デュタステリドはどれがいい?徹底比較

最終更新日:

デュタステリドの選び方

デュタステリドを用いた発毛剤は2015年に厚生労働省に認可され、2016年にはザガーロが発売。プロペシア(フィナステリド)に代わる次世代のAGA治療薬として期待されています。

一方で価格が高い点が大きなネック。そのため海外製の安いジェネリック医薬品に流れる人が多数存在する状況になっています。

そんな海外製の格安ジェネリック自体様々な商品が存在し、それぞれ特徴があります。先発薬であるザガーロなどを含めデュタステリド内服薬はどう選べばいいのか?

2019年現在確認できる国内外すべてのデュタステリド内服薬の特徴や価格、選び方を余すことなく紹介していきます。

デュタステリド内服薬の種類と特徴

ここを見ている皆さんはデュタステリドがどういったものかご存知という前提で話を進めていきます。デュタステリドがよく分からないという人は下記記事を参考にしてください。

今現在販売されているデュタステリド内服薬は9つ。

  • ザガーロ
  • アボルブ
  • アボダート
  • デュタプロス
  • デュタボルブ
  • デュプロスト
  • デュタス
  • ベルトリド
  • デュマン

ひとつずつ特徴や価格などを見ていきましょう。

ザガーロ

ザガーロの特徴と価格

まずは日本において2016年6月に発売されたザガーロ。デュタステリドを用いたAGA治療薬としては唯一の先発薬といえる存在です。

販売している製薬会社はイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン社。

デュタステリドを開発したメーカーが販売し、AGAクリニックなど日本の医療機関で処方されるだけあって信頼性は最も高いのが特徴。信頼性を重視するならザガーロに勝るデュタステリド内服薬は存在しません。

ただし、それだけに価格は非常に高価。AGA治療に健康保険を適用できないことも相まって、ザガーロを使うのであれば1ヶ月分で9,000~10,000円の出費を覚悟しておく必要があります。

正規品かつ日本の医療機関で処方されるという点を重視するのであればザガーロがベストである一方、正規品にこだわらないのであれば真っ先に選択肢から外れる商品といえるでしょう。

ザガーロを購入できるのはAGAクリニックや皮膚科など、AGAの治療を行っている医療機関のみ。正規品かつ先発薬であるザガーロにこだわるのであれば医療機関を受診するようにしてください。

アボルブ

アボルブの特徴と価格

アボルブはザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社が販売しているデュタステリド内服薬になります。デュタステリド含量もザガーロと同じ0.5mg。

「じゃあザガーロと何が違うの?」と感じる人もいるでしょう。はっきり言ってしまえば“何も変わらない”と言わざるを得ません。成分含量は同一、カプセルに関しても印字されている文字と色が違うだけなのですから。

アボルブとザガーロの違い

そもそもデュタステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分。アボルブはまさに前立腺肥大症の治療薬として認可されたものなのです。つまり表面上の用途が違うだけでまったく同じ薬。

発毛剤としての日本の認可に先立つこと数年前から韓国ではすでにデュタステリドが発毛剤として使用されていたこともあり、その発毛効果はザガーロが発売される以前から注目されていました。

そのためアボルブを処方するAGAクリニックも存在したほど。…というか、今現在においてもザガーロより若干安い日本国内の正規品デュタステリド製剤として処方を続ける医療機関もあります。

アボルブは用途こそ前立腺肥大症治療薬となっていますが中身はザガーロと完全に同一。表面上の用途にこだわらなければ1ヶ月分8,000~9,000円とザガーロより若干安く手に入る可能性があるのです。

アボダート

アボダートの特徴と価格

アボダートは海外製のデュタステリド内服薬になります。

パッケージをよーく見てみると分かるようにこの薬、先発薬であるザガーロやアボルブと同じくグラクソ・スミスクライン社製なのです。

実はこのアボダート、日本の前立腺肥大症治療薬であるアボルブの海外版商品。グラクソ・スミスクライン社の前立腺肥大症治療薬は世界的には「アボダート」ながら、日本では「アボルブ」という名で売られていると考えれば分かりやすい。

