リグロースラボM15の効果と成分・副作用検証

リグロースラボM15の効果と副作用

標準的なミノキシジル外用薬のミノキシジル含有量は5%。さらなる効果を求めて高濃度の商品を探そうとしても最大16%のフォリックスしか選択肢がない状況でしたが、リグロースラボM15の登場で状況は変わりました。

フォリックスFR15やFR16に匹敵するミノキシジル15%のリグロースラボM15。それでいて価格はフォリックスより安いため、人気にが爆発する可能性があります。

ただ、フォリックスFR15やFR16に比べ安いだけに成分的に劣る面も。

リグロースラボM15はどういった成分を配合し、同等のミノキシジル含有量であるフォリックスFR15などに比べどんなメリットデメリットがあるのか?

おすすめできるのかどうか、どういう使い方がベストなのかも含め、リグロースラボM15を詳しく紹介していきます。

    目次
  1. リグロースラボM15って何?
    1. 開発メーカーはフォリックスと一緒
  2. リグロースラボM15の全成分
  3. リグロースラボM15の発毛・育毛成分
    1. ミノキシジル15%
    2. Trichogen Blend(トリコーゲン ブレンド)
  4. 安全性に疑問がある成分は?
    1. 変性アルコール
    2. フェノキシエタノール
  5. 浸透を助けるリポソーム技術
  6. リグロースラボM15の副作用
    1. リグロースラボM15を使うべきでない人
  7. リグロースラボM15の価格
  8. フォリックスFR15と比較してどっちが良い?
    1. リグロースラボM15とフォリックスFR15の成分比較
    2. リグロースラボM15とフォリックスFR15の価格比較
  9. リグロースラボM15の総評

リグロースラボM15って何?

そもそもリグロースラボという商品はなんなのでしょう?

リグロースラボはアメリカの企業か製造・販売している発毛剤で、中でもM15は最大15%のミノキシジルを配合しているのが特徴。ミノキシジル16%を配合するフォリックスFR16に次いでの高濃度ということになります。

また、ミノキシジルを配合せずフィナステリド0.25%がメイン成分のリグロースラボFIN25や、スピロノラクトン2%がメインのリグロースラボSP2という一風変わった商品も存在します。

ミノキシジル15%製剤やフィナステリド0.25%製剤、スピロノラクトン2%製剤をラインナップしているあたり、2017年ごろに販売が終了してしまった「ジェンヘアー」を彷彿とさせます。

高濃度ミノキシジルが特徴的だったポラリスシリーズの実質的な後継商品がフォリックスシリーズであるように、ジェンヘアーシリーズの後継がリグロースラボシリーズなのでは…と考えましたが、ジェンヘアーはスロバキア製、リグロースラボはアメリカ製であるため関係ないと見るべきでしょうか。

いや、それにしてはあまりにも共通点が多すぎる。企業買収や技術提供などジェンヘアーを製造・販売していた企業となんらかの関わりがあると見るのが自然な気がします。

開発メーカーはフォリックスと一緒

ちなみにリグロースラボM15など一連のシリーズを製造・販売しているのは「Sapphire Healthcare LLC(サファイア・ヘルスケア)」というメーカーです。

このサファイアヘルスケア、高濃度ミノキシジルで人気を集めるフォリックスシリーズの発売に先立って2017年に登録されたアメリカ企業。つまりフォリックスとリグロースラボは同じ会社が作っていることになります。

リグロースラボのミノキシジル外用薬は5%、7%、15%の3つが用意されていますが、フォリックスシリーズにもこれらの濃度はすべて存在しています。正直食い合ってしまう気がしますが…

価格的にはリグロースラボの方が安価に抑えられているので、フォリックスの廉価版という位置づけになるのでしょうか?

