススタイリングジェルにミノキシジル外用薬のような発毛効果は望めるのか?…という疑問も。

ミノキシジルを配合した唯一の整髪料であろうハイパフォーマンススタイリングジェルの効果や詳細について検証します。

ハイパフォーマンススタイリングジェルとは?

そもそもハイパフォーマンススタイリングジェルとはどういったものなのか?

ハイパフォーマンススタイリングジェルは5HP/7HPケトコロストシャンプーなどヘアケア商品を販売しているアメリカ企業DSヘルスケア・グループのブランド「ドクターゼロ」の整髪料。

このDSヘルスケアはNASDAQに上場するなど信頼性が高いのも特徴。

世界広しといえど整髪料にミノキシジルやアデノシンといった発毛成分を配合しているのはハイパフォーマンススタイリングジェルぐらいしか見当たりません。

「クソ忙しい朝にミノキシジル外用薬と整髪料を別々に使うとか時間の無駄」とばかりにミノキシジルを整髪料に配合する乱暴さはいかにもアメリカっぽい。

ハイパフォーマンススタイリングジェルの全成分

ミノキシジルやアデノシンといった育毛・発毛成分が配合されているのが特徴的なハイパフォーマンススタイリングジェル。

アメリカ製とはいえ日本製に比べれば若干怪しさが付きまとうため、どんな成分が入っているのか気になる人もいるでしょう。まずはハイパフォーマンススタイリングジェルの全成分を見てみます。

ハイパフォーマンススタイリングジェルはノーマル、ストロング、スーパーストロングの3商品で展開しているため、最も売れ筋のノーマルの成分を表記します。

ハイパフォーマンススタイリングジェル・ノーマル
成分
ミノキシジル 2%
銅ペプチド
アデノシン
ステムセル
脱イオン水
VP / VAコポリマー
ポリクオタニウム-11
ヒドロキシエチルセルロース
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
グリコール酸ポリソルベート20
プロピレングリコールジカプリレート/ジカプレート
PEG-20
アーモンドグリセリド
PVP
セテアリルアルコール
香料
パンテノール
メチルグルセス-20
PPG-5 セテス-20
PPG-1トリデセス-6
ポリクオタニウム59
ブチレングリコール
レシチン
カプリリルグリコール
アモジメチコン
ポリソルベート60
メチルイソチアゾリノン
オクトキシノール40
イソラウレス6
プロピレングリコール
青色1/CI42090
安息香酸ベンジル
シトロネロール
ゲラニオール
リモネン
キサンタンガム
リナロール
クマリン
フェノキシエタノール

ミノキシジルやアデノシンといった成分の説明は後述するとして、気になる成分として「プロピレングリコール(PG)」が挙げられるでしょうか。

PGの安全性は?

PGは刺激が強いとの見方があり、日本では近年化粧品や育毛剤などで使用を自粛する商品が増えています。このあたりは海外と日本の認識の違いなのだろうか?

このPGに関しては様々な研究機関が安全性を確かめる試験を行っており、高濃度のパッチを使用した試験では少量ながら軽度のアレルギーや紅斑などが確認されています。

とはいえ、一般的な化粧品などで使われるPGは低濃度であるため、評価は「毒性をほとんどなし」という結論に至っています。

ハイパフォーマンススタイリングジェルなど整髪料に使用されるPGも低濃度であり、かつPGは現在も多くの商品に使われていることを考えると、過度に心配する必要はないでしょう。

注目の成分は?

では本題のハイパフォーマンススタイリングジェルの注目成分に移ります。

ミノキシジル2%

本来は頭皮に塗布する発毛剤に使用される医薬成分ミノキシジルを2%も配合しているのが大きな特徴のハイパフォーマンススタイリングジェル。

男性が使うミノキシジル外用薬の世界的なスタンダードは5%ながら、2%でも十分な発毛効果が得られることが分かっています。

ミノキシジル1%と5%の効果

上記は大正製薬リアップの臨床試験のデータ。濃い青がミノキシジル5%のリアップX5、薄い青がミノキシジル1%のリアップのもの。

これは1平方センチメートルあたりの髪の毛の増加数を表しており、5%で平均22本程度増えているのが分かります。一方で1%でも平均16本程度増えている。

ミノキシジルは一般的に含有量が多いほど効果を発揮するものの、1%と5%の差は30~40%ほど。含有率にして5倍であることを考えると差は小さいと言っても過言ではありません。