アボダートは正規品の先発薬なので信頼性はザガーロやアボルブと同等。一方で日本と海外では薬価に大きな差があるらしく、価格は3分の1という圧倒的な安さを誇るのです。

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 30錠 3,357円 112円
2箱 60錠 5,939円 99円
3箱 90錠 8,507円 95円
(2020年2月現在)  

アボダートは正規品とはいえ購入するには個人輸入を用いる必要があるため「偽物を掴まされるかもしれない」と不安に感じるかもしれません。

しかし大手の個人輸入業者であればメーカーから直接仕入れたり独自の成分鑑定を行っていたりするなど、偽物を掴まされる可能性はゼロと言っていいでしょう。

アボダートは海外製のデュタステリドの中で最も信頼性が高く、かつザガーロの3分の1の値段。安全性と価格のバランスが取れた商品といえるでしょう。

アボダートの詳細

デュタプロス

デュタプロスの特徴と価格

トルコの「Kocak Farma」という大手製薬会社が製造・販売するアボダートのジェネリック医薬品がこのデュタプロス。用とは一応前立腺肥大症の治療薬ということになります。

ジェネリック医薬品ということで成分的にはザガーロやアボダートと同じデュタステリド0.5mg。効果や副作用も同等と考えていいでしょう。見た目もアボダートに寄せている感じがしますよね。

1箱の内容量はアボダート同様30錠。価格を見てみると…

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 30錠 2,707円 90円
2箱 60錠 4,300円 72円
3箱 90錠 5,938円 66円
(2020年2月現在)  

1箱購入では正規品のアボダートと600円ほどしか違わないため、わざわざデュタプロスを購入するメリットはあまりないものの、複数同時購入の割引率が高いことから、3箱同時購入あたりになるとメリットが顔を覗かせる。

とはいえ、デュタプロスより安いジェネリックはいくらでも存在することから、あえてデュタプロスを購入する必要はないかなーというのが正直な感想。

デュタプロス30錠の詳細

デュタボルブ

デュタボルブの特徴と価格

デュタボルブはフィリピンの「LLOYD LABORATORIES(ロイド・ラボラトリーズ社)」が製造・販売するデュタステリド内服薬。

ロイド社はプロペシアジェネリックであるフィナロイドやミノキシジルタブレットなども販売しており、いずれも人気商品になっています。

加えて2018年には日本のジェネリック医薬品大手「日医工」と業務提携するなど、ロイド社の信頼性は非常に高いといっていいでしょう。

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 30錠 2,019円 67円
2箱 60錠 3,366円 56円
3箱 90錠 4,760円 53円
(2020年2月現在)  

価格は、1箱30錠入りのものとしては最も安価。

同じくアボダートジェネリックであるデュタプロスに比べても安く、かつメーカーの信頼性も高いことから、とりあえず1箱30錠入りのものでデュタステリドが自分に合うかどうかを確認したいという人におすすめ。

1箱30錠入りの商品を選ぶのであれば、より信頼性を重視する人はアボダート、価格重視するならデュタボルブという選択になるでしょうか。

デュタボルブの詳細

デュタス

デュタスの特徴と価格

ここまでは1箱30錠…つまり1箱が1ヶ月分のものを紹介してきましたが、ここからは大容量の商品となります。その第一弾が300錠入り(!)のデュタスです。

製造はインドの製薬会社大手である「Dr.Reddy's Laboratories(ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ)」。アメリカの株式市場にも上場するなど信頼性に問題は一切ありません。

特徴的なのは300錠という内容量。当然ながら他のデュタステリド内服薬同様1日1錠となるので1箱で10ヶ月持つ計算に。

そして価格はというと…

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 300錠 13,001円 43円
(2020年2月現在)  

