女性はプロペシアを使えない

近年深刻になりつつある女性の薄毛。それだけに高い発毛効果と実績がある医薬品のプロペシアを使用したいところですが、女性にプロペシアを使用することはできません。

女性にプロペシアは使えない

男性の場合医療機関を受診すれば第一選択薬となるであろうプロペシア。なぜ女性は使うことができないのか気になるところですよね。

とはいえ、そういった情報はネット上に溢れているため、ご存知の方も多いと思います。なので当サイトは根拠についてもう少し掘り下げると共に、他のサイトへの皮肉も交え書いていきましょう。

    目次
  1. プロペシアとはどういった薬なのか
  2. 女性がプロペシアを使えない理由
  3. 医学的に否定された女性のプロペシア使用
  4. 夫がプロペシアを使用している場合も注意
  5. 「育毛剤がおすすめ」というサイトに要注意
  6. プロペシアではなくミノキシジルを

プロペシアとはどういった薬なのか

なぜ女性はプロペシアを使うことができないのか?それを説明するにはまずこの薬がどういったものかを知っておく必要があります。

プロペシアの主成分であるフィナステリドはもともと男性の前立腺肥大症を治療するために作られた成分です。

前立腺肥大症は主要な男性ホルモンであるテストステロンと5α還元酵素(5αリダクターゼ)が結びついて生成される「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因で引き起こされ、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することでDHTの生成を抑制し前立腺肥大症を改善するという働きを持っています。

そしてこのDHTは男性型脱毛症(AGA)の原因物質としても知られており、DHT生成を抑えるフィナステリドを発毛剤として転用し発売されたのがプロペシアのなのです。

薄毛の原因であるDHTはテストステロンと同様に男性ホルモンの一種であるため、プロペシアの主成分フィナステリドは男性ホルモンを抑制するという性質の薬になります。

女性がプロペシアを使えない理由

男性の薄毛の大半はAGAであるためDHTが原因の全てといっても過言ではなくプロペシアが大きな効果を発揮しますが、女性の薄毛は状況が異なります。

女性にも少量ながら男性ホルモンが存在し、女性の薄毛にもDHTが関わっている女性男性型脱毛症(FAGA)の人が多いのも確か。しかし女性の場合DHTが悪さをするためには女性ホルモンであるエストロゲンの減少が必要になってきます。

なぜなら女性が豊富に分泌するエストロゲンは髪の毛の成長を促進させるのと同時に、DHTの生成や働きを阻害するという作用があるから。

そのためエストロゲンが豊富に分泌されている状況下ではDHTが多少存在していたからといって薄毛になることはないのですが、強いストレスや生活習慣の乱れ、更年期などホルモンバランスが崩れる状況になってくるとエストロゲンの分泌が低下し髪の毛を成長させる力が衰える上、DHTの働きが活発化してしまいます。

つまり、女性の薄毛の場合はDHTうんぬんではなく女性ホルモンの分泌がカギを握っているため、プロペシアを飲んでもほとんど意味を成さないのです。

医学的に否定された女性のプロペシア使用

実際に薄毛女性に対するフィナステリドの効果を検証した臨床データが存在し、その中では有効性は認められませんでした。

その検証はアメリカの大学において閉経後の女性137人を対象にしたもの。プラセボ群(偽薬群)を用い被験者はもちろんスタッフもどちらの薬を使用したか分からない二重盲検法を使用するなど信頼性の高いものになっています。

最も一般的なフィナステリド1mgを1年間投与し、頭皮の髪の毛の数や被験者・専門家が評価した結果、フィナステリド群とプラセボ群で有意差はなく、どちらの群でも1年間で髪の毛が減少しています。

少なくとも閉経後の女性の女性男性型脱毛症(FAGA)にフィナステリドは効果がなかったと結論付けられているのです。

ただ、それであれば「やっぱり効かなかったね」で済む問題ですが、妊娠中や授乳中の女性となると話は別です。

プロペシアの主成分であるフィナステリドを用いた試験において男の胎児の生殖器が雄性化下との結果が出ていることから、妊婦もしくは妊娠している可能性のある女性への投与は禁忌とされています。

また、ラットにフィナステリドを投与した際には母乳への移行が認められたことから、それを飲む乳児への影響を考慮し授乳中の女性の使用も禁止されています。

妊婦や授乳婦のプロペシア使用は禁忌

効果がないばかりか妊婦や授乳婦には危険な薬になってしまうのです。

女性にもプロペシアの効果があったとするデータが一部には存在するのではないかと期待して色々探し回ってみたのですが、そういったデータは一切出てきませんでした。やっぱりダメらしい。

夫がプロペシアを使用している場合も注意

プロペシアの主成分であるフィナステリドは経皮吸収の恐れがあるため、妊婦や授乳中の女性においては服用はもちろん触るべきでもないとされています。そのため旦那様がプロペシアを使用している際は注意が必要です。

