デュタプロス 30錠入りの安価な発毛剤

選択肢が少ない30錠入りデュタステリド

デュタプロス最安値

日本の医療機関で処方されるザガーロは価格が高すぎるため安い個人輸入で済ませたい…でも100錠や300錠じゃ多すぎるし…そう感じている場合に選択肢に入ってくるのがデュタプロス。

個人輸入を用いればザガーロより遥かに安価なデュタステリドジェネリックが手に入りますが、純正品であるアボダート以外はすべて100錠以上のパッケージとなっており、「試しに使ってみたい」という場合には明らかに多すぎます。

ザガーロと同じ30錠入りを買いたいが、アボダートはジェネリックに比べ割高だし…となると、デュタプロスが最良の選択になる可能性も。

このデュタプロスの特徴、価格、製造国に至るまで詳しく紹介していきますので、発毛剤選びの参考にして下さい。

デュタプロスってどんな薬?

まずはデュタプロスがどういった薬なのか見ていきます。

この薬はトルコのKocak FARMA(コカックファルマ)社が製造するアボダートのジェネリックで、日本での発毛剤ザガーロや前立腺肥大症の治療薬アボルブと同じデュタステリド0.5mgを主成分としています。

他のデュタステリドジェネリック同様、特許が切れてから正式に発売したものかどうかは怪しいものの、コカックファルマはトルコの大手製薬会社とあって製品自体の信頼性には問題ありません。

ただパッケージが…

アボダートとデュタプロス

正規品のアボダートとそっくりすぎる。

パッケージが似すぎている事に信頼感を感じるか胡散臭さを感じるかは人それぞれだと思いますが、個人的には中国のパチモン的な印象を抱いてしまう。

ともあれ、アボダートは日本ではアボルブの名で処方される前立腺肥大症の治療薬で、ザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社が製造する正規品。ザガーロとの違いは名前とカプセルの色、文字だけで中身は同一となっています。

デュタプロスはこのアボダートのジェネリック医薬品で、海外製のジェネリックとしては珍しくザガーロなど正規品と同じく30錠入りとなっています。

デュタステリドの効果と作用

30錠入りのザガーロジェネリックに興味がある人はデュタステリド内服薬を使ったことがない場合も多いと思いますので、この薬の効果や作用について少し触れておきます。

ザガーロやアボダート(アボルブ)の主成分であるデュタステリドは、プロペシアの主成分であるフィナステリドと同じく元々は前立腺肥大症の治療薬として開発・製造されたもの。

この前立腺肥大症はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが引き起こすことで知られ、そのDHTを作り出すカギを握っているのが「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」になります。

フィナステリド、デュタステリド共にこの5αリダクターゼの働きを阻害することによってDHTの生成を抑制する作用があるのです。

この2つが違う点は、フィナステリドが2型の5αリダクターゼにしか作用しないのに対し、デュタステリドは1型にも阻害効果を発揮する点。

デュタステリドの効果

これによってデュタステリドの効果はフィナステリドの1.5~1.6倍とされます。

そして、ご存知の方も多いと思いますが、前立腺肥大症の原因物質であるDHTは男性型脱毛症(AGA)を引き起こします

前立腺肥大症とAGAは原因を同じくするため、DHTを作り出す5αリダクターゼを強力に阻害するデュタステリドを主成分とするザガーロが発毛剤として正式に認可されたのです。

男性の薄毛・ハゲの救世主となったプロペシアの1.5倍以上の効果と聞くと、期待せずにはいられませんよね。

デュタプロス(デュタステリド)の副作用

デュタプロスに含まれるデュタステリドは薄毛に対しプロペシアより高い効果を示す分、副作用に対する懸念を強く持っている人も多いのではないでしょうか。

デュタプロスのようなジェネリック医薬品は基本データを先発薬に依存するため臨床試験を行わないのが通例なので、ザガーロの臨床試験で示された副作用のデータを見てもらいたいと思います。

デュタプロスの副作用

ここではプロペシアと同等のフィナステリド1mgと併せて臨床試験が行われており、ザガーロ(デュタステリド)との差は誤差の範囲内であることが見て取れると思います。

ただ、全体的な副作用発現率は20%前後とそれなりに高い数字という印象を受けるのではないでしょうか?