1箱300錠入りであるためかさすがに複数個同時購入による割引は存在しませんが、それでも圧倒的な安さを誇っています。

1錠あたりの単価42円はザガーロの8分の1ほど。1ヶ月あたり1,200円ほどで済む計算になることから、日本のザガーロやアボルブを使用するのが馬鹿らしくなってくるレベル。

ただし、1箱300錠入りというデュタスの性質上、他の商品でデュタステリドが自分に合うかどうかしっかりと確認してから試すべき。いきなりこれを買って合わなかったら大量に廃棄する必要が出てきますからね。

デュタスは長期使用が前提の商品。初めてデュタステリドを使うという人は他の商品を数ヶ月試して自分との相性を確認することをおすすめします。

デュタス300錠の詳細

デュプロスト

デュプロストの特徴と価格

ここからは1箱100錠入りの商品の紹介となります。まずはデュプロストから。

海外製の安価なプロペシアジェネリックとして最も人気がある「フィンペシア」という商品をご存知の方も多いと思います。今使っているという人も多いのではないでしょうか。

デュプロストはフィンペシアと同じインドのシプラ社製。それだけにフィンペシアを使っている人にとって乗り換えやすいデュタステリド内服薬と言えるのではないでしょうか。

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 100錠 5,353円 54円
2箱 200錠 9,617円 48円
3箱 300錠 13,615円 46円
(2020年2月現在)  

価格的にもかなり安価な部類に入ります。1箱30錠入りの商品に比べ安いのはもちろん、1箱300錠入りのデュタスに比べても極端に高いということはありません。

シプラ社製で1箱100錠入り、価格もそれなりに安いとあって、現在フィンペシアを使っており、かつデュタステリドに乗り換えを考えている人にとってデュプロストはうってつけのジェネリック医薬品なのではないでしょうか。

デュプロストの詳細

ベルトリド

ベルトリドの特徴と価格

今現在ザガーロやアボダートのジェネリック医薬品として最も人気が高いであろう商品がベルトリドです。その理由はなんといっても価格が安いから。

ベルトリドを製造・販売するメーカーはインドの大手製薬会社「Intas Pharmaceuticals(インタス・ファーマシーティカルズ)」。最も安いフィナステリド内服薬「フィナロ」を販売するメーカーでもあります。

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 100錠 4,873円 49円
2箱 200錠 7,734円 39円
3箱 300錠 10,608円 35円
(2020年2月現在)  

とにかく圧倒的に安い。

1箱のみの購入であれば1錠あたりの単価はデュタスに敵わないものの、2箱以上の同時購入であれば単価的にもベルトリドが上回る状況に。

1箱300錠入りのデュタスを買うより1箱100錠入りのベルトリドを3箱同時に購入したほうが2,000円以上安くなるという逆転現象が起きるほど。

あえてベルトリドの不安要素を挙げるとするなら、ザガーロやアボダート含め他のデュタステリド製剤がカプセルなのに対し、ベルトリドは錠剤であるという点でしょうか。

なぜベルトリドだけ錠剤なのか?成分的に信用できるのか?…などの不安を抱く人もいるでしょう。実際に錠剤という理由によりベルトリドを敬遠するように訴えかけるサイトなども存在するほど。

しかし、大手製薬会社が自主的に実施する成分鑑定においてこのような結果が出ています。

ベルトリドの成分鑑定結果

1錠あたり0.54mgのデュタステリドを含んでいたという鑑定報告。カプセルの形態をとっている他のデュタステリド内服薬の成分鑑定結果は0.49~0.53mgほど。ベルトリドは錠剤とはいえ十分なデュタステリドを含有しているのです。

長期間使用する必要がある発毛剤だけに、他のアボルブジェネリックを寄せ付けない圧倒的な安さは大きな魅力。錠剤だからという理由で敬遠するにはあまりにももったいないのではないでしょうか。

ベルトリド100錠の詳細

デュマン

デュマンの特徴と価格

2019年になって突如として現れたデュタステリド内服薬がデュマンです。

パッケージを見てもらえば分かるようにほぼベルトリドの白黒モノトーンバージョン。当然ながら製造・販売するのもベルトリドと同じインタス社となります。

デュタステリド含量も0.5mgとベルトリドと同一。1箱の内容量も100錠で同じ。しかも価格を見てみると…

内容量 価格 1錠あたりの単価
1箱 100錠 4,873円 49円
2箱 200錠 7,734円 39円
3箱 300錠 10,608円 35円
(2020年2月現在)  

ベルトリドと全く一緒です。どういうことなのでしょうか?

