フィナロ フィナステリド最安の発毛剤

プロペシアジェネリック フィナロ

発毛剤の代名詞ともいえるプロペシアは医療機関で処方してもらうと1ヶ月6,000~7,000円と非常に高価であるため、個人輸入代行で買える安価なフィンペシアが人気を博していますが、それよりもさらに安い、事実上の最安値といえるのが「フィナロ」。

現状、発毛剤はかなりの発毛効果が期待できるものの、髪の毛が生えた後も飲み続けなければ効果を維持できないため、長期間の服用が前提。それはつまり経済的負担を強いるものでもあります。

そんな理由から1ヶ月1,000円ほどで済むフィンペシアが人気。しかしフィナロはまったくの同成分ながらこれよりもさらに安いとあって、知る人ぞ知るプロペシアジェネリックとなっています。

フィナロって具体的にどんな商品で、その安値の秘密はなんなのでしょうか?

フィナロとは?

フィナロはインドのインタス社「Intas Pharmaceuticals Ltd」が製造するプロペシアのジェネリック医薬品。勘の良い方はお気づきかもしれませんがフィンペシアを製造・販売するシプラ社と同様にインドの製薬会社。

インドは2005年まで国際特許という枠組みに加盟しておらず、貧困などを理由に現在においても特許が切れていない薬をジェネリックとして製造している背景が。フィンペシアやフィナロはそういった経緯で作られたものなのです。

フィナロを製造するインタス社はフィンペシアのシプラ社に比べれば規模は小さいものの、それでも世界中に展開する大手医薬品メーカーですから信頼性に問題はありません。

そんなフィナロの有効成分であるフィナステリドの含有量はプロペシアやフィンペシアと同じフィナステリド1mgです。安いからといって効果を不安視する必要はまったくありません。

2015年から日本でも大手製薬会社ファイザーなどからプロペシアの正式なジェネリックが発売されましたが、ジェネリックといえど価格は1ヶ月分4,000円前後とそれなりに高く、1,000円以下で使えるフィナロに流れるのも致しかたないところか。

ちなみにフィナロを製造・販売するインタス社はフィナステリドの1.5倍の発毛効果があるデュタステリド製剤のジェネリックとして最も人気があるベルトリドを販売している会社でもあります。

ベルトリドもデュタステリド内服薬として最も安い点が人気の秘密であることから、フィナロの圧倒的な安さも納得といったところ。

フィナロの主成分フィナステリドとは?

発毛剤の知識に乏しく医療機関で処方されるプロペシアを素直に使っている人と違い、ややマニアックなフィナロに目を付けるような人に主成分であるフィナステリドの効果や作用を語る必要はないかもしれませんが、一応説明を。

男性の薄毛の主要な原因である男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が髪の毛の成長を阻害することによって引き起こされます。

このDHTは男性が豊富に持つテストステロンというホルモンに5αリダクターゼという酵素が結びついて生み出されるもので、この酵素の分泌量やDHTの感受性は遺伝によって決まるとされています。

そんなDHTを作り出す原因である5αリダクターゼの効果を阻害するのがフィナステリド。元々はAGAと同様にDHTが原因で発症する前立腺肥大症の治療薬として作られました。

フィナステリドの作用

DHTを生み出す原因となる5αリダクターゼの働きを阻害することによって、薄毛の原因DHTの生成を抑えよう…それがプロペシアやフィナロなどの主成分であるフィナステリドの狙いになります。

そう、遺伝の影響が大きい5αリダクターゼの働きを抑え、薄毛の原因を根本から断ち切る作用が期待できるのです。

フィナロの効果

そんなフィナステリド、具体的にどの程度の効果が期待できるのか?フィナロと同じフィナステリド1mgを主成分とする先発薬「プロペシア」の臨床試験を見ればその効果が見えてくるはず。

フィナロの具体的な発毛効果

発毛を実感する割合は使う年数によって異なり、使用1年で58%、3年で75%前後という高い数字になっています。「あれ、思ったより大したことないじゃん」と感じたあなた、それは大きな間違い。

AGAは基本的に進行する一方の疾患で、何も対策をしなければ時間と共にどんどん髪の毛は抜けていきます。つまりこのグラフの「進行なし」というのも十分効果が出ている証拠。

