パントガールで髪が生えることはない

パントガールで髪は生える?

世界30ヶ国以上で使われている飲む育毛剤パントガール。

フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルといった発毛成分は一切使われておらず、「こんなもんで髪が生えるのかよ?」という疑問は湧いてくるものの、フィナステリドなどが使えない女性を中心に世界で使われているのは事実。

AGAクリニックで処方されるケースも多く、そう考えると発毛効果がありそうな気もしますが、実際のところどうなのでしょうか?

発毛剤の項目で書くべきものかどうか迷ったのですが、世界的に使われAGAクリニックでも処方されていること、日本のクソ育毛剤とは性格が異なる点から一応ここで書くことにしました。

成分からパントガールの効果を探るとともに、男性に効くのかどうかについても当サイトらしく思いっきりぶっちゃけて検証してみたいと思います。

パントガールの成分

“世界30ヶ国以上で使われる飲む育毛剤”という強烈な肩書を引っさげているパントガールですが、具体的にどういった成分が配合されているのでしょうか?

パントガール(1粒当たり)
成分
ビタミンB1 60mg
D-パントテン酸カルシウム 60 mg
薬用酵母(Vigar-yeast)100mg
L-シスチン 20mg
ケラチン 20mg
パラアミノ安息香酸 20mg

少なっ! 少ないよパントガールさん!!

これは1粒当たりの含有量で、1日3回、1粒ずつ飲むことが推奨されているので、1日分はこれの3倍になります。

成分が6種類しかないので全部を簡単に見てみますか。

■ビタミンB1

ビタミンB1はビタミンのB1です。(当たり前)

育毛業界においてビタミンB群は重要とされており、そんな中でビタミンB1は糖代謝を促す効果があり、脳へのエネルギー供給や疲労回復などの効果があります。

…いや、ハゲと関係ねぇじゃん。

ちなみに1錠60mgで1日分180mgというのはサプリメントとして考えると非常に多量で、そのへんのビタミンB1に特化したサプリより遥かに多い。

なぜビタミンB1がそんなに必要なんだろう…?

■パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)

パントテン酸カルシウムはビタミンB5のことで、パントガールの名前の由来になっていると思われる成分です。

効果はエネルギー代謝を促したり、コラーゲンの生成を助けたりといったもので、美容面でも積極的に使われています。

コラーゲンの生成を促すため髪の毛の土台となる皮膚や頭皮を健康に保つ効果が期待されそうな気もしますが、正直こんなもので髪の毛が生えるとは到底思えない。

ちなみに、パントテン酸は多くの食材に含まれており、普段の生活の中で欠乏するようなことはほとんどないと言われており、1日分のパントガールに含まれる180mgが必要なのかどうかは怪しい。

ストレスを軽減する効果もあるとされるので、そのへんも影響しているのか?

まあ過剰摂取による弊害もないのでとりあえず摂っとけといったところか。

■薬用酵母

謎成分。

説明文を見ると「ビタミンやたんぱく質を豊富に含む頭皮ケアに効果的なオールラウンドな栄養成分」とあるので、なんか色々入っているっぽい感じ。

でもそれを言ったら納豆とかでも豊富な栄養素が含まれる髪の毛に良さげな食品ということになるので、過剰な期待は超禁物。

これが1日分300mgとか言われても具体的なものが一切分からないので「はぁ…」という感想しか出てこない。

■L-シスチン

アミノ酸のひとつで、髪の毛を作るケラチンというタンパク質の元となります。

ケラチンは髪の毛のみならず爪を構成するタンパク質で、またシミの原因となるメラニンの生成を抑えるなどの効果があるため美容関連商品でよく用いられます。

ケラチンを構成するアミノ酸の中でもケラチンはもっとも多く含まれるため育毛に良いとされますが、ケラチンはシスチンをはじめ18種のアミノ酸で構成されるためシスチンだけとっても意味がないのは言うまでもない。