結論から言えばベルトリドとデュマンの違い、それは“用途”ということになります。ベルトリドは前立腺肥大症の治療薬なのに対し、デュマンはAGA治療薬という用途になっているのです。

デュマンは日本でいうザガーロ、ベルトリドはアボルブと考えると分かりやすい。

つまり中身はデュマンもベルトリドも一緒なのです。価格も内容量も成分含量もなにもかもが同一であるため、好きな方を選べばいいでしょう。

ただ、表記上の違いとはいえデュマンはAGA治療薬。デュマンが登場した今、特別な理由がない限りはベルトリドではなくデュマンを使った方がいいのかなーという気もします。

デュマン0.5mgの詳細

【価格順】デュタステリド一覧表 2020年2月更新

今現在国内外に9つのデュタステリド内服薬が存在。それぞれ一長一短があるだけにどれを使っていいか分からないという人も多いことでしょう。

ここではひとつの指針として価格にこだわった一覧表を作成しています。まとめ買いによる割引も含め1錠あたりの単価が安い順に並べていきますので参考にしてください。

内容量 価格 1錠あたりの単価
デュマン3箱 300錠 10,608円 35円
ベルトリド3箱 300錠 10,608円 35円
デュマン2箱 200錠 7,734円 39円
ベルトリド2箱 200錠 7,734円 39円
デュタス1箱 300錠 13,001円 43円
デュプロスト3箱 300錠 13,615円 46円
デュプロスト2箱 200錠 9,617円 48円
デュマン1箱 100錠 4,873円 49円
ベルトリド1箱 100錠 4,873円 49円
デュタボルブ3箱 90錠 4,760円 53円
デュプロスト1箱 100錠 5,353円 54円
デュタボルブ2箱 60錠 3,366円 56円
デュタプロス3箱 90錠 5,938円 66円
デュタボルブ1箱 30錠 2,019円 67円
デュタプロス2箱 60錠 4,300円 72円
デュタプロス1箱 30錠 2,707円 90円
アボダート3箱 90錠 8,507円 95円
アボダート2箱 60錠 5,939円 99円
アボダート1箱 30錠 3,357円 112円
アボルブ1箱 30錠 9,000円 300円
ザガーロ1箱 30錠 10,000円 334円
(2020年2月現在)  

圧倒的なのはやはりデュマンとベルトリド。安いデュタステリド内服薬を使いたいのであればデュマンを2箱以上同時購入しておけば間違いありません。

一方、1箱30錠入りのものを使いたいのであればデュタボルブが安い。日本の日医工と業務提携しているロイド社製ということもあり信頼性にも問題ありません。

こう見ると日本のザガーロやアボルブって本当に高いね…

デュタステリド内服薬のおすすめランキング

上記を踏まえデュタステリド内服薬のおすすめランキングを簡単に作ってみましたので参考にしてください。

1位 デュマン

デュマンおすすめ

成分や効果が同じである以上安さは正義。というわけで最もおすすめしたいデュタステリド内服薬の1位はデュマンです。

ジェネリックとはいえ大手製薬会社であるインタス社製、アボルブジェネリックとして不動の地位を築いているベルトリドのAGA治療薬バージョンということで、これを推さないわけにはいきません。

他のデュタステリドと違い錠剤という点に不安を感じる人もいるかもしれませんが、成分鑑定の結果からもデュタステリド含有量は必要十分。

同じく錠剤のベルトリドが人気という点からもカプセルタイプと比較し効果面で劣ることはないのは明白です。

ベルトリドもデュマンも中身は完全に同一であるためどちらを選んでも問題ありませんが、ここは“AGA治療薬”という肩書を引っさげて登場したデュマンを推したいと思います。