進行が止まった状態であればミノキシジルとの併用で薄毛の回復も期待できますし、将来もっと有効な治療法が出てくるまでの繋ぎにもなるのです。

フィナロの副作用

フィナロはプロペシアやフィンペシア同様1mgのフィナステリドを含有しているため、副作用もこれらの発毛剤と同様になります。

考えられる主な副作用のうち特に出やすいのが性欲減退と勃起障害。

副作用の種類/頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満
過敏症 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器
性機能障害
睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等) リビドー減退 勃起機能不全、射精障害、精液量減少
肝機能 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

薄毛の原因であるDHTは生殖器の成長や性欲に関わっている男性ホルモンなので、これを服用することによって性機能障害の副作用が出る可能性があります。

副作用の頻度に関してはデータによって異なるのですが、ハッキリ実感できるレベルの副作用が出る割合は5%程度…つまり20人に1人くらいとされています。

もう少し具体的な数字を挙げると、フィナロの副作用として最も多いリビドー減退(性欲減退)の発現率が1.1%、勃起機能不全が0.7%、射精障害や精液量減少、下痢、胃不快感などが0.4%と続きます。

フィナステリドの副作用に関してやたらと恐怖をあおるサイトが多いものの、実際はその程度の副作用発現率しかないのです。

また、「フィナステリドを飲んだ」という思い込みや自己暗示から副作用が出る場合も散見され、デュタステリド配合のザガーロ発売時のデータではフィナステリドの副作用発現率が20%なのに対し、プラセボ(偽薬)を飲んだ層でも15%の副作用が出ています。

フィナステリドのプラセボ効果

実際の薬による副作用より「フィナステリドを飲んだから副作用が出るのではないか」という自己暗示が副作用の一番の原因になっていると推測されます。性欲とか勃起は精神状態が大きく作用しますからね。

フィナロを使用する際は、副作用に対する懸念より髪の毛が生える期待を強く持つようにするべき。

フィナロの価格

では、最も気になるであろうフィナロの価格を、個人輸入で買えるプロペシアの中でもっとも安いオーストラリア版、そして一番人気のあるジェネリックであるフィンペシアと比べてみましょう。

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
プロペシア 28錠 4,349円 155円
フィンペシア 100錠 2,933円 29円
フィナロ 100錠 2,453円 25円
(2019年2月現在)  

輸入を用いるという都合上価格は為替相場の影響を受けるため細かく変動しており、今現在はこのような価格設定になっています。

プロペシアの中でも最も安いオーストラリア版は日本の医療機関で処方されるものに比べ2,000~3,000円安くなっているものの、それでも1錠あたりの単価は150円を超えています。

一方で人気のフィンペシアは価格が安い上に100錠入っているため1錠の単価は約30円で1ヶ月900円程度で使えることになります。フィナロはさらに安くフィンペシアの2割引き…つまり1ヶ月700円ほどで済むことに。

これは年間でも8,500円くらいで収まることになり、なんの発毛効果もないチャップアップの1ヶ月分ほど。AGAに対し無意味な育毛剤1ヶ月分の価格で本物が1年使えるって…変な世の中だな。

フィナステリド5mgを含有し4分割して使えるフィンカーがもっとも安いという考え方もできますが、分割の手間やムラの問題もありますので、安定して使える上にもっとも安い錠剤という面ではフィナロがNO.1でしょう。

フィナロの口コミや評判

実際にフィナロを使った人の口コミや評判も見てみましょう。

フィナロの良い口コミ

まずはフィナロを評価する口コミから。

フィナロ+ミノキシジル+リジンの組み合わせで摂取してます。半信半疑で購入したのですが、効果絶大でした。

ミノキシジル5%とリジンと併用して10ヶ月位たちます。どれが効いているのか、相乗効果なのか不明ですがタチの悪い先輩からハゲ呼ばわりされなくなりました。

やはりというかなんというか、やはりフィナロとミノキシジルの併用によって効果を感じている人が多くなります。フィナステリド+ミノキシジルは発毛を目指すうえで鉄板の組み合わせですからね。

ただ、どっちの効果が大きいのか分からないというデメリットも。

ずっと続けています。効果がみられるので、これからも続ける予定です。いくつかジェネリックを試したのですが、あまり差は感じませんでした。

他のフィナステリド含有商品よりも安いので購入しました。効果は他の製品と変わらないと思います。副作用もありません。

プロペシアやフィンペシアなど他のフィナステリド製剤と比べて効果が変わらないという意見も多くなっています。

どれもフィナステリド1mgなのですから、当然といえば当然ですが…

価格がリーズナブルで、効き目が感じられます。 洗髪時の脱毛が少なくなってきたのが、良かったと思います。

毎回リピートで購入させて頂いております。抜け毛はかなり少なく抑えられているようですし、毎日服用しても、違和感が全くなく、価格も比較的に安いためコストパフォーマンスが良いと思います。