このデータに照らし合わせれば、ハイパフォーマンススタイリングジェルのミノキシジル2%というのは1平方センチメートルあたり17~18本増やすだけの力を持っていることになるでしょう。

もちろん、外用薬と整髪料という違いを考慮する必要はありますが、ミノキシジル2%というのはそれなりの発毛効果が望める濃度であることは間違いありません。

アデノシン

日本においては資生堂のアデノバイタルやアデノゲンに配合されることで知られるアデノシン。海外の発毛剤では高濃度ミノキシジルが売りのフォリックスシリーズなどにも配合されています。

このアデノシン、元々は一介の育毛成分で髪の毛を生やす発毛効果はないと見られていました。しかし根拠を示すデータが複数存在することを鑑み2017年の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて一定の発毛効果が認められています。

アデノシンの発毛効果が認められる

当然ながらミノキシジルに比べれば実績や根拠の面で大きく劣るものの、外用の成分としてはミノキシジル以外に唯一発毛効果が認められている点は見逃せない。

少なくとも日本の育毛剤が異常に持ち上げるキャピキシルやリデンシルといったものより信用できるのは間違いないでしょう。

ステルセム

ステルセムとは母体と胎児を繋ぐへその緒の中の血液(さい帯血)のこと。

さい帯血の中には体中の様々な細胞のもととなる幹細胞が豊富に含まれているとあって再生医療の分野で注目を集めています。ハイパフォーマンススタイリングジェルはこのステルセムを配合。

その効果はステルセムに含まれる多様な成長因子が髪の毛の成長に適した頭皮環境へ改善させるとあります。つまりは発毛効果ではなく育毛効果ということになりますか。

さい帯血から取り出した成分を頭皮に塗って髪の毛が生えるというデータも根拠もありませんが、ミノキシジルやアデノシンの効果をサポートする成分として見るなら有用なのではないでしょうか。

銅ペプチド

銅ペプチドはフォリックスFR16FR12に「トリペプチド-1銅」の名で配合されているため、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この銅ペプチドは男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を作り出す酵素5αリダクターゼを阻害する効果があるとされます。プロペシアの成分であるフィナステリドと同じ効果といえば分かりやすいか。

ただ、フィナステリドやミノキシジルといった発毛剤と違い、データが少なくエビデンス(科学的根拠)に乏しいと言わざるを得ないので、おまけ程度の感覚で。

ハイパフォーマンスジェルで髪は生えるのか?

主な注目成分を見てもらったところで核心に迫りましょう。ずばり「ハイパフォーマンススタイリングジェルに発毛効果はあるのか?」について。

まず前提として、どんなに優れた成分を配合していようが「整髪料」という時点で発毛効果を認める国や機関は存在しません。なぜなら整髪料は髪の毛に塗るものであって、本来頭皮にはほとんど付着しないものだからです。

しかしミノキシジルやアデノシンは頭皮に塗ってなんぼの成分。それを本来頭皮にはほとんど付かないであろう整髪料に配合するあたりに若干の矛盾を感じます。

開発メーカーもそれは重々承知しているようで、使用方法には「適量を手にとり、洗髪後の清潔な髪に根元から立ち上げるように使用します」と書いてある。

当然といえば当然ですが、整髪料として髪の毛に塗りセットすると共に、頭皮にもある程度塗布する形に。しかしそれで本当に効果があるのでしょうか?

内容量から効果を考察

ハイパフォーマンススタイリングジェルはその名の通りジェルタイプですから、揮発性のエタノールを使っているミノキシジル外用薬より長時間頭皮に残ります。そういった点はプラス要因になる可能性があるでしょう。

内容量は150ml。髪の毛の長さにより朝のみの使用で1本1~2ヶ月ほど使用できるため、間を取って45日としましょう。となるとお、1回の量は150ml÷45回=3.3mlとなります。

一方で高い発毛効果があるミノキシジル外用薬はどうでしょうか。

ほとんどのミノキシジル外用薬の内容量は60mlで朝晩2回使用して1ヶ月分。つまり1回につき1ml使用することに。

ハイパフォーマンススタイリングジェルを1回3.3ml使うのであれば、頭皮にも十分行き渡らせることができます。もちろん髪の毛が長い場合は使用量を増やす必要がありますが。