最後にリグロースラボM15とミノキシジル濃度が同じフォリックスFR15との比較も書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

リグロースラボM15の全成分

ではリグロースラボM15の成分や効果に迫っていきましょう。まずは全成分を見ています。

リグロースラボM15
成分
ミノキシジル15%
プロパンジオール
純水
変性アルコール
乳酸
フェノキシエタノール
エチルヘキシルグリセリン
ジメチルイソソルバイド
ピロ亜硫酸Na
Trichogen Blend(オタネニンジンエキス、アルギニン、アセチルチロシン、アルクチウムマジュス根エキス、加水分解ダイズタンパク、ポリクオタニウム-11 、PEG-12ジメチコン、パントテン酸Ca、グルコン酸亜鉛、ナイアシンアミド、オルニチンHCl、シトルリン、グルコサミンHCl、ビオチン)

同メーカーが製造するフォリックスシリーズに比べると良くも悪くもシンプルな成分構成になっている印象。ほぼミノキシジル15%頼りといったところでしょうか。

まあ、外用薬においてミノキシジル以外の成分で目立った発毛根拠があるものはほぼ皆無なので、これで十分な気もします。

リグロースラボM15の発毛・育毛成分

ミノキシジル以外には目立った成分が入っていないとはいえ、いくつかの育毛成分は存在します。

ミノキシジル15%の効果のほども含めその他の注目成分も見てみましょう。

ミノキシジル15%

リグロースラボM15唯一の発毛成分にして最強レベルの濃度を誇るミノキシジル。

本来は血圧を下げるための血管拡張剤であるミノキシジルになぜ発毛効果があるのか、メカニズムの完全解明はなされていません。

しかし、他の降圧剤に発毛効果は見られないことから血流改善によって発毛しているわけではなく、ミノキシジル独自の働きにより毛母細胞の増殖や毛包の活性化を促していると推測されています。

ミノキシジル外用薬の本家本元であるロゲインやジェネリックのカークランド、そして日本の大正製薬が販売しているリアップX5プラスを見ても分かるように、ミノキシジル外用薬のスタンダードな含有量は5%。

リグロースラボM15はその3倍にあたる15%のミノキシジルを配合しているのだから、「濃けりゃ効くだろ」的な乱暴さと豪快さが見て取れます。

ただ、世界中で臨床試験が行われているミノキシジルというのは1~5%のみ。それを超える濃度のものでの試験は確認できないため、日本人に対するミノキシジルの効果を示したリアップX5のものを見てみます。

ミノキシジル5%の効果

5%のミノキシジルでもほとんどの人に軽度改善以上の効果が確認され、使用1年後には約10%の人が著明改善…つまり薄毛だと分からないレベルにまで回復。

薄毛ではあるもののそこそこ回復している中等度改善も含めれば改善率は70%。軽度まで含むと90%超という数字がミノキシジルの効果の高さを物語っています。

ちなみに1平方センチメートルあたりの髪の毛の増加数はというと…

ミノキシジル1%と5%の発毛本数

ミノキシジル1%で1平方センチメートルあたり平均して約16本、5%で約22本。

これを見ても分かるように、ミノキシジル濃度が高い方が発毛効果も大きくなるものの、だからといって「含有量5倍だから効果も5倍」とはなっていないことが確認できる。

ゆえにミノキシジル15%のリグロースラボM15が同5%のリアップX5プラスに対し3倍の効果を発揮することはないでしょう。せいぜい1.2~1.5倍くらいか。

それでも5%のものより高い効果が期待できるのは間違いありません。

Trichogen Blend(トリコーゲン ブレンド)

非常に多くの成分で構成されているTrichogen Blend(トリコーゲン ブレンド)。髪の毛の表面を修復し髪質を強化する働きがあるとされます。

成分を見てみると、オタネニンジンエキスや加水分解ダイズタンパクなど育毛剤でよく目にする成分や、ビオチン、パントテン酸Na、ナイアシンアミドなどビタミンB群の一種も含まれています。

トリコーゲンは開発メーカーによって培養細胞を用いた試験や治験が行われており、その中ではヘアサイクルの正常化や脱毛の減少などが確認されるなど、一定の効果を上げている様子。

Trichogen Blendの効果

その様子は多くの写真を用い詳細に紹介されています。上記は実際に髪の毛が増えたとする写真。

ただし海外の育毛成分は自社の試験データを掲載し有意性を主張するものが非常に多い。キャピキシルとかリデンシルとかプロキャピルとか…しかし発毛効果を認められたものは存在しないことから「根拠」とは程遠いもの。

言ったもん勝ちの日本の育毛成分に比べれば、客観性のない自社試験とはいえしっかりと検証しているのは好感が持てますが、過度に期待するのは禁物。まあ気休め程度に。

トリコーゲンブレンドにミノキシジルのような発毛効果は望めませんが、髪の毛のハリやコシを出しボリュームアップさせる育毛効果は望めると見ていいでしょう。

安全性に疑問がある成分は?