価格の安さを評価する声も多いですね。

フィナステリド内服薬の用量はすべて1mgとなっているため、常識的に考えれば効果は一緒。であれば安いに越したことはないと考えるのは自然。

年単位の使用を考える必要があるだけにフィナロの安さは大きなメリット。

フィナロの悪い口コミ

良い口コミが大半を占める中、悪い口コミも存在します。公平を期すためネガティブな評判も見てみましょう。

フィンペシアの価格が上がってしまったので、コスパの高いこちらを一回使ってみることにしました。フィンペシアに比べると若干効き目が悪いように感じられました。

使用して5ヶ月くらいですが、あまり効果を実感できません。やはり安かろう悪かろうなのでしょうか…。今後はプロペシアに移行してみようと思います。

最初はフィンペシアを服用していましたが同じ効果で価格が安かったので購入してみました。 私の感覚としてはフィンペシアの方が粒が小さいので飲みやすいですし、効果もフィンペシアの方があるような気がします。

数少ない悪い口コミの中において最も多く見られたのが「他のフィナステリド製剤に比べ効かない」というもの。実はフィナロに限らずジェネリック医薬品ではよく耳にする話でもあります。

フィナステリド1mgという点では共通しているものの、添加物やコーティング剤がことなるために起きるという説も。もちろん気分的な問題が絡んでいる可能性もあります。

人によって相性もあるため実際に使ってみないと分からないのが辛いところ。

3ヶ月ですが、あまり効果はでてません。初期脱毛はなかったのですが、3ヶ月ぐらいになるとなぜか太いやつがよく抜けました。全体的には変化ありません。いや、若干進行したかもです。

効果がないというストレートな意見もあります。

フィナロに限らず発毛剤全般の効き目は個人差が大きいため、どうしてもこういった声が出てきます。こちらも実際に使ってみないとわからないんですよね…


プロペシアジェネリックの中でもフィナロは最も安いとあって好意的な口コミや評判が並んでいますが、発毛剤の常である効き目の個人差だけはどうにもなりません。

プロペシアジェネリックとして最も人気があるフィンペシアの方が良いという声も。約3ヶ月分で500円しか違わないのであれば、多くの人が使っているフィンペシアを選択するというのも手か。

フィンペシアの詳細

フィナロの総評・まとめ

フィナロはフィンペシアと同じくインドの大手製薬会社が製造しているため信頼性という面で懸念する必要はなく、かつ価格面ではもっとも安価ということもあって価格に敏感なハゲ御用達の発毛剤になっています。

本気で発毛に取り組む人はフィナステリド内服薬だけではなくミノキシジルタブレットリグロースラボM5のようなミノキシジル外用薬も併用しているため経済的負担も馬鹿にならず、フィナロの価格の安さはありがたいはず。

フィナロは一時フィンペシアで問題視された有害物質「キノリンイエロー」を使用していないため、そういった意味でも安心です。

今プロペシアを使っていて値段の高さに辟易している人はもちろん、ジェネリックを使ってはいるもののもう少し出費を抑えたい人にもぜひ使って欲しい発毛剤、それがフィナロです。

フィナロ1mg100錠の詳細

フィナロと併用したいミノキシジル

チャップアップよりリグロースラボM5 フィナロの使用を考えるなら、ぜひ併用して欲しい発毛剤があります。それはリグロースラボM5。

リグロースラボM5はアメリカ製のミノキシジル外用薬で、リアップX5プラスと同じミノキシジル5%を配合しています。しかも価格はリアップX5プラスの5分の1となる1本あたり1,700円。

フィナステリドは高い効果を示す発毛剤ながら、AGAの進行を食い止めるという意味あいが強い医薬品。フィナステリドで進行を止めミノキシジルで髪の毛を生やすというのは理にかなっているのです。

プロペシアジェネリック最安値のフィナロとリグロースラボM5の組み合わせであれば1ヶ月のコストは約2,500円。これでハゲが改善するというのであれば決して高くないのではないでしょうか。

リグロースラボM5の詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