ジェルタイプの整髪料という形態でミノキシジルがどこまで浸透するのかは未知数。しかし、角質層を通り抜けるために必要な「分子量500以下」に対し、ミノキシジルの分子量は209と条件はクリアしています。

ハイパフォーマンススタイリングジェルには界面活性剤も使われているため、発毛剤ほどではないにしろ一定の量は浸透するのではないかと推測されます。

…あくまでも整髪料なので「発毛効果がある」とは言いませんけどね。

商品ラインナップ

ハイパフォーマンススタイリングジェルのラインナップ

ハイパフォーマンススタイリングジェルは好みや用途に応じて3つのタイプが用意されています。

  • ノーマルホールド
  • ストロングホールド
  • スーパーストロングホールド

要はどれだけ固まるかの違いですね。ミノキシジル2%やアデノシン、銅ペプチドといった発毛・育毛成分はすべて共通しています。

全体的にサラッとした使用感で、スーパーストロングでもガチガチに固まるほどではありません。きっちりと固めたい場合はセット力が弱いと感じることも。

ナチュラルな髪形であればノーマルホールドを、ある程度固めたい場合はストロングホールドを使ってみて、以後は好みに合わせて変更するといいでしょう。

ハイパフォーマンススタイリングジェルの価格

整髪料にミノキシジルやアデノシンを配合するという、画期的かつ野心的、そしてやや乱暴な感もあるハイパフォーマンススタイリングジェル。

比較対象となる商品がないため安いのか高いのかの判断に迷うかもしれませんが、とりあえず価格を見てみましょう。

商品名 内容量 価格
ノーマルホールド 150ml 2,480円
ストロングホールド 150ml 2,480円
スーパーストロングホールド 150ml 2,480円

全部一緒です。

2,480円という価格は整髪料として見れば明らかに高いと言わざるを得ません。一般的な整髪料であれば500~1,000円程度で購入できますからね。

しかしミノキシジルが2%入っていることを考えると決して高くない。ミノキシジル2%の発毛剤である女性用ロゲインは1本約2,800円、ミノキシジル2%とアデノシンを配合するフォリックスFR02が3,750円という点を考えれば明らか。

もちろん発毛効果という点においては同じミノキシジル2%とはいえ女性用ロゲインやフォリックスFR02の方が良い可能性が高いでしょう。しかしこの商品は整髪料だからこその価値があります。

このあたりの判断や価値観は人によって異なってくると思いますが、商品のパフォーマンスを見るに決して高くはないのかなというのが個人的な感想。

ハイパフォーマンススタイリングジェルの総評

ハイパフォーマンススタイリングジェルは整髪料なのにミノキシジルやアデノシンを配合するという唯一無二の商品。この乱暴かつ豪快な発想の商品は日本じゃまず考えられん。

この商品、どうしてもミノキシジルやアデノシンの発毛効果に目が行きがちになると思います。しかしハイパフォーマンススタイリングジェルの最大のメリットはハゲを気にせず整髪料を使えるという点ではないでしょうか。

整髪料を使ったからといってAGAが悪化するわけではありませんが、頭皮や髪の毛への負担を少しでも減らしたいという想いから整髪料の使用をためらってしまうのがハゲの心情。実際私がそうですし。

しかしミノキシジルやアデノシンを配合しているハイパフォーマンススタイリングジェルであれば、「育毛・発毛効果がある」という安心感から躊躇なく使用することできます。

それで実際に発毛効果があれば万々歳ですし、仮にハッキリとした効果が見えないとしても髪の毛に悪影響を与えることはない。忙しい朝にミノキシジル外用薬を塗り、乾くのを待って整髪料を…という手間から解放されるのも嬉しいところ。

朝はハイパフォーマンススタイリングジェルを使い、夜はフォリックスFR15など効果の高いミノキシジル外用薬を使うことで寿命が延び費用も抑えられる。

生活環境や髪形から整髪料を使う必要がない人であれば、わざわざハイパフォーマンススタイリングジェルを使う必要はありませんが、普段から恐る恐る整髪料を使っている、髪の毛への悪影響を懸念して整髪料が使えないという人は一度試してほしいと感じます。

ハイパフォーマンススタイリングジェルの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