ミノキシジル外用薬に限らず頭皮に塗布するスカルプ商品には、頭皮に対し刺激となる成分が入っていることがままあります。リグロースラボM15はどうなのでしょうか?

リグロースラボM15は近年なにかと悪者扱いされているプロピレングリコール(PG)不使用を前面に押し出しているため、PGに不安がある人は安心して使うことができるでしょう。

それ以外に刺激のリスクがありそうな成分といえば…変性アルコールとフェノキシエタノールあたりになるでしょうか。

変性アルコール

変性アルコールというのはエタノールに少量の変性剤を加えたもので、基本的にエタノールと大差ありません。ミノキシジルを溶かし込むためにエタノールは欠かせないため、すべてのミノキシジル外用薬にはエタノールが使用されています。

この変性アルコール(エタノール)、ごく稀にアレルギーを持つ人が存在しますが、多くの育毛剤や化粧品にも使用されているように毒性を心配する必要はありません。

ただし多少の刺激がある成分でもありますので、エタノールなどにアレルギーがある人はもちろん、肌が弱い人は頭皮の状況を慎重に見極めたほうがいいでしょう。

ミノキシジル外用薬とエタノールは切っても切れない関係にあるため、これが使えないとなると別の方法を考えることになる。とはいえほとんどの人にとってエタノールは問題にならないので、過度な心配は無用です。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは名称に「エタノール」と付いていますが、一般的なエタノールとは別物。いわゆる防腐剤という扱いになります。

これまで防腐剤といえばパラベンが使われるケースが多かったものの、刺激が強い点が懸念され近年はフェノキシエタノールを使用する場合が多くなっています。

確かにフェノキシエタノールはパラベンに比べ刺激が少ない。しかしその分殺菌能力も低いため、パラベンより多めに配合しなければならないという欠点も。

それでもフェノキシエタノールの含有量は極めて少量で、刺激や悪影響を懸念する必要はありません。またパラベンに比べアレルギーの心配が少ないという特徴もあります。

…というか、シャンプーにもコンディショナーにも化粧品にも整髪料にも防腐剤は使われている。そんなもん気にするならハゲ治療は諦めたほうがいい。

浸透を助けるリポソーム技術

リグロースラボM15は成分を頭皮にしっかりと浸透させるために「リポソーム」という技術を用いています。

リグロースラボM15のリポソーム技術

このリポソームは水溶性、脂溶性両方の性質を持つ極小のカプセルに成分を閉じ込め、それを幾重にも重ねた構造を持つもの。

人間の皮膚というのは脂溶性の角質層がバリアとして機能しており、角質層を抜けると水溶性の性質が強くなるという特徴が。ゆえに頭皮に成分を浸透させるには適度な脂溶性がベストになります。

リポソームは脂溶性、水溶性両方の性質を持ち、かつカプセルが徐々に壊れていく仕組みであるため、高い浸透力と長時間にわたる効果が期待できるとされ、スキンケア分野において注目を集めています。

リグロースラボM15と同じサファイアヘルスケアが製造販売するフォリックスシリーズにはこのリポソームを用いたリポスフィアテクノロジーという技術が使われていることから、リグロースラボにもこれを流用していると考えられます。

リグロースラボM15の副作用

世界中で髪の毛が生えると認められているミノキシジルを15%も配合しているリグロースラボM15に高い発毛効果があるのは疑いようがありません。

ただ、ミノキシジルは本来医薬品の血管拡張剤。それを高濃度で配合しているという点から副作用に対する懸念を抱いている人も多いのではないでしょうか。

しかし前述の通りミノキシジル外用薬の臨床試験は1~5%のものしか行われていません。つまりリグロースラボM15やフォリックスシリーズに代表される高濃度ミノキシジルの発毛剤の正確な副作用の発現率は分からないというのが実情。