ただしプロペシアは表面がコーティングされているため、そのまま服用している分には問題になりません。

しかし何らかの理由で粉砕や破損をしてしまうと成分が飛散する恐れがありますし、人によってはフィナステリド内服薬をピルカッターなどで分割して使用している場合もありますので、万全を期すなら自宅での使用を避けたほうがいいでしょう。

「育毛剤がおすすめ」というサイトに要注意

女性がプロペシアを使えないことは多くのサイトに掲載されているため、薄毛に悩んでいる人は当サイトを見るまでもなくご存知の方も多いと思います。

そして、そういったサイトを見てきた方なら分かると思いますが、最後はマイナチュレやベルタ育毛剤といった女性用育毛剤を勧めてくるサイトが多かったことでしょう。

しかしそれを鵜呑みにはしないで下さい

プロペシアに代表される発毛剤と育毛剤は似て非なるもの。プロペシアに興味を持つということは髪の毛を増やしたい、薄毛になった部分から再び生やしたいと考えていると思います。しかし育毛剤にはそういった発毛効果は一切ありません

当然ながら厚生労働省はじめ世界の医学分野においてこういった科学的根拠がない育毛剤に発毛効果があるとは一切認めていません。

女性はプロペシアを使えないから育毛剤を」というのは例えれば「がんの手術は難しいから医学的・科学的根拠のない気休めの民間療法を行え」と言っているのと同じことで無責任にもほどがあります。

育毛剤は自分のサイト経由で購入させることができれば数千円~2万円くらいの報酬が手に入るため、多くの育毛サイトで女性用育毛剤を勧めています。それは大手であるヘアラボ(ハゲラボ)なども同様。

しかし育毛剤はあくまでも抜け毛を予防したり今ある髪の毛の成長を促すためのもの。そういった効果で満足であれば女性用育毛剤の使用を検討してもいいと思いますが、髪の毛を生やしたいならプロペシア以外の発毛剤を使用する必要があります。

プロペシアではなくミノキシジルを

女性にはミノキシジル

日本で認可されている発毛剤にはプロペシア(成分:フィナステリド)の他にザガーロ(成分:デュタステリド)とリアップ(成分:ミノキシジル)が存在します。しかしフィナステリドとデュタステリドは作用が同じで女性は使うことができないため、選択肢はミノキシジルしかありません

それについては日本皮膚科学会が策定している2017年版の男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでもハッキリと明記してあります。

女性に対する発毛剤の適応

フィナステリドやデュタステリドが女性に対して「D:行うべきではない」という最低評価なのに対し、ミノキシジル外用薬は男女問わず最高のA評価になっていることが確認できると思います。

ミノキシジルであれば男性女性問わず世界的に発毛効果が認められていますので、これを使うのが最も効果的なのは間違いないでしょう。そして日本においてミノキシジルを使用した発毛剤は大正製薬のリアップリジェンヌのみ。

ただ、ミノキシジルを1%配合したリアップリジェンヌで効果があればいいのですが、もしこれで効果が出ず、かつ日本製のものにこだわるならここで手詰まりとなってしまいます。

個人輸入という選択肢も

一方、海外製のものにも目を向ければミノキシジルを2%配合する本家アメリカ製のロゲインがリアップより安価に購入できますし、最終手段としてミノキシジルタブレットという選択もあります。

これらは個人輸入で安価に購入できるほか、日本のAGAクリニックでも処方されている場合がありますので、個人輸入に不安を感じる人はお近くのAGAクリニックに問い合わせてみるといいでしょう。…ただ高いけどね。

また、厳密には発毛剤ではなく「飲む育毛剤」というくくりになりますが、世界中で使用されAGAクリニックでも取り扱っていることがあるパントガールや、それをパワーアップさせたルグゼバイブという選択肢もあります。

これらは発毛剤ではないため強くおすすめする気はありませんが、日本の女性用育毛剤や育毛サプリメントと違いすべての成分の含有量が明記されている上、ルグゼバイブに至っては馬プラセンタを高濃度に配合しているので美容面での効果も期待できるかと。ちょっと高いけどね。

ちなみにプロペシアが使えない女性にとって最も効果がある発毛剤はぶっちぎりでミノキシジルタブレット。個人輸入で購入すれば1ヶ月1,000円程度で収まるなど価格面でも圧倒的な安さを誇っています。

ただしミノキシジルタブレットは本来高血圧を治療する降圧剤ということもあって、副作用のリスクも考慮する必要があります。

最終的に何を選択するかは各々の価値観に委ねられますが、高いだけで効果のない日本の育毛剤はお金と時間の無駄にしかなりませんので、できる限り使用して欲しくないと個人的には感じています。

ミノキシジルタブレットの詳細

ルグゼバイブの公式サイト

高い効果の女性用発毛剤
このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤に惑わされ発毛機会を損失する人が1人でも減るよう拡散お願いいたします。

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