ちなみにパントガールの1日分60mgのシスチンはまあまあの量で、カスみたいな量しか入っていない育毛サプリメントの数十倍は入っている。

■ケラチン

髪の毛の99%を構成するケラチン。「もうメンドくせぇからそのまま入れちまえ」的な発想…かどうかは分かりませんが、パントガールにはそんなケラチンも配合されています。

「ケラチンを直接摂れるならこんな良い事ないじゃん」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に経口摂取したタンパク質はそのまま吸収されることはなく、アミノ酸に分解されてから吸収されます。

言うまでもなくパントガールのケラチンも髪の毛に変わることなくアミノ酸に分解され全身に回されます。

ただ、ケラチンを構成する18種のアミノ酸がしっかりと摂取できることに間違いはないので、まあ意味はあるような気もしなくもない。

とはいえアミノ酸を摂って髪が生えるなら肉でも食っとけって話でもある。

■パラアミノ安息香酸

ビタミンB群の生成を補助する働きのあるパラアミノ安息香酸はパントテン酸(B5)や葉酸(B9)と相性が良い成分。

白髪を黒髪に戻す効果があるとか言われることもありますが、ハゲはそんなことを望んではおらず、ぶっちゃけ髪が生えるならすべて白髪でも良いと思っている。

白髪が多いことが悩みとか殺意が芽生えるレベル。

パントガールで髪の毛は生えるのか?

ここまでパントガールの全成分について触れてきましたが、成分を見るにこれで髪の毛が生えるとは到底思えないというのが正直なところ。

ほんとにこれが世界30ヶ国以上で使われる飲む育毛剤なのか?

6種類の成分しか入っていないこともあって一つひとつは十分な量入っているものの、肝心の成分が微妙にずれているというか、見当外れというか…

元々は高血圧治療のための血管拡張剤であったミノキシジルに強い発毛効果があったように、パントガールの成分にも表向きの効果からは分からない効き目や組み合わせの妙があったりする…のか?

都合の良いことを適当に並べている日本の育毛剤に比べパントガールは世界中で使われているのですから、それなりの実績があると見るのが自然ではあるものの、成分からはその片鱗を見ることはできない。

基本的には女性に向けた飲む育毛剤なので、女性であればある程度の効果が期待できるといったところか。

パントガールは男性にも効果あるのか?

世界中の薄毛女性から愛されているらしいパントガールですが、男性にも効果があるのでしょうか?

先ほど書いたことの繰り返しになるが、パントガールに入っている成分の効果をそのまま受け取るなら髪の毛が生えるとは到底思えず、遺伝による強固な男性の薄毛に対してであれば尚更。

一応男性でも使用できることになっているものの、基本的に「女性専用」と銘打っているのでわざわざ男が使う必要はないかと。

あくまでもフィナステリドやデュタステリドが使えず、男性に比べ薄毛の原因も強力なものではない女性向けといったところか。

男がパントガールを使うメリットはほとんどない

パントガールは世界中で使われる海外製の育毛剤とあって発毛剤枠で書きましたが、入っている成分自体は極めて平凡かつありふれたもので、おそらくこれで発毛することはないでしょう。

価格面でも1ヶ月分6,000円を超えるなど決して安くなく、フィンペシアやミノキシジルタブレットが1ヶ月1,000円程度で買える現状、男性がこれを使うメリットはないと言っても過言ではありません。

女性に対してであれば一定の効果が期待できるのかもしれませんが、今となってはパントガールと全く同じ成分・含有量に馬プラセンタとコロストラムが入ったルグゼバイブがほとんど変わらない価格で買えるため、女性にとってもあまりメリットはないかと。

もし今現在パントガールを飲んでいて十分な効果を実感しているのであれば、止めたり他の育毛剤に代えたりといったことをする必要はありませんが、これから新規に始めようというのであればルグゼバイブがおすすめ。

男性であればデュタステリドを使っておけば発毛への期待も高まるでしょう。

フォリックス ルグゼバイブの詳細

高い効果の女性用発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