しかし、ミノキシジル5%のリアップX5の臨床データを見ればリグロースラボM15の副作用が見えてきます。

ミノキシジル外用薬の副作用

5%ミノキシジル製剤の副作用発現率は約8.8%。

しかしそのほとんどは塗布した部分のかゆみや紅斑といったもの。これはミノキシジルの副作用というよりは、成分を溶かし込むために必要なエタノールなどによるものが大きいと考えられます。

そのあたりは内服時の典型的な副作用である動悸やめまい、血圧低下といった副作用が外用薬では確認されていないことからも明らか。

ただ、5%より1%のほうが若干副作用発現率が低かったというデータも存在します。ほとんどが塗布部分に出る点は変わらないものの、ミノキシジル濃度が高い方が痒みが炎症が出やすい可能性はあります。

そのあたりを勘案するに、ミノキシジル15%のリグロースラボM15の副作用発現率は10%程度と見ておいた方がいいかもしれません。

とはいえミノキシジルタブレットのようなめまいや動悸などといったちょっと怖い副作用の心配はほとんどありません。「かゆみや発疹が出たら止めればいい」くらいのスタンスでいいのではないでしょうか。

リグロースラボM15を使うべきでない人

ミノキシジル外用薬に重篤な副作用は確認されていないものの、使用を避けるべき人というのは存在します。

  • 未成年
  • 女性
  • 男性型脱毛症(AGA)以外の薄毛の人
  • 心臓に疾患を抱えている人
  • 今現在血圧を下げる降圧剤を使用している人

血管に対する副作用の心配はほとんど必要ありませんが、現在降圧剤を使用している人や心臓が弱い人の使用は避けるよう呼び掛けています。

また、ミノキシジルは女性が唯一使える発毛成分ながら、男性に比べ効果が出やすいとされる女性を対象にしたものは国内外含めどんなに濃度が高いものでも5%。そのため15%のリグロースラボM15を女性が使うべきではありません。

仮に心臓が弱い場合や降圧剤を服用している場合でも、外用薬であればミノキシジルを使える可能性があります。そういった場合はかかりつけの医師に相談するようにしてください。

リグロースラボM15の価格

リグロースラボM15は15%という高濃度のミノキシジルに注目が集まりがちですが、この商品の最大の目玉は価格です。

商品名 ミノキシジル濃度 価格
リグロースラボM15 15% 3,500円

大正製薬のリアップX5プラスがミノキシジル5%で7,611円もすることを考えると圧倒的な安さを誇ります。ミノキシジルは3倍、価格は2分の1以下ですからね。

同じくミノキシジル15%のフォリックスFR15が4,940円であることからも、リグロースラボM15の安さが見て取れると思います。

ちなみに2016年ごろまで販売していたミノキシジル15%製剤のジェンヘアーの価格はというと、為替相場の影響で多少の上下動はあれど概ね3,000~3,500円くらい。リグロースラボM15の3,500円という価格は妥当なところかと。

フォリックスFR15と比べてどっちが良い?

リグロースラボM15とフォリックスFR15どっちがいい

リグロースラボM15は高濃度ミノキシジルと低価格が魅力の商品であることは疑いようがないものの、ひとつ悩ましいのが同じくミノキシジル15%を配合するフォリックスFR15とどちらを使うべきか…という点。

選択肢が増えることは嬉しいことですが、一長一短あるだけにどっちを使おうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

というわけで、リグロースラボM15とフォリックスFR15を比較してみましょう。

リグロースラボM15とフォリックスFR15の成分比較

まずは全成分の比較から。

リグロースラボM15 フォリックスFR15

ミノキシジル15%
プロパンジオール
純水
変性アルコール
乳酸
フェノキシエタノール
エチルヘキシルグリセリン
ジメチルイソソルバイド
ピロ亜硫酸Na
Trichogen Blend(オタネニンジンエキス、アルギニン、アセチルチロシン、アルクチウムマジュス根エキス、加水分解ダイズタンパク、ポリクオタニウム-11 、PEG-12ジメチコン、パントテン酸Ca、グルコン酸亜鉛、ナイアシンアミド、オルニチンHCl、シトルリン、グルコサミンHCl、ビオチン)


純水
エタノール(SDA 40B-190溶媒)
プロパンジオール
ミノキシジル15%
乳酸
アジピン酸ジイソプロピル
ピロ亜硫酸Na
アデノシン
ミリストイルペンタペプチド-17
BG