2箱以上の同時購入で大幅に値引きされるため、すでにデュタステリドの効果を実感しているようであれば複数個同時購入をおすすめします。

デュマン0.5mgの詳細

2位 デュプロスト

デュタステリドランキング2位デュプロスト

価格面ではデュマンやベルトリドに及ばないものの、デュプロストはプロペシアジェネリックとして最も人気があるフィンペシアと同じシプラ社製とあって、フィンペシアからの乗り換え組が安心して使えるというメリットがあります。

また、ザガーロやアボルブ、アボダートといった先発薬と同様にカプセルタイプを採用している点も安心材料になるかもしれません。

今後より安いデュマンなどに乗り換える可能性があるとしても、まずはフィンペシアと同じメーカーが製造・販売するデュプロストを経由してデュタステリドの効果や副作用を確認するというのは理にかなっているのではないでしょうか。

デュプロストの詳細

3位 アボダート

信頼性が高いアボダート

海外製のジェネリックに不安を感じる。しかし日本のザガーロやアボルブは高すぎると感じている人におすすめしたいのがアボダートです。

日本の前立腺肥大症治療薬であり、ザガーロと中身は全く同じアボルブの海外版であるアボダートは、正規品の先発薬という点において信頼性や安心感は群を抜いているといっていいでしょう。

ザガーロやアボルブと同様にグラクソ・スミスクライン社製にもかかわらず価格は約3分の1…他のジェネリック医薬品に比べれば高いものの、正規品でこの価格はある意味でバーゲンプライスといえます。

初めてデュタステリドを使う人にとって信頼性は重要。また1箱30錠入りということもあり自身との相性を確かめるうえでちょうどいい用量といえるでしょう。

海外製のジェネリックに不安がある、これからデュタステリドを試してみたいという人は、まずアボダートを使ってみてはいかがでしょうか。

アボダートの詳細

4位 デュタボルブ

価格と信頼性のバランスがいいデュタボルブ

ちゃんとデュタステリドが0.5mg配合されているのであれば先発薬でなくても構わない。でも1箱30錠入りのものがいいというのであればデュタボルブがおすすめ。アボダート同様これからデュタステリドを使う人向けでしょうか。

前述したようにデュタボルブを製造・販売しているロイド社は日本のジェネリック医薬品大手である日医工と業務提携した実績がある製薬会社。

大手個人輸入代行業者が行う独自の成分鑑定でも規定量のデュタステリドを含有していることが証明されています。

デュタステリドを使い始めた時というのは自分に合うかどうか分からないことからなるべく少量のものから試してみたいもの。そういった際はデュタボルブが最良の選択肢になる可能性があるでしょう。

より信頼性を求めるならアボダートを、成分さえしっかりとしていればジェネリック医薬品で構わないというのであればデュタボルブを選んでみてはいかがでしょうか。

デュタボルブの詳細

デュタステリド内服薬のまとめ

国内外で一通り出揃った感があるデュタステリド内服薬。それだけに初めて使う人、乗り換えを考えている人はどれを使えばいいか迷ってしまいがち。

おすすめはやはりデュマン。

1箱100錠とちょうどいい量であるうえに1ヶ月分1,000~1,500円程度で済むコストパフォーマンス、製薬会社の信頼性も問題ないことから、デュタステリド初心者から猛者まで広く対応できます。

とはいえ人によって求めているものが異なるのも確か。だからこそ当サイトの情報をもとにご自分に合ったデュタステリド内服薬をチョイスしてもらえたらなと感じています。

男性の薄毛やハゲの9割以上を占めるAGAはひたすら進行する一方。デュタステリドとはいえその効果には限界がるだけに治療は時間との勝負です。

どれを使おうか迷っているうちに薄毛が進行しちゃった…という事態だけは避けたいものですね。

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