そう感じた方はプラセボ(偽薬)群の副作用発現率にも注目してください。

プラセボ群というのはザガーロだと聞かされて飲んだものが何の効果も持たない偽薬であった被験者群のことで、正確なデータを取るための臨床試験には必要不可欠な存在となっています。

プラセボ群で15%もの副作用が出ているのは、ザガーロに勃起障害や性欲減退といった性機能障害の副作用があることを事前に知らされていたからだと思われます。

つまり、プラシーボ効果(思い込み効果)で15%もの人に副作用が出ていることになり、それは実際にフィナステリドやザガーロを飲んだ人にも相当数出ていると推測されることから、デュタステリドの実際の副作用発現率はもっと低いと見ていいでしょう。

同様にデュタスてテリド0.5mgを配合するデュタプロスに副作用のリスクがないわけでは決してないが、過度に恐れる必要もないといったところか。

30錠入りのデュタステリドなら最安

次に、デュタプロスの存在意義を問う価格を見てみます。

比較対象として、同じく30錠入りのザガーロ、アボダートの正規品に加え、参考として100錠入りの最安値であるベルトリドも加えてみます。

商品名 内容量 価格 1錠あたりの価格
デュタプロス 30錠 2,724円 90.8円
アボダート 30錠 3,377円 112.5円
ザガーロ 30錠 10,000円 333円
ベルトリド 100錠 4,903円 49円
(2017年8月現在)  

薄毛治療には発毛剤が欠かせないものの、日本のものは信頼性こそ抜群だが如何せん価格が高すぎる。ハゲの懐圧迫しすぎ。

その点デュタプロスは日本で処方されるザガーロの約4分の1の価格で購入できるため経済的負担を大きく軽減することができます。

100錠入りのベルトリドと比べると1錠当たりの単価は倍近くなってしまいますが、「副作用などを確かめるためにとりあえず試していみたい」という場合、3ヶ月分強である100錠は多すぎますよね。

デュタプロスは正規品と同じデュタステリド0.5mgを配合する30錠入りのものとしては安い部類に入りますので、デュタステリドがどんなものか試してみたい人にはうってつけなのではないでしょうか。

…ただ、正規品アボダートと比べ思いのほか価格が変わらないな…

デュタプロスの総評・まとめ

ここまでの説明でデュタプロスがどういったものか、大体掴めたと思います。

デュタステリドは副作用のリスクを排除できないとあって、これまでフィナステリドを使っていた人はもちろん、最近薄毛が発覚し初めて発毛剤を使うという人は特に不安も多い事でしょう。

そんな状況でジェネリックの一般的な量である100錠は明らかに多すぎ。だからといってザガーロでは負担が大きすぎる…という人にデュタプロスは最適なのではないでしょうか。

ただね、30錠入りデュタステリド内服薬として最安だと思って書いてきましたが、価格を調べる段階でアボダートと600円くらいしか変わらないことが発覚。

…というか、以前書いたデュタボルブの方が安かった…

「30錠でとにかく安いものを」という人にはデュタプロスも選択肢に入るものの、信頼性も考慮したいのであればザガーロと同じグラクソ・スミスクライン社の正規品であるアボダートの方が良いかもしれません。

…ちなみに、私が発毛剤初心者だと仮定して30錠入りのデュタステリド内服薬を選ぶなら、600円多く出しても信頼性に勝るアボダートを買うかな。慣れて長期的に使うならベルトリドだが。

デュタプロス30錠の詳細

アボダート0.5mgの詳細

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