PPG-26ブテス-26
PEG-40水添ヒマシ油
アピゲニン
オレアノール酸
ビオチノイルトリペプチド-1
メントールクリスタル
セイヨウハッカ油
ジブチルヒドロキシトルエン
アゼライン酸
酢酸トコフェロール
トリペプチド-1銅
ポリソルベート80
リシン
プロシアニジンB2
ビオチン
リン脂質
エスシン
シトステロール

発毛や育毛成分はほぼミノキシジルのみであるリグロースラボM15に対し、フォリックスFR15はアデノシンやアゼライン酸、トリペプチド-1銅(銅ペプチド)、プロキャピルなどが配合されているのが特徴。

特にアデノシンは2017年に日本皮膚科学会が策定した男性型およぼ女性型脱毛症診療ガイドラインにおいて一定の発毛効果が認められた成分。

アゼライン酸やプロキャピルも海外の試験では一定の育毛効果が認められるなど、成分的にはフォリックスFR15の方が上なのは間違いありません。

リグロースラボM15とフォリックスFR15の価格比較

では次に価格を比較してみましょう。

商品名 ミノキシジル濃度 価格
リグロースラボM15 15% 3,500円
フォリックスFR15 15% 4,940円

リグロースラボM15とフォリックスFR15の価格差は約1,500円。何とも言えない絶妙かつ微妙なラインです。

アデノシンやアゼライン酸、プロキャピルなどの成分に1,500円分の価値を見いだせるかどうかが判断の分かれ目になるでしょうか。

フォリックスFR15には複数の育毛・発毛成分が配合されているとはいえ、効果の大部分を占めるのはミノキシジル。と考えればリグロースラボM15でも十分な気もします。

しかし少しでもフサフサに近づけたいのがハゲの心理。であるなら、たとえ影響は軽微といえどちょっとでも効果が高いものを使用したくなる気持ちは分かる。痛いほどに分かる。

ただ、より効果が高いものを選択するなら、ミノキシジル16%にフィナステリドまで配合しているフォリックスFR16を選ぶほうがいい気もする。

そこまでの効果までは求めないというのであればリグロースラボM15を、より強い発毛剤を求めるのであれば、最強の外用薬と言っても過言ではないフォリックスFR16を…という使い分けがベストなのかもしれません。

リグロースラボM15の総評

経済的負担をできる限り抑えつつより効果が高い外用発毛剤を使用したい…そんな人にうってつけのリグロースラボM15。

発毛剤は長期間の使用が前提であり、かつフィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬と併用する場合も多々あり、「フォリックスを使ってみたいけど、ちょっと値段が…」という人も多いのではないでしょうか?

3,500円であればカークランドからの乗り換えでも負担増は最小限で済み、リアップX5プラスからの乗り換えであればより高い効果と経済的負担の大幅な減少が期待できます。

ただ、フォリックスFR15やFR16とリグロースラボM15どちらを使うかは悩ましい問題。一応FR15のリンクも一緒に貼っておきますので、ご自身の薄毛具合や懐具合と相談し適切な選択をするようにしてください。

M字ハゲ対策には外用薬がベストという声が多いことからも、生え際やM字部分の薄毛に悩む人には特に使って欲しい商品といえます。

薬というのは弱いものから試すのがセオリー。初めてミノキシジル外用薬を使う場合、もしくは5%などからのステップアップであればフォリックスは今後の“余地”として残し、まずはリグロースラボM15を使うといいのではないでしょうか。

とはいえ、もたもたしていていては薄毛は進行する一方。薄毛対策にとって少しずつ効果が高いものに替えていくという選択肢はあっても、発毛剤を使わないという選択は存在しません。

発毛剤を使わないことは、すなわちハゲを受け入れること。発毛剤の効果は個人差が大きくミノキシジル外用薬の使用でどこまで薄毛が改善するかは分からないが、やらないことには始まりません。

高濃度ミノキシジルを試してみる上でリグロースラボM15は入り口として最適。内服薬のみ、5%ミノキシジルに限界を感じているという人は一度試してみてはいかがでしょうか。

リグロースラボM15の公式サイト

高い効果で人気の発毛剤

あわせて読みたい関連記事

カテゴリ一覧